獅子舞の意味と由来

 獅子頭を頭にかぶって舞う伝統芸能 獅子舞は、日本各地の正月行事
 や晴れの日に舞われ、幸せを招くと共に厄病退治や悪魔払いとして
 古くより伝えられてます。
 獅子に頭をかまれると、その年は無病息災で元気で過ごせるという
 言い伝えがあります。
 獅子舞は大自然の霊力を我々に授けてくれる不思議な芸能です。
 モチーフといわれているライオンは日本列島には生息して
 おらず、アフリカ大陸やインド、紀元前にはヨーロッパにもいたよ
 うです。 その中でもインドが獅子舞の起源といわれていますが、
 もしかするとエジプトやペルシャ文明まで遡れるかもしれません。

 インドでは、古くより遊牧民がライオンを霊獣と崇め偶像化しまし
 た。 それが仮面舞踊となり中国〜朝鮮半島へ渡り、7世紀のはじ
 めに仏教の伎楽と一緒に獅子舞が日本に伝来されました。
 そしてその頃、日本列島に生きる民たちは、
 縄文の猪送り、アイヌの熊送り、東北の鹿踊り<シシオドリ>(写真)
 等のように、動物を大自然の神として敬う精神文化を既に持ち、
 さらにお祓いの人生観とも結びついて、外来の獅子舞を日本独特
 なスタイルに熟成させました。
 
 また一方ではインドから東南アジア〜沖縄と
 海を渡って伝えられた獅子舞もあり、日本各地に多種多様な獅子舞
 が見られるのはそのためです。 
 写真はインドネシア バリ島のバロンダンスです。
 江戸時代には伊勢地方の獅子舞が発展し、遠方の村々を回るように
 なり、次第に芸能的要素が加わりました。  
 これが江戸に伝わって現在に至ります。

  このようなルーツをふまえ、私たちも皆さまに喜んでいただける
 よう、さらにがんばってまいります。どうぞよろしくお願いします。

TOP
ページ
ありがとう獅子の紹介
Profile
獅子舞の意味と由来
History of Shishimai
画像と動画
Photo & Video
出演料・お申込み
Application
お客様の声
Letters from audience  
香音天サイトへ
LINK to KHO ON TEN
カオンの天然ひとりごと
BROG
ご利用規約
免責事項

ありがとう獅子TOPページ
メール