Last updated : 2005.6.13

RAIDボード

SCSI RAIDボード。
あまり馴染みがないと思われるが、最近はマザーボードにIDE-RAIDが標準搭載されるようになって来たので
ミラーリング(RAIDレベル1)やストライピング(RAIDレベル0)でHDDを2個使って組まれている向きも多いと思われる。
しかし、かつぴいはそんなRAID0や1で満足するハズがないのはご存知の通り。

そう、「RAID5が出来なきゃRAIDボードじゃない!」と言い切ってしまいましょう。

DAC960P
MYLEX DAC960P(画像はPG)
かつぴいが始めて使ったのがMYLEXの「DAC960P」。フルサイズのド迫力。
RAIDの勉強を兼ねてアキバのジャンクショップで購入。当時は結構イイ値段だった。

CPU : i960CF 33MHz Cache32MB(max) UltraSCSI(20MB/s) 2ch
SCSI Controller SYM53C720

なにせフルサイズのボードなんで筐体を選ぶ。当時は普通のATXケースしか
持ってなかったんでツラかった。また今みたいにHOT SWAPゲージも無かったので
筐体のサイドカバー開けっ放しでケーブルをずるずる引き出したまま使ってました。
とりあえず動けばいい!と容量もメーカもバラバラのジャンクディスクをかき集めて
繋いだので「違う容量のディスクがあるよーん、動作保障しないけどいいの?」
みたいなメッセージ出まくり。当然、真っ当な性能は出ませんでした。
でもいい勉強にはなったと思ってます。

かつぴいはここから修羅の道を歩み始めたのです。
DAC960PG
MYLEX DAC960PG
960Pが20MB/s転送までで、寂しいモノを感じてたので次はコレ。やっぱり長尺。

CPU : Intel i960RP 33MHz。Ultra-Wide(40MB/s)2チャネル。キャッシュ32MB(Max)
SCSI Controller : BA81C15。MAX 30台まで

って言っても当時のHDDの転送速度は10MB/sがやっと。4台でRAID5としても
10 x 4=40、オーバーヘッドを考えてもせいぜい30でこと足りた。
このあたりから最終モデル(AcceleRAID352とかeXtreme2000)までBIOS画面が
ほとんど変わっていないのがMylexのいいところ。

適当なSIMMを差して32Mで使用。キャッシュサイズ内アクセスならそこそこイケた。
AR250
MYLEX AcceleRAID 250
(DAC960PTL1)
ケーブル出しっ放しもみっともないし、サーバー向けの筐体も買ったので、ついでに
コレにしてみました。速度もU2対応だし。2002年頃になると結構960PGが出回り、
5000円とかでダンボールに沢山入ってた。ん万円でPG買った俺って(;_;

CPU : Intel i960RD 66MHz。Ultra2Wide(80MB/s)1チャネル。キャッシュ32MB(Max)
SCSI Controller : SYM53C895(SYMBIOS) MAX 15台まで

SYMBIOSは今でも有名ですね。SUNやHPのマシンのHostAdapterはほとんどここが
採用されてます。ただボードも64bitPCIがほとんどで、インターフェースもHVDなので
パソコン主流のLVDとは接続出来ませんが(電圧が違う)。
ちなみにファイバチャネルアダプタのコントローラチップはQlogicがほとんどです。

繋いだHDDがDDRSとかだったんで性能差は感じられなかった。メモリも動く32Mが
見つからなくって、標準の8Mで使用。キャッシュは多いほうがイイですな。

キャッシュが多いと性能は上がるが、停電時のリスクは格段に高くなる。
メモリに放り込んで、バックグラウンドでHDに書き終わらないうちに停電や
ハングアップしたら?128MBなら(もちろんそれ以下でも)データはアウト。
どこに書いていたなんてOSは知らないから追跡不能、回復不可に。
ちなみに、データセンタ等で使ってる大型RAIDは追跡&バッテリバックアップ
してるからWriteFailしたセクタまで分かる。
                           値段も億単位なんでそれなりに...
ASR-2100S
Adaptec ASR-2100S
メーカのページ
途中Adaptecに浮気(*^_^*)

CPU : i960RS 100MHz Ultra160 1ch SCSIコントローラAIC-7892
32MBキャッシュ (128MBまで拡張可)

160MB/s転送とメモリ128MBのキーワードに惹かれ「つい」手を出してしまった(^^ゞ
でもこれが失敗。BIOS画面はなんかヘボいし、OS上のユーティリティも・・・
何に影響してるのかわからないが、スロットに対しナナメにカードを差し込まないと
PC自体が起動しないこともしばしば。たまたまハズレを掴んだのでしょう。
この製品がこんなヒドイわけではないです。

