Part.1 セローのLED化(2004.12.28更新)


ウインカーのLED化(その2)
前回はウインカーリレーを作成し、満足のいく出来だった。今回は引き続きウインカーランプを作成する。

・ランプの作成
オリジナルのウインカーをバラし、その中に入る大きさの基板を作る。

 切り出し&LED実装
口金を付けて完成

ウインカーもやはり小型なので内部は狭い。レンズカットを考慮して「ガトリング砲」的配置をしてみた。
LEDは中心に10mmのもの,周囲は5mmで囲う。サイドからの視認性も考え真横に向けて4個配置した。

・テスト
実車に装着しテストをする。

左ノーマル、右LED

左LED、右ノーマル
やっぱり暗い、か(-_-;)

さて、どうだろう。
2枚とも、それぞれ1枚の写真から切り出したもの。明るさなどはイジっていない。
テールの時ももそうだったがこれも満足の行くレベルには達していない。夜は問題ないように思うが正直、昼は暗く感じる。これぢゃキケンで使い物にならない。

どーすべ?
LEDの配列パターンを変えて数を増やす手もあるが、劇的な変化は無さげ。

to be continued...


ウィンカー(Ver2)作成(2005.01.16追記)
バージョン1は暗くて安全性に問題があったため改良した。

LEDレイアウト

前回は安かったLED(OSYL5111A : 5800mcd)を使ったので失敗してしまったのたが、今回はSANDER SDL-5N3TY(12000mcd)とLumileds FLUX_LED HPWT-ML00-E4000を使用。
丸型は30mAでオーバドライブ、Fluxは60mAでノーマルドライブ。Fluxを使ったのは拡散性も考慮したため。

で、どーなの?

Ver1 >Ver2
惜しい!もうちょっと?

それぞれ左が電球、右LED。明らかにヴァージョン1よりは明るくなってるが、まだ電球には追いついてない。
エンジンOFFで電圧が低いため(計算上25%ダウン)と考えると「こんなもん」かな(^^ゞ

じゃ電球型ではどうよ?とも考えたが、セローはウインカー内部にリフレクター(反射板)がないので、横方向は明るくなるが正面からは逆に暗くなると容易に推測できるため断念。

夜間テスト

色合いが違うのが判るかな?LEDは色が薄いと言うかレモン色に近い。
この写真ではちょっとだけ暗いようだが、実際に点滅させて見ると問題はなかった。


これ以上を望むならLuxeon。試しに買ってみたが、コイツは超絶に明るい
LED本体と電流制限抵抗の放熱が必須だが、ウインカーの中に巨大なセメント抵抗なんて入るワケない。常時点灯ではないので半分のW数の抵抗でもイケるとは思うが・・・(ちなみに半分のW数の抵抗でテストしたら10秒ちょいの点灯で煙が出た!
LED 1個2000円出せるリッチ層なら実現可能だろう。

しばらくこれで実走してみます。
これで「暗い!」とか「ウインカ出してるの?」とか言われたらヴァージョン3を考えよっかな(^^ゞ

・消費電力(1個で)
LED=2.9W(210mA)、電球=10W

to be continued...


Prev<< ウインカー作成(その1)    LED化トップ    Next>>ウインカー作成(その3)   

  かつぴいホームページへ戻る