Part.2 CBR900/929RRのLED化 (2005.4.10作成、7.20オマケ追記)


メータのLED化
テールランプが完成したので、次はメータ周りのLED化を行う。

・メータの取り外し&分解
メータをLED化するには、何はともあれ取り外す必要がある。
フルカウル&スクリーンが標準装備なんで、セローと違ってちょっと面倒かな? 

取り外し

 
メータ正面&側面

スクリーンをまず外して、メータをフレームに固定しているネジ(たったの1本!)を外す。
あとはコネクタ1個(ちょっと外しずらい)を外せば簡単に取れた。コネクタの取り外し方をマスターすればそんなに面倒ではなかった。

・・・しかし、最近のメータは薄いよね。たった5cmなんだもん。タコメータは針だけど、これ、実はただの電圧計。
エンジンの回転センサから得られたパルスを電圧に変換しているだけ(またはECUのインジェクター制御信号)。昔みたいにワイヤーを引っ張ってきてギアを回して・・・なんてことはしてない。

もちろん総走行距離などもこの基板の不揮発性メモリ(NVRAM)に書かれている。
ウワサで聞いたけど四輪ではこのメモリを書き換えることが出来るらしい。いわゆるメータ戻しってやつね。
基板に「TARM1」なるデバッグ端子があるんで、こいつも出来るかもね(^^ゞ

  
メータ分解

メータが外れたら、裏のネジをサクサクは外すとメータ基板が見える。シルク印刷でkanseiと銘打ってあるからして、CalsonocKanseiの製品のようだ。
基板に乗ってるコントローラを調べてみたが、どうやらカスタムCPUらしいので仕様不明。ちえっ(^^ゞ
で、電球はどこかいなっと調べたが、ない。電球がどこにもない!
なんとこのメータはフルLED化されていたのだ・・・・・・がっくし_| ̄|●


・LED交換
ここまでバラしたんだから、このまま引き下がってはオトコがすたるってもの。交換可能なLEDが無いか調べよう。

 
LEDの配置

メータ照明用はチップLED。ターン、ニュートラなどのインジケータは普通のLEDだった。
さすがにチップLEDを外して交換するつもりは無いので、インジケータを交換する。

入れ替えるのは「ウインカー」用のグリーンLED。なぜかこのメータはウインカーの表示が緑なのだ。ニュートラと同じなんでなんかちょっとわかりずらいのでアンバーのLEDに交換する。

ターンLED交換

一般的には青、白以外はほぼ同じ電圧・電流なのでそのまま交換できる。
ホントはニュートラを青にしたかったんだけど、そのまま差し替えると間違いなく暗くなる。明るくするには制限抵抗を張り替えないといけないが、特殊なツールと職人ワザが要求される。そんな高等技術は無いのでターンLEDだけ(^^ゞ。

交換自体は簡単。ハンダ吸い取り器でチョイチョイと吸って、差し替えてやればOK。


・実車試験

-->
LED差替え

左の写真がノーマルの配色。
真ん中がニュートラ、両端がターン。ハザードを出していると緑だらけ(^^ゞ

で、LEDを差し替えたのが右の写真。
メータ照明がアンバーなので夜はちょっと色がカブってしまうが、昼間はわかりやすくなった。

・消費電力
 変化ナシ。


・まとめ
フルLED化されていたので、ちょっと欲求不満(^^ゞ。やってるほうも見てるほうも「なーんだ」って感じでしょ?
次回のウインカー編では思いっきりLEDを使い倒すつもり。

セローではかなり苦労したけど、セローで使ったものよりさらに明るいLEDをすでにゲットしてある。破格な値段のLuxeonぢゃないよん。

ちょっと時間がかかるかも知れないけど、乞うご期待。

ありえなーい

♪  メータランプ作成完了  ♪


おまけ
CBR600RRのポジションランプ作成 (2005.7.20作成)

ウエッジ作成  反射用に両脇を曲げ完成
市販品のあまりのショボさにムカついた知人からの作成依頼。
これはCBR600用のセンターポジションランプ。ヘッドライトの真上に付いてるヤツ。CBR600RR用だけどF4、F4i、900RR-4型等にも流用可能。
5mmのブルー3個を25mAでドライブ。点灯させるとまるで「ウルトラビーム」状態(^^ゞ

Ver.1がちょっと暗かったので2個作り直し。これが3個目
ヴァージョン3
ちょっと分かりづらいけど、正面に5mm(LT-50NBC)を3個、リフレクタ用にFlux(AL-50-30SUBC)を両脇1個づつ。
抵抗は正面・リフレクタ共200オームでノーマルドライブ。

横('05 600RR)    前(ヘッドライトは隠してます)
どう?Cooolなカンジでしょ?サイド・正面とも電球と比べても問題無い明るさに仕上がったよん。

お約束の注意!!
ポジションランプはと法律で定められてます。公道での使用禁止!
青は整備不良になるので屋内のデモ用に使うか、ファッションとして試験的に楽しんで下さい。


Prev<< CBRテール作成      LED化トップ     Next>>ウインカーの作成

  かつぴいホームページへ戻る