DDYS等を繋いで、RAID0で組むとまあまあのパフォーマンス。
でもRAID5にするとカッグリ遅くなるもんなあ。ハードウェアXOR回路を
搭載しないでOSにパリティ計算させてるから??
                   .....これは後輩に速攻譲った。やっぱ調子悪いらしい。へヘっ。

*2004.10.30追記
キャッシュが32Mでも、128Mでも全く性能向上が見られない(-_-;)
他はかなり良くなるのなるのに。RAIDPipeファームで300%向上って・・・自粛
AR170LP
MYLEX AcceleRAID170LP
メーカのページ
2号機に入っている、現役の「AcceleRAID1160」
AR170LPとも呼ばれ、1Uサーバ向けにLowProfile化した製品。

CPU : i960RS(Hardware XOR無)100MHz Cache16MB固定。
SCSI Controller : qlogic ISP10160A(U160 1ch)。32BitPCI

やっぱり浮気はいかん。オトコならビシッと一本スジを通さんかい。スジを。
で、舞い戻ってきたのがこれ。
BIOS画面やユーティリティも960PGからほぼ同じなのですぐ馴染めた。
スペック的には大したものではないものの、だがそこはRAID専門会社。
一日の長はあり、使用に全く不安は無い。古女房ってトコかな?

                 ....ホントはi960RMを積んだ「AR170」が欲しいんだけど中古が無くって^^;
EXP500
AMI MegaRAID Express500
メーカのページ
最近ゲットしたのがこれ。
AMI(現在はLSI LOGIC)のExpress500。最近お気に入りのお●とPC鯖館にあった。
値段も12K\と手頃だったんで懲りずに浮気。
あ、本気ぢゃないよ。ちょっとした気の迷いだってば!人間だからねっ。

CPU : i960RM(HardwareXOR有) 100MHz Cache : 128MB(Max)
SCSI Controller : qlogic ISP10160A(U160 1ch)。32BitPCI

Elite/Enterprise1600の1ランク下のボード。
個人で遊ぶにはこれで十分。32bitバスだし。メモリも128Mまで積めるし。

3号機に搭載、虎猫3匹、RAID5でもかつぴい的過去最高のパフオーマンスを発揮。
うーん、CPUの性能差(3号機AthlonXP1700 vs 2号機Pen3-500x 2)もあるかな?
2号機+AR160だと今一つぱっとしないし。でも乗せ変えてセットアップしなおすのも
面倒だし。でもそのうち真面目に比べてみまっす。

BIOSはマウス操作も出来ていいんだが、OS上のユーティリティがヘボいんだなあ。
ウマくRebuiltしてるかどうかイマイチ判りずらい。
DAC1164P
MYLEX eXtremeRAID1100
メーカのページ
Mylex党なかつぴいが性懲りもなくゲットして来たフルサイズカード。
960PG-3(3ch)の後継で64bitバス。バッテリバックアップ付き。
DAC1164Pとも言う。

CPU : Intlel StrongARM SA110 233MHz,16MBキャッシュ(64Mまで)
SCSI Controller : SYM53C895(SYMBIOS)2ch,64/32bit-33MhzPCI

Mylexは後期のボードにCPUにIntelのStrongARM-233MHzを使ってました。
(ex1100,ex2000,ex3000)はCPU性能は同じなのでI/Fの違いだけ。
構造が違うのでDAC960と比較してもあまり意味はありませんが、世代的には
960PTL1(i960 66MHz)と同じ時期なので当時の性能はよかったと思います。

比較グラフからも分かるようにAR160より多少早い。ただデバイスマネ-ジャに
ボード以外にMylex SCSI Deviceなる妙なデバイスが2つも沸いてくる。
PCIブリッジらしいが、ちと気になります。
キャッシュがバッテリ(BBU)と一体なので簡単に交換出来ないのがイタい。
SR-3L
IBM ServeRAID-3L
メーカーのページ
その後にアキバのジャンク屋でゲット。\1280だったがオヤヂが\500でいいって
言うので、ほんとに壊れてるかも?と思ったが安いので購入。
初号機に入れた時は何も表示されないので「やっぱり(;_:)」と思ったが気を取直して
3号機に入れたところ認識した。ラッキー!!おやじ、価値が分かってないぜ。

総合性能はPTL1より少し落ちるが、Mylex系とは違ってライトは早い。
ただCDからbootしないと何も出来ないのはCLI派にはちと使いずらい。
起動してしまえばGUIで使いやすいのだが、いちいち面倒で。

CPU : IBM PowerPC 403GCX-50MHz,4MBキャッシュ(拡張不可)
SCSI Controller : SYM53C895(SYMBIOS)U2W 1ch,32bitPCI
SR-3HB
IBM SreveRAID-3HB
えへへ、やっちゃいました。
ServeRAID-3Lを500円でゲットしたので気を良くして、性懲りもなく購入
のわんと「200円」カゴの中に無造作に入れてあるではないか!これは買いだっ!

