トップページへ

第18話 いわしの 蒲焼ぎ(つがる弁)

 にがでづもの、ふとそれぞれだばって、料理すじぎ、さがな にがでづ ふと 結構 いる。高校の 調理実習で、「さんまの 磯辺巻ぎ」こへだじぎ、何人がの けやぐ 面 青ぐなってまった。魚さ ちょすんじ 好ぎでねんだど。へば、さがな かいねんだべがど 思れば、そんでもねえどごが、おもしぇどごだ。

 確かね、今の 流しでだば、血 流すじごど 殆ど ね。タマネギ 切って 血 流してる ヤヅも 中には いるばって、一匹まんまとば、血ど 内蔵だらけで 解体すづ 作業は、やねふてもいんだば、 やねいね してもんだ。
 そいさ、魚料理 なんだかんだって 面倒くせえ。まんず、裂ぎがだ 分がね。おらの えでだば、万能ほじょしか ねんじ みれば 分がるとおり、魚っとば じょんづね さばくねい ふとは いね。三枚卸しの 正式だ 順番も しらね。焼き魚の ヒレさ 塩付けだりは すばって、串 刺して 焼ぐづごども 出来ね。
 腕さ 自信も ねば、こだわりも、学習意よぐも ねんだ。

 大体 魚 たげ。そごいらへんの 大衆魚であっても、あだま、骨だのって 投げるどご 考えれば、とっても 安ってば さいね。そいさ、魚 食いにぐいし、ちっちぇ骨っこ 刺さって 病院さ はごばいるづごども あるんだね。
 まんづ、魚料理 めんどくせ。こらほんど デメリットあるんだばって、なして わ 魚 くんだべが。

 結きょぐ、わ 日本人だはんでだんだ。メインの 食材っとば べご、ぶだ、鶏、玉子、魚、大豆製品で、ローテーション 組むごどで、日本人の まま こしたらね 豪華さなるんだ。その一つでも ねぐなるづのは、献だで 考える 自分の くぴた 絞めるごどさ なる。そいさ、明日の 日本人っとば 養うんだはんで、家庭料理さ 魚 ねばまいね。そいさ、さがなっこは めんだっきゃ。

 そして わ 考えだ。こへがだ 簡単で、安ふて めふて くいやす 魚料理。そいが「イワシの蒲焼ぎ」だ。
 第一ね、イワシ やす。栄養 ある。ヘルシーだ。そいさ、あだま いぐなるづ おまけ付ぎ。
 第二ね、イワシだば 手ばりで 裂ぐねい。あだま 落どして、はらわだ 取って、胸がら 尾っぽまんで 骨っとば しごぐいにして ゆんびっとば 伝わへでいげば、イワシの開き 簡単ね 出ぎる。中骨っとば 切って、腹の骨っこ ほじょで 取って、気になる ヒレっとば 切ってまれば、あっという間ね 下準備終了だ。
 こいさ、軽ぐ 塩っこど、コショウして、小麦粉 付けで 油っこで ソテーす。焼げでくれば、「鰻の蒲焼ぎ」買ったづぎ つできた タレっこ みんつっこで 適当に 薄めで、イワシソテーさ 絡めでければ い。小麦粉 とろみっこ 付けでけるし、汁っ気 ねぐなってくれば 出ぎ上がり。
 山椒の 代わりね 針しょうがっとば へれば、まんづ め。丼っこさしても 酒の肴でも 弁当さも いい。

 まんづ 完璧だ 我が家風、魚料理だ。陶然と 自分さ 酔ってらっきゃ、皿さ のへるづぎね、イワシの 尻尾 取いでまったりすんだっきゃ。

教訓

 よげ もらっておぐべ、蒲焼ぎの タレっこ

トップページへCopyright (C) 2006 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万