花の歳時記

長月・神無月・霜月・師走

葉見ず花見ず秋の野に
ぽつんと咲いたまんじゅしゃげ
から紅に燃えながら
葉の見えぬこそさびしけれ (中 勘助)

昨年の秋、高尾山で群落から離れて
ぽつんと赤く咲いている
此花を見かけました。
この詩にぴったりの情景でした。

ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)の生態〜

9月の初めに突然地面から、
こんな感じで
花芽を付けたまま立ち上がります。

葉っぱがないでしょ、2週間くらいで「咲きます〜♪」

花が終わると直ぐに葉が出て来て、こんな状態で秋から冬を過ごします。

←秋〜冬〜春の間、
光合成をして根に貯蓄〜
春の終わりから夏の間
地上から姿を消します。
         E

            ↓
そして、9月の初めに
@
ように突然花芽を出します

@

A

B

C

D

「歩きつづける彼岸花咲きつづける」 (山頭火)
あの山頭火は生涯の中で、この彼岸花を歌った句が一番多いように思います。

 

ヒガンバナ科の似た花〜♪

@

A

B

C

D

@狐の剃刀
A夏水仙
B白花曼珠沙華
Cネリネ
D鍾馗水仙

今年も9月20日は巾着田に、彼岸花の群生を見に森の会の先生と出掛ける予定です〜)(西武池袋線高麗駅から徒歩10分)




彼岸花 別名 曼珠沙華  (ヒガンバナ科) 


ツタ(蔦)  ブドウ科 別名:ナツヅタ(夏蔦)  ブロック塀や家屋の壁面に這い登って繁茂。秋になると葉は紅葉し実も付きます。

キヅタ(木蔦) ウコギ科 
別名:フユヅタ(冬蔦)
花期:晩秋 翌年春に黒く熟す 冬でも葉が枯れません。そのため、フユヅタ(冬蔦)という別名もあります。茎から気根を出して、他の木などに這い上がります

あと少し、あの蔦の最後の葉が散る時に。。

蔦と云えば「蔦の絡まるチャペルで〜♪」「甲子園の蔦〜」それぞれ想いを馳せる事でしょう、爺はオーヘンリーの短編「最後のひと葉」を思い出してしまいます。。

「葉っぱよ。つたの葉っぱ。最後の一枚が散るとき、わたしも一緒に行くのよ。三日前からわかっていたの。お医者さんは教えてくれなかったの?」

写真は爺の近くの家の壁を撮ったものです。下の写真を含めて3枚を季節ごと定点観測しました。

ミケランジェロのモーセのあごひげをイメージして、ジン(ジュニパーベリー)の香りをぷんぷんさせる画家  ベーアマン老人に憧れた若い時代もあったけど。。どうやら彼と同じ歳に近づいてしまったこの頃。。   真似できるのはジンを呑むことぐらいかなって〜?
昨夜も赤坂のカウンターで「ボンベイ・サファイア」の封を切ってもらった!『ジュニパーベリー』の香り〜♪

オー・ヘンリー著「最後のひと葉」↓此処に貼っておきますね〜♪
http://www.hyuki.com/trans/leaf.html  
20分くらいで読めます〜もう一度読んで見て下さい。

ジュニパーベリー ヒノキ科・常緑高木
別名:セイヨウビャクシン・セイヨウネズ(ネズの仲間)


アイビーもこの仲間です〜

←甲子園の蔦

右の写真2枚はツタウルシです。→
こちらはウルシ科です。
同じツタで紅葉が見事ですが
こちらは危険です!
触れるとかぶれます。

丸葉にご注意あれ!