国際人道法


『性質上明白に人道的な武力紛争法の規則、すなわち、人間及び彼らに不可欠の財産を保護する規則である。したがって、この語はジュネーヴ諸条約のみならず、人道的理由から,戦争行為、兵器の使用、戦闘員の行動及び復旧の使用に際して遵守されるべき限界を定めた条約又は慣習法の規則、並びにそれらの規則の適正な適用を確保するための規則をも含む」

(赤十字国際委員会がジュネーヴ条約追加議定書に関する国際会議において使用した用語)

1977年6月8日のジュネーヴ諸条約

・国際的な武力紛争の犠牲者の軍隊の保護に関する追加議定書(第一追加議定書)日本語英語フランス語

・非国際的な武力紛争の犠牲者の軍隊の保護に関する追加議定書(第二追加議定書) 日本語英語フランス語

国際人道法とは何か

1949年8月12日のジュネーヴ諸条約

・戦地にある軍隊の傷者及び状態の改善に関するジュネーヴ条約(陸戦傷病兵条約)日本語英語フランス語

・海上にある軍隊の傷者、病者及び難船者の状態の改善に関するジュネーヴ条約(海上傷病兵条約)日本語英語フランス語

・捕虜の待遇に関するジュネーヴ条約(捕虜条約) 日本語英語フランス語

・戦時における文民の保護に関する条約(文民条約)日本語英語フランス語