事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP建設業許可>許可の種類
許可の種類

(1)知事許可と大臣許可

1)知事許可

1つの都道府県にだけ営業所を持ち、営業する場合は知事許可となります。


2)大臣許可

2つ以上の都道府県に営業所を持ち、営業する場合は、国土交通大臣の許可となります。



(2)許可の区分

1)特定建設業

@工事の一部を下請に出す場合に、その契約金額が4,000万円(建築一式の場合は6,000万円)以上になる場合は特定建設業の許可が必要です。
Aこの制度は、下請人の保護などのために設けられているもので、法令上特別の義務が課せられます。


2)一般建設業

@上記下請に出す金額が4,000万円(建築一式の場合は6,000万円)未満の工事
A工事のすべてを自分(自社)で施工する場合


*同一の建設業者が同じ業種について、特定と一般の両方の許可を受けることはできません。



(3)許可の有効期間

1)満了日

許可のあった日から5年目の許可日に対応する日の前日が満了日となります。


2)許可の更新手続き

引き続き営業を継続しようする場合は、期間満了日の30日前までに、許可の更新手続きをとらなければなりません、この手続きを怠ると期間満了と共にその効力が失効します。


3)更新手続き中の扱い

期間満了日以前に許可の更新の手続きをとっていれば、有効期間の満了後であっても許可又は不許可の処分があるまでは、従前の許可が有効です。



建設業許可許可

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で建設業許可

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用