事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP株式会社設立>定款
定   款

定款とは

 定款とは会社の組織や運営方法、資本金など会社の基本的なルールを定めた「会社の憲法」と呼ばれるとても重要なものです。株式会社を設立する場合には必ず作成しなければならず、また署名・捺印が必要です。
 会社設立時に作成された定款を「原始定款」といい、設立の登記をする際に必要となります。


(1)定款の認証

定款は、作成しただけでは法律的に効力を持つ書類とは認められません。従って、定款を作成した後、法的効果のある書類にするために「認証」という手続きが必要となります。
・公証役場で認証
 認証手続は、本店所在地を管轄する公証役場で行います。


(2)電子定款とは

・印紙が不要
 従来のように定款を書面で作成すると、4万円の印紙を貼らなくてはなりません。しかし、電子文書で定款を作成した場合は収入印紙を貼る必要がありません。
・別にソフトが必要
 ただし、電子文書で定款を作成する場合、電子証明書の発行を受けたり、特別なソフトが必要となるため、ソフトを購入するために約10万円がかかります。個人で電子文書の定款を作成するのはあまり現実的ではありません。


定款の作成
(1)定款の記載事項

定款の記載事項は、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の三つに分けることができます。
●絶対的記載事項
 必ず定款に記載しなければならない事項です。1項目でも抜けていると定款自体が無効になってしまいます。
・会社の事業目的
・商号
・設立の際の出資額又は最低額
・本店(本社)の所在地
・発起人の氏名と住所
・発行予定の株式総数

●相対的記載事項
 記載が絶対条件の事項ではではないが、定款に記載することにより法的効果を生じる事項です。
・変態設立事項
・株式の譲渡制限に関する規定
・取締役の期間延長
・取締役・監査役の員数
                   など
●任意的記載事項
記載しても法的効果は生じません。経営上明確にしておいた方がいい内容があれば記載します。


(2)定款の扱い

・全員が記名・押印
定款は全員が記名・押印しなければなりません。
・3通必要
定款は、公証人役場提出用、設立登記申請用、会社保存用として1通づつ、計3通を作成します。



会社設立

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で株式会社設立・定款

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用