4.LinkStationで遊ぶ  (f/w ver : 1.42bで実施)

4.1 おっと、その前に...

まずシステムのバックアップ。もう修理に出せないので全てが自己責任なんです(^^♪
玄箱は別のHDDを付けても「初期化ボタン&ファームウェア強制アップデート」することでファイルシステムを作成し、
使える状態に出来るらしいが、リンステのf/w1.42bではそのワザは効かなかった・・・

そこで先達の教え通り、別のlinuxマシンに接続しコピーを試みたが・・・


ここから先は先達のサイトに書かれていることをかつぴいなりに解釈し、やってみた手順です。
もっといい方法があると思いますが、なにせLinux初心者で・・・(^^ゞ

まず中身を見る
# fdisk -l
ディスク /dev/hda: ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 2434
ユニット=シリンダ数 of 16065 * 512 バイト

デバイス  ブート 始点  終点    ブロック  ID  システム←OSのHDD
/dev/hda1  *    1      6     48163+  83  Linux
/dev/hda2      7    2337  18723757+  83  Linux
/dev/hda3     2338   2434    779152+  82  Linuxスワップ

ディスク /dev/hdb: ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 4111
ユニット=シリンダ数 of 16065 * 512 バイト

デバイス ブート 始点  終点   ブロック   ID  システム←LinkStationのHDD
/dev/hdb1     1      16    128488+  83  Linux      ; システム 128MB
/dev/hdb2     17     48    257040  82  Linuxスワップ ; swap 256MB
/dev/hdb3     49   19457    155902792+   83  Linux      ; 共有エリア156G(残り全部)

マウントしてみる
# cd /tmp
# mkdir /root    ;マウントポイント作成
# mount /dev/hdb1 /tmp/root
mount : ファイルシステムタイプを指定する必要があります
# mount -t ext3 /dev/hdb1 /tmp/root
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
    /dev/hdb1 のスーパブロックが不正、或いはファイルシステムの
    マウントが多すぎます。
# mount /dev/hdb3 /tmp/root
# _ ←共用ディレクトリはマウント成功
システム部分だけマジックナンバーが意図的に変更されているらしい(ー_ー)!!


ナニぃ?こうなったら力技だ<`ヘ´>新しいHDDにツールでコピーしてやる!
かつぴぃみたいなおバカさんは頭もコマンドも使いません(^^♪

今回は80GBにコピーする。用意したものは
HDD(ST380011A:Barracuda7200.7) , NortonGhost2003 , i386Linuxマシンのみ。

# fdisk /dev/hdb
このディスクのシリンダ数は9729に設定されています
間違いではないのですが、1024を超えているため、以下の場合に
問題が生じうることを確認しましょう:
1)ブート時に実行するソフトウェア
2)別のOSのブートやパーティション作成ソフトウエア
コマンド(mでヘルプ) n
コマンドアクション
 e 拡張領域
 p 基本領域(1-4)
p
領域番号(1-4) : 1
最初シリンダ(1-9279, 初期値 1) : 1
終点シリンダまたは+サイズ 〜 : 16

同様にパーティション2,3をブロック17-48,49-終わりまで切る。
次にパーティション2を t オプション82:Linux Swapに変更。
wで書き込んで終了。

最終的に以下のようになればよい。
デバイス  ブート 始点  終点   ブロック   ID  システム
/dev/hdb1       1     16    128488+  83  Linux
/dev/hdb2      17     48    257040  82  Linuxスワップ
/dev/hdb3      49    9729   77762632+  83  Linux

なお各パーティションをフォーマットする必要は無い

コピー : 再起動、NortonGhost2003でパーティション1、3をコピーする。swapエリアは不要

確認  : LinkStationに新HDDを接続し起動。ユーザ名、フォルダ設定、保存してあるデータ等、全て元通りだ。
     まあ、変わったと言えば「使用量」の割合表示くらいか。
     ということは  →大成功!!

 

★参考情報
全パーティションを消した80GBを接続し「初期化ボタン+F/W(Ver1.43)アップデート(EM)」したら

ディスク /dev/hdb: ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 9729
ユニット = シリンダ数 of 16065 * 512 バイト

デバイス  ブート 始点  終点   ブロック   ID  システム
/dev/hdb1     1    48   385528+   83  Linux
/dev/hdb2     49   114   530145   82  Linux スワップ
/dev/hdb3    115   9721  77160196  83  Linux
/dev/hdb4    9721  9729   72291+   83  Linux

HGLANと同じパターンのような気が・・・

Next > telnetをインストール

BACK  HOME