事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP>風俗営業許可
風俗営業許可

風俗営業とは

風俗営業とは、客に遊興・飲食などをさせる営業の総称をいい、略称「風営法」という法律によって規制されており、風俗営業を営むには、県の公安委員会(管轄の警察署)から営業許可を受けなければなりません。
風俗営業としては、スナック、パブ、クラブ、キャバレー、ゲームセンター、マージャン店などがあります。従来ダンスホールはこの風適法の規制を受けていましたが、規制から外され、許可は必要なくなりました。


風俗営業の分類

風俗営業は、「接待飲食店等営業」1種類(1号営業)、「接待のない飲食店等営業」2種類(2〜3号営業)と「遊技場」2種類(4〜5号営業)の5種類に分類されます。

接待飲食店等営業1号営業「社交飲食店」・料亭
キャバレー、キャバクラ、バー、クラブで客の「接待」をして、客に「遊興・飲食」させる営業
接待のない飲食店等営業2号営業「低照度飲食店」
営業所内の照度を10ルクス以下にして、喫茶店、バーその他設備を設けて客に「飲食」をさせる営業。
カップル喫茶など
3号営業「区画席飲食店」
他から見通すことが困難であり、かつその広さが5u以内である客席の喫茶店、バーその他設備を設けて客に「飲食」をさせる営業。
ネットカフェ等
その他(遊技場)4号営業マージャン、パチンコ店
5号営業スロットマシン、テレビゲーム機等ゲームセンター

風俗営業許可の3要件

[1]人的要件(欠格要件)

人的要件は、「申請者個人」だけでなく、法人である場合は、「監査役を含む役員全員」「管理者」全てが対象となります。
@成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者。
A所定の刑に処せられ、その執行を終わり又は執行を受けることがなくなってから5年経過していない者。
B暴力団構成員。覚せい剤等の中毒者。
C風俗営業の許可を取り消され5年を経過しない者。


[2]場所的要件

(1)以下の用途地域では風俗営業は認められませんので許可を受けることはできません。
1)「住居専用地域」
@第1種低層住居専用地域
A第1種中高層住居専用地域
B第2種低層住居専用地域
C第2種中高層住居専用地域

2)「住居地域」
D第1種住居地域
E第2種住居地域

3)「準住居地域」

(2)以下の用途地域においては、近隣に(3)に示す保護施設がないことを条件に風俗営業の許可を受けることが可能です。
@近隣商業地域
A商業地域
B準工業地域
C工業地域
D工業専用地域

(3)100m以内の近隣に保護対象施設がないことも風俗営業の許可要件です。
@学校
A図書館
B児童福祉施設
C病院
D診療所


[3]構造的要件

下記の@〜Bは1号〜5号許可に共通な要件です。このほかに各営業形態により営業所内の客室の床面積、営業所内の照度等の要件がそれぞれに定められています。

@善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等を設けないこと
A騒音、振動が条例で定める数値以下であること
B客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠設備を設けないこと


風俗営業の申請手続き

[1]風俗営業許可の申請先

風俗営業の許可は管轄の警察署の生活安全課に申請します。


[2]申請書類

許可申請書をするには、許可申請書をはじめとしていろいろな書類をそろえなければなりません。


風俗営業と他の営業との関係

[1]接待飲食店等営業と一般の飲食店営業

スナック、キャバクラ等の接待飲食店等営業の場合、客に飲食を提供するわけであり、当然「飲食業許可」が必要となります。従って、飲食の部分だけを見ればレストラン、料理店、居酒屋等と変わりません。


[2]風俗営業と深夜酒類提供飲食店営業

午前0時以降もお客様に酒類を提供する場合は、「深夜酒類提供飲食店営業」に該当し、届出を出す必要があります。
ここで、接待の伴う「接待飲食店等営業」と「深夜酒類飲食店営業」の両方を行うことはできず、どちらか一方のみの営業になります。


[3]特定遊興飲食店営業と風俗営業

平成28年の風営法改正で新たに設けられたのが「特定遊興飲食店営業」です。
「ナイトクラブ」その他設備を設けて客に遊興させ、かつ、客に飲食させる営業(客に酒類を提供して営むものに限る)で、午前6時後翌日午前0時前の時間においてのみ営むもの以外のもの(風俗営業に該当するものを除く)を言います。


風俗営業許可の申請手続

風俗営業許可申請には、添付書類を含め以下のような非常に多くの書類が必要となります。
@申請書その1、その2、その3
A建物の登記事項証明書又は賃貸借契約書(使用承諾書も必要)
B申請者の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書
C申請者の誓約書
D管理者の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書
E管理者誓約書1、2
F保健所の飲食店営業許可証の写し(飲食させる営業の場合)
G管理者証用の写真2枚(たて3cmよこ2.4cm)
H申請に必要な図面
建築確認通知書等に添付された図面は基本的に使用できません。風営申請用に新たに測量をして風俗営業申請用の図面を別途作成しなければなりません。
-1営業所の周辺略図
 用途地域証明・方位・縮尺(1/1500等)・保護対象施設の有無等
-2営業所平面図
-3客室平面図
-4営業所求積図、求積計算表
-5客室求積図、求積計算表
-6設備の概要(照明・音響・映像設備配置図、イス・テーブル詳細図)
  <申請者が法人の場合:上記に加えてさらに必要な書類>
@役員全員分(監査役を含む)の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書、誓約書(2種類)
A法人の登記全部事項証明書 定款の写し(原本証明が必要)
Bパチンコ店の許可申請には、さらに遊技機関連書類や景品関係書類が必要になります。



食品営業許可

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で風俗営業・食品営業

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用