しかーし、BIOSは表示されるが「Diagnostic error - E600」だと(-_-)!!
設定画面には入れるものの、ConfigをWriteするとFaildになりお手上げ。
またムダな買い物をしちまった...

しっかし、
長いモノフルサイズが好きだよね。このヒトって。
SR-4Lx
IBM ServeRAID-4Lx
メーカのページ
上のSR-3HBを買った日にゲット。
GWのアキバを丸1日歩き、途中にいいモノを見つけたが「帰る前に買えばいっか」
アキバの鉄則(*注)を忘れ、後で行ったら閉店だった(-_-;)。

激すぃ疲労と脱力感に襲われ、フラフラの状態で最後に入ったじゃん●ラで発見!
お●とでは40k\してたのに11.8k\と格安。これは買いだあああ-っ!←まただよ

帰って性能測定したが、Ex1100より悪い。キャッシュも倍の32MBなのにナゼ?
64BitPCIなのを32Bitに挿しているのが原因か?

他のサイトでも同じような結果が.....(゚ロ゚〃)ハッ!もしかしてハズレ?
どおしたi80303。DAC960RNより性能がイイんだろ?960RSなんざ楽勝なんだろ!
Exp500の独走を阻止出来るのはオマエだけだと信じてたんだ。それを裏切るとは。

CPU : Intlel 80303 100MHz,32MBキャッシュ(拡張不可)
SCSI Controller : LSI53C100(Lsilogic),U160-1ch,64/32bit-66MhzPCI
AR352
MYLEX AcceleRAID 352
メーカのページ
Mylex最期のミッドレンジモデル。
アキバでは全然売って無かったので「つい」ヤフオクに手を出して・・・(^^ゞ

CPU : Intlel DAC960RN 100MHz , キャッシュ : 32〜128MB(ECC SDR-DIMM)
SCSI Controller : qlogic ISP12160A,U160-2ch,64/32bit-33MhzPCI
バッテリユニット(Option)

キャッシュは128MにUP。片面128Mは64Mしか認識しないので注意。
non-regのECCありなし、どちらでも使える。
DAC960RS,RM,RNを搭載しているExp500や2100Sとかも同じ制限がある。

最後期モデルだけあってなかなかの性能。Exp500より上の性能を発揮。
単体でもかなり高速なCheetahX15.3をRAID5設定でも20%上回る。

あとはeXtremeRAID2000をゲットできればコレクションが完成するんだが...
EL1600
AMI MegaRAID Elite1600
メーカのページ
ExtremeRAID2000が高過ぎたのでこっちに浮気。
またまたヤフオクでゲット。Express500程度の値段で購入。
もともとはDELLのOEMだったがFirmWareのアップでLsi Logicに戻した。

CPU : DAC960RN 100MHz,キャッシュ128MB(バッテリ付き専用メモリ)
SCSI Controller : qlogic ISP12160A(U160-2ch),64/32Bit-66MHzPCI

AcceleRAID352とほぼ同じスペックだが、PCI Bridgeを搭載して64Bit/66MHz
のPCIに対応させている。Bridgeが入ることでフォーマンスが少し落ちるかな。
eX1100の下、AR160の上ってとこです。

使っていて気になったのが「いつの間にか」WritePoricyがWriteBackから
Write throughになっていたこと。バッテリも2個認識してるし、ナゾ。
ex2000
Mylex eXtremeRAID2000
メーカのページ
しばらく探していたがようやくゲット。やっぱMylex!!←個人的思い入れ大(^^ゞ
Mylex最後のハイエンドモデル。3000というFC(ファイバーチャネル)モデルもあるが
個人向けではない。FC接続なアレイユニットは数百万単位なもんで・・・
基本的にはeXtremeRAID1100と同じ構造だが、I/Fが強化されている。

CPU : Intlel StrongARM SA110 233MHz,32MBキャッシュ(256MBまで)
SCSI Controller : qlogic ISP12160A,U160 2chx2=4ch,64/32bit-33MhzPCI

これもeX1100と同じく普通のDIMMは使えない。バッテリ一体型の専用品が必要。
できればメモリが多いタマを手に入れたい。性能比較のところでも述べているが、
キャッシュ容量でかなり性能差が出てくるからだ。

128Mキャッシュで、トータルではCheetahX15.3に迫る性能。
RAID5は遅いなんて言わせない。

しかし、Ultra160 4Channelってどこで使うんだぃ?>かつぴい(^^ゞ
いいんです!ここまで来たらもうコレクションです!!

