トップページへ

第16話 玉子割り顛末記(つがる弁)

 玉子割り、子ども いぢばん はしめに おべる 調理技術だ。初めでの 料理だがも しらね。

 3歳、ギャングエイジの 子どもの 好奇心が、玉子さ いったじぎ おら、ついに 来たなぁ、って ぎって まなぐ つぶった。玉子 ふとパック、無駄さ すんだべが。もぢろん、教材費だど もれば 安。問題は 「食い物 粗末させば まいね」って しづげらいだ、おらの 忍耐力のほぢだ。

 腹 決めで 子どもど 向ぎ合う。まんづ、玉子さ 触らへる。もだみ、手触り、固さ。子どものつらっこ、パッと あがるぐなる。んだ、玉子って めごいんだっきゃ。
 次、持ぢ方だ。かだふたの手で しっかど、子どもの ちせぇ手、緊張して かでぐなってきた。台さ、コン、コンて 何回が ぶつける。力の加減 分がねはんで、ながなが 殻 割いね。子ども 真剣そのものだ。
 「も 少し強ぐ」って しゃべった 途端、ふとっつ目の 玉子 つぶいでまった。そしたもんだね。ショックで 固まってまった 子どもさ「大丈夫、もう一回 やってみるべ」って 笑って 声 掛げる。

 ふたっつ目の 玉子 つかんだがどもったっきゃ、子ども 台さ ぶつけだっきゃ。くしっと おど して、あんつか ひび 入った。子ども、すぐど 両手で 横さ ふっぱるがって。ほんつけねえなあ。「まんだまんだ」って なだめで、もいっかい、台さ ぶつけでみる。
 玉子 だんだすっと ひび はっていぐんだばって、困ったんづ、ながの 皮 破いねんで 殻ばり 割いで、玉子、モザイクだけったに ブニブニって あんべわりぐなってまった。しかだねぐ、ブニブニの 真ん中あだりさ 親指 当でさへで、割ってみるがったんだばって、ブシャ。ふたっつ目の 玉子、握りつぶさいだ。
 子ども 黙ったまんま、憮然としてる。んだばって、とぢゅうで ぶんなげるわげに いがね。「ざ、残念だなぁ。」って 笑ってみへるばって、つら こわばって かぐすったってかぐさいねっきゃ。

 みっつ目。最初の 一撃 肝心だ。思い切って、コン! いぐいった。「そこさ 親指 当でで、ぱかって 割るんだ。」
 子ども、全神経っとば 両手さ 集中さへてる。中がら、ハド 出はってくるんた。力はって、子どもの 指、玉子さ めりごんでいぐ。ガシャ。子どもの 手のながで 玉子 割いる。子ども、なっとぐいがね つらつきで つぶいでまった 玉子っとば 見んでる。

 よっつ目。「こしたらだあんべね、ぱかっとさ」って 手つぎで しかへる。子どもの 手つぎ、まんづ 危ねふて、見んでる こづの 肩まんで はってくる。カシ。お、割いだ? 「やったでば!」って ほめれば、子どもは いいつらつぎで ねえおん。黄身、わいでまったんだ。

 いづっつ目。さあ、右手さ 持ってコン! 両手で持ってパカ! でぎだ。完璧だ。黄身 まあるふて、子ども にぐにぐにぐにぐって。「きいがだね わいだ!」って 目ぇ きらきらって、嬉しそうに 笑っている。おらも がったどして、ちせぇ じぎの ある情景を 思い出したんだ。
 じゃいごの ぅまれの おらだっきゃ あさま はえぐ けんどのはださ ぅまれだばりの 玉子 ふらったごど ある。おらの 手のひらさ にぎった 玉子、人肌よりも ぬぐいふて、まんづ 不思議であった。おらの 手のひらの、その中さ ひよこ いるんづ おべでらんだ。そいだっきゃ、生命そのものだ。
 いま、子ども 手さ すんづだっきゃ、冷蔵庫がら 出してきた しゃっこい 玉子だ。この玉子がら、ひよこっとば 連想すのは 難しいね。子どもの 成長さ、あんつか てづがぐてぎだ 気分さ なった おらであった。

教訓

 仏の 顔も みっつ!

トップページへCopyright (C) 2005 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万