トップページへ

第105話 遠ぐの 親戚(つがる弁)

 母親 病気さなって、あへづがしぐなった。検査の結果 出はるたんびに 家族だの、親戚だのの 間で あんだのこんだのって、一喜いじ憂。病気ど 治療方針ど みんなして 共通認識 もづねいいように、毎ばげ 電話会議 してる。話さ 遅いれば まいねはんで 携帯電話 3台 買って、仙台、米沢、千葉、京都って 日本全国 電波 まわって あさぐ。それぞれ おべでらふとだの、けやぐだの、インターネットだの、本屋だのがら 情報 あづべで、漢方の 免疫療法っとば 研究 はしめる ふと、2世帯同居住宅 こへるって 決めで、家 建で替えす ふと、入院給付金の 申請手続ぎ 勉強す ふと、それぞれが いま 自分さ 出ぎるごと 一生懸命 探して、母親の 病気 あんつかでも らぐさ なるいに くるくるど 動いでる。

 入院先がら 遠ぐ 離いだ 次女の おらは、普段 病人の 世話すごど 出来ね。そいはそいで つれ。近くさ いれば してけるねいいごとも あるんじなあって なんも出来ね 自分っと 呪ったり、姉夫婦の 負担っとば 考えで 罪悪感さ 苛まさいる。いいごとってへば さがしぃ 母親の じゃんとした 態度だ。自分のごとよりも 周りさ 気遣う 母親のために、せめで 病人さ 心配かげねえね すべって、自分の 生活ど 家庭っとば 大切さして、こごろど 身体 まみしぐして、何 おぎでも すぐね 動ぐねいいね 身 軽ぐ 暮らしていぐべって、おら 決心した。

 そしたじぎ、京都がら クール便 とんづだ。叔母さんがらの 贈り物だ。中さ 叔母さんが けやぐど こへだ 採ったばりの 玉葱だの 豆、鮎、京都の 漬物だのって 入ってあって、メモさ 一つ一つ までいね 調理法 書いである。叔母さんどは こご何ヶ月が 連絡網で つながって、家のながの 悩みも 聞いでもらって、相談して、意見 す 仲だ。もどもど 面倒見 いい 気さくだ 叔母さんで、何年も 会ってねふても 子供の 悩み事 出はるたんびに 連絡しては、元気 分げで もらってる。おらさとっては 駆げごみ寺だけった ふとだ。当だりめだばって、叔母さんさとっても 母親は 実の姉だ。母親の 思いも ひとしおだびょん。

 その 叔母さん 母親がら 遠ぐ 離いで、何も 出来ね もどかしさっとば 共有してる。そして 母親のため 祈って、励まして、母親の 代わりね おらだぢさ 気 配って、カッコウの 雛 育でる ヨシキリだっけね 餌っこ 運んでけるんだ。

 叔母さんさ 感謝しながら さっそぐ 調理す。新玉葱っとば スライスして、塩ゆでした 空豆、ツナ、プチトマトど 一緒づに ドレッシングさ 漬ける。具 いっぺはったひろうすは 出汁で 煮で、小まづ菜 付け合へる。ツタンカーメンってす エンドウさ 似だ豆だば 豆ご飯さして、鮎は 塩焼ぎさ。
 京都の 漬物っとば うづわさ 盛って、瑞々し 初夏の 食卓 でぎだ。
 旬の 無農薬野菜 味 濃いふて、歯ごだえ いい。焼いでるうぢね だつだつどなるだげ 脂っこ のった 鮎、身 柔らげふて 皮 パリッと でぎだ。山だの川だの、畑だの お日様だの 感じる ラインナップ。その 食い物 身体ばりでねふて、心の 栄養さも なるんだ。

 母親の 病気っと 機会に、食事療法の類っと 聞きでみんだり、おらの家の 食生活っとば 点検してみんだりすんだばって、本当に 正しい 食事づものは こうしたものだんだがも しらね。元気に おがった 採いだばりの 野菜ど 穀物、あだらし 魚さ 感謝しながら 食う。 遠ぐの 親戚より 近ぐの 他人って すばって、遠ぐの 親戚も いいもんだなって、あんつか うぎ世の憂さ 忘いる 初夏の ばげであった。

教訓

 健全だ 生活は 健全だ 食生活柄。

トップページへCopyright (C) 2006 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万