Intel SRCU32
メーカのページ
IntelのSRCU32。元はドイツICPvortex GDT8523RZのライセンス品。
Intelへお嫁に行ったりAdaptecへ売られたりと激動の人生を歩んでます(;_:)
かわいそうなのでICPに戻そうと思ったが、基盤からIntel製なのでダメ
だった(OEMではない)。グルメらしくお安いメモリは見向きもしないようだ。

CPU : Intlel 80303 100MHz,キャッシュ64-256MB(PC133 non-reg ECC)
SCSI Controller : LSI53C1010,U160-2ch,64/32bit-66MhzPCI
BatteryOption:無し

BIOS画面はMylex風で好みなんだけど、機能が少なすぎ。
Read/WriteキャッシュのON/OFFが出来ないし、StripeSizeも選べない。
作成したいロジカルドライブのサイズも決められない。
これとこれでRAID5って選ぶと最大容量でいきなり作成される。
Rebuild Rateも決められない・・・etc。OSのユーティリティからは出来るが。
シロートはヘタにさわんな!ごちゃごちゃ言わんと黙って使え!ってこと?

性能は激安のeX1100並で、HDDx3のRAID5で単体Diskとほぼ同じ。
80303を使った製品は期待した程性能が良くないのは気のせいでは・・・

Mylex AcceleRAID170
メーカのページ
Mylexコレクションの1枚。AcceleRAID170
もはやコレクションと化してしまったが、またまたGet。

CPU : Intlel DAC960RM 100MHz , キャッシュ : 32〜128MB(ECC SDR-DIMM)
SCSI Controller : qlogic ISP10160A,U160-1ch,32bit-33MhzPCI
バッテリ : Optionなし

世代的にはAR352と同じ。構造もほぼ同じでCPUがRN100>RM100、
SCSI Controllerが2ch>1ch、バッテリ無しと廉価モデルになっている。
PCIコネクタが64Bit>32Bitになっているので普通なメインボードに
挿すことができるのが大きな違い。

性能的にはAR352よりちょっと下かな。気軽に使えてキャッシュも128MB
までいけるのでお気に入りの1枚。
滅多に中古が出回らないのが難点といえば難点。

LSI Logic MegaRAID320-2X
メーカのページ
ついに入手したUltra320対応のスゴイやつ。LSI Logic MegaRAID320-2X

CPU : Intlel IOP321 400MHz , キャッシュ : 128〜512MB(ECC DDR-DIMM)
SCSI Controller : LSI 53C1030,U320-2ch,64Bit-133Mhz PCI-X
バッテリユニット(Option)

U160世代とは一線を画す構成で、CPUは100Mhz>400Mhz、メモリは
SDRAM > DDR SDRAMと主要パーツが2倍以上の性能に強化されている。

メモリ仕様は、あまり聞きなれないDDR200(PC1600)だが、一般的な
DDR266(PC2100)のものも使える。PC3200とかも使えるかもしれないが、
ほとんどのRAIDカードは仕様外のメモリでは動かないのでムリでしょ。

また、バスがPCI-X仕様なのでほとんどのATXなボードには挿せない
64Bit-64/33MhzPCI(3.3V)には挿せるので多少古めのサーバーボードでも
最新モデルのDiskとセットで入換えることで見違えるようなパワーが得られる。
マシンパワーはCPUよりIO性能が重要だということが実感出来るだろう。

アキバの鉄則 : レアでいいモノを見つけたら即ゲットすべし、多少の値段差は気にするな。足でネタを仕入れるべし、手間を惜しむな。
値引きは交渉は時間のムダである、そんなことより情報を引き出せ。サイフに余裕を持つべし、文無しに用はない。

弱肉強食ではなく、先手必勝の世界


各RAIDボードの性能比較はこちら

SCSI RAIDカードは他にもICP Voltexなどもあり、また各メーカも沢山のシリーズを出しており
遊んで見る必要があります。そういう意味ではかつぴいもまだまだ浅く狭いです。
でもBIOSやOSユーティリティの使い勝手は、ボードのスペックを並べたてて云々言っても、実際使って見なきゃ
わからない、と自負しています。

でもこれ以上ハマると、マザーボードも交換せにゃいかんしー、値段も高いしーファイバーチャネルだのSANだのNASだのと、
まあムチャクチャ大掛かりになるんでー.....(言い訳

現在MYLEX社及びAMIのRAID部門はLSI Logicに合併されています。
サポート資料はこちらから。
古い資料は一部消え始めています。Mylex党の方は早めの入手を。

もどる   ほーむ