トップページへ

第15話 親の ありがだみ(つがる弁)

 年に1回が、2回しか 実家さ もどね。もどっても、なぁ〜んも さね。まんづ 親不孝ものだ。
 ところが、親どは ありがでもので、そったらだ 子供の すぎだ物 そろえで、待ってでける。
 しかも もどったじぎね、なぁ〜んも さね ほんつけね子供さ 土産まで 送ってよごす。まあ、離いで 暮らしてればこそだんだがも しらね。
 あだりめだばって その土産の中さも、子供の 好物 うって 入ってるんだ。こしたらね いっぺ 送ってよごして どすんだぁ、てすくらい 入ってるんだ。困ってまるんづ おべでで おぐる 親も親だばって、困ってまるって 悪態つく 子供も子供だ。

 正がづの 帰省土産さ、大量の もぢ 入ってら。もぢろん、おらの 大好物だ。こごろ構えは 親不孝だばって、胃の腑は 親孝行だ。さっそぐ、ストープさ アルミホイル 載へで 焼いでみる。
 きな粉 つけだ きな粉もぢ、海苔っとば ぐるらどまいだ 海苔もぢ、どぇもそぇも めふてめふて。もぢは、あぐまんでも おもで カリッと、なが モチっと 焼がねば まいね。カリカリったんず バカッと 割って プク〜ッと 膨いれば 上出来だ。

 しばらぐ、ストープの前さ 正座。んだばって、いづまんでたっても プク〜づ 気配も ねぇ ばりでね、だんだすっと、平ってぐ ふるだがっていぐ。おろぁ、溶げでるでば。箸で つかむったって、だら〜んと 伸びるばりで、どすもさいね。がああ、どせばいんだきゃ。
 目の前さ 大好物 あるんだばって、かいね。こらほんど 大量だ 餅っとば、そのまま 捨てろって しゃべらいでも、そったごど できるわげ ねぇ。なんとが 食ねいぐ なねもんだべが。あんでもねこんでもねって 知恵 絞ってみる。んだぁ、そど側さ カリッとした 皮 こへれば いいんでねべが。こいで、めぇどご 中さ 閉じ込めるんだ。
 さて、どせばいべ・・・、油っこで 炒めでみれば どんだべ。そど側パリパリって 中しっとり。すぐど、フライパンさ 直行す。
 フライパンとば 火さ かげで、油っこ 引いで、餅を ジューッ! どらどらどらどら、とっこらがしてみる。おろあ? フライパンさ ねっぱるー、フライ返しさ ねっぱるー。ま、まいねまいね。
 ねっぱった 餅、タワシで 擦りながら、考えだ。こしたらね ゆったど 焼いでらんだば 間に合わね、もっと 瞬間てぎに パリパリ皮 こへでまねば まいね。油で、揚げるしか ねぇ。

 洗ったばりの フライパン 火さ かげで、油っとば ドボドボって へで、揚げ餅の 準備さ かかる。いぢどね 揚げでまれば・・・ぐははは。いぢ網打尽だ。さっそぐ、餅投入。おおお、皮 でぎあがっていぐ。よしよし、完成。箸で つかむ。パリッとした皮。まんづ いいな。と、皮 さげだ。中身 どろ〜ん。あらら、皮一枚さ なってまった。きまやげる、まんづ きまやげる。食てみる。ああ、涙 出はるだげ、香ばし。んだばって、こいだば 揚げ餅では ねぇ。

 そもそも、餅の 水分 よげ過ぎるんだ。んだば、干せば いんでねべが。おらほの いながの 青森さ、「ほしもぢ」ってす 保存食、ちゃんと あるでば。ついだ 餅っとば、干しただげ。あど そのまんま食ても、焼いで 食ても、なんでもOK。まんづ シンプルだ 食い物だ。先人っとば 見習って、さっそぐ 干してみる。

 何にぢが 待ってみる。い〜いあんべだ。わらはんどの じぎね 親 よぐ こへで けだ。それっとば、こした まぢ中の アパートで こへるどは 思ねふてあったばって、まあいいべさ。
 さっそぐ 食ってみる。う〜ん。思い出した。「ほしもぢ」って、こしたらだ 味であった。乾パンだけった、安 煎餅だけった・・・素朴だ 民芸調だ。水分 少ねふて、お茶っこねば 飲まいねや。しかもさ、こらほんど 干してまった。う〜ん、どすべ。水さ 浸けで、戻せばいんだべが。

つれあいの ふとごど

 そごまでして、食いてんだな?

トップページへCopyright (C) 2005 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万