最古級、未盗掘の粘土槨見つかる…宝塚・長尾山古墳


長尾山古墳で確認された未盗掘の粘土槨(12日午後、兵庫県宝塚市で)=守屋由子撮影

 兵庫県宝塚市の長尾山古墳で、木棺を粘土で覆った国内最古級とみられる巨大な粘土(かく)が見つかり、大阪大考古学研究室と同市教委が12日、発表した。未盗掘のほぼ完全な状態で、粘土槨内は密閉状態と推定され、衣服や鏡、刀剣などの副葬品が良好な状態で残っている可能性があるという。同古墳は、周辺の埴輪(はにわ)の形状から、古墳時代前期の4世紀初めに築かれたとみられる。

 粘土槨は、被葬者を安らかに葬るため、木棺の周囲を粘土で固めた埋葬施設。見つかったのは長さ6・7メートル、幅2・7メートル、高さ1メートルのサナギ形。深さ10〜40センチほどの小さなくぼみが数か所ある以外は、ほぼ原形をとどめていた。

 畿内中央部で粘土槨が出現した4世紀初めに、即座にその方式を取り入れており、幅も通常の約2倍であることから、被葬者は大和政権と密接な関係があった地域の有力豪族とみられる。

 調査した福永伸哉・大阪大教授(考古学)は「空気に触れると腐食しやすい衣服などの繊維類や漆器、木棺など有機物が原形に近い状態で保存されている可能性が高い」と話している。

 内部の発掘調査については今後、保存技術を整えてから検討するという。現地説明会は16日午前10時、午後1時からの2回。小雨決行。問い合わせは同大学長尾山古墳調査団(0797・87・3808)へ。

2010年10月13日  読売新聞)