邪馬台国諸国、瀬戸内東部に? 大和つなぐ古墳十数基

「ホケノ山」と同年代・同様式 「畿内説」裏付け

 畿内大和か、九州か、日本古代史上、最大のミステリーとされる邪馬台国の所在地。江戸時代以来、二百数十年にわたる論争が続いてきたが、最近の発掘調査で、大和説を裏付ける有力な“証拠”が近畿や瀬戸内東部で次々に現れている。邪馬台国が存在した時期(3世紀前半〜半ば)の〈前方後円墳〉だ。その中心は、この時期最大のホケノ山古墳(奈良県桜井市、全長80メートル)一帯。この時代、大和とこれらの地域との間に強い結びつきがあったことが明らかになりつつあり、論争は新たな局面を迎えている。(関口和哉)

 ホケノ山古墳は2000年に発掘。土器や木棺の一部の炭素年代測定法などから、3世紀半ばの築造と判明した。さらに〈1〉墳丘が前方後円形〈2〉木槨(もっかく)内に木棺を納めた二重構造の埋葬施設〈3〉画文帯(がもんたい)神獣鏡など中国鏡の副葬――という三つの特徴があった。

発掘されたホケノ山古墳。同様の特徴がある前方後円墳が相次いで確認されている(2000年3月、奈良県桜井市で)

 この〈3点セット〉が研究者の注目を集める。

 今年3月、徳島県教委などが調査した同県鳴門市の萩原2号墓は全長25メートルの前方後円形で、3世紀前半の築造と発表された。未確認の埋葬施設は来年2月から調査する。その南50メートルの同時期の萩原1号墓からは1979、80年の発掘で画文帯神獣鏡が出土。当初は竪穴式石室と報告されていたが、20年ぶりに再検討したところ、ホケノ山古墳と同じ二重構造の埋葬施設と見直された。

 さらに、兵庫県たつの市の綾部山39号墓では03年9月、二重構造の埋葬施設と画文帯神獣鏡が出土。墳形も前方後円形の可能性が強いとされる。

 ホケノ山古墳の発掘を担当した岡林孝作・奈良県立橿原考古学研究所主任研究員は、同様に特徴が一致するのは、京都府南丹市の黒田古墳、岡山県総社市の宮山古墳、兵庫県加古川市の西条52号墳など、近畿や瀬戸内東部で十数基を数えるとし、「これが邪馬台国と、それを支えた国々だろう」と推定する。

 山尾幸久・立命館大名誉教授(古代史)は「共通する墳形や埋葬施設、副葬品は、同じ信仰や価値観念を共有し、結びついていた証拠。その中心が邪馬台国であり、後の大和王権につながる」という。

邪馬台国時代の前方後円墳とわかった徳島県鳴門市の萩原2号墓(今年3月、徳島県教委提供)

 ホケノ山古墳の所在する纒向(まきむく)遺跡周辺の大和(おおやまと)古墳群には、最初期の巨大前方後円墳が集中し、従来、大和王権発祥の地とされてきた。纒向遺跡からは瀬戸内東部や山陰、東海など各地から人々が集まったことを示す土器が数多く出土し、大和説では邪馬台国の最有力候補地だ。

 これに対し、九州説も根強い。高島忠平・佐賀女子短大学長(考古学)は「ホケノ山古墳などの年代観が正しいとしても、日本列島全体が統一されていない段階。大和に大国があってもよいが、それは邪馬台国ではない」と反論する。

 だが、この時期の九州には広域的な宗教や政治の中心だったことを示す遺跡は見つかっていない。大和古墳群の調査にかかわってきた河上邦彦・神戸山手大教授(考古学)は言い切る。「発掘調査の結果はすべて、一つの結論を示している。考古学からは、邪馬台国は大和にあるとすでに決まっている」

邪馬台国

 3世紀後半の中国の史書「魏志倭人伝」に記された倭(日本)の諸国のうち最大の国で、諸国に擁立された女王・卑弥呼が都とした。所在地を巡っては、大和朝廷と同一視されていたが、江戸時代中期、北部九州にあったという九州説が提唱され、畿内大和説と対立。明治時代以降、考古学者や東洋史学者らが加わって論争が盛んになった。戦後は邪馬台国ブームが起き、在野の研究者らも参加。所在地候補は国内外の数十か所に上る。

2006年08月22日  読売新聞)