事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP>内容証明郵便
内容証明郵便

内容証明郵便とは

(1)「内容証明郵便」とは

@内容証明郵便とは、「誰が」、「いつ」、「誰に」、「どんな内容」の手紙を送ったかを郵便局が証明してくれる特殊な郵便です。
A相手方に送った内容と文面が全く同じものが郵便局に保管されます。


(2)内容証明郵便の法的効力

@内容証明郵便自体に法的効力はありませんが、受け取った相手方に心理的なプレッシャーを与えるという効果が期待できます。
Aこの郵便に対して債務者が某かの反応(返答)があった場合は、債務者自身が「債務の存在」を認めた証拠として利用することもできます。

(3)書き方・郵便局での受付

内容証明郵便は他の郵便に比べて、文字数等々決まりがあります。


1)1ページ当たりの文字数
@1ページ当たりの文字数は、最大520字に制限されています。
A横書きの場合、1行当たり26字×20行、20字×26行又は13字×40行の3つのレイアウトのどれかになります。
B縦書きの場合 1行当たり20字×26行の1つのレイアウトしかありません。


2)文面の中味
@発送した後は、一切文面を訂正することはできません。後で訴訟等で使用することがあるかもしれませんので、十分確認して作成する必要があります。
A文面中に差出人の印鑑を押し、最終行に発送日を記入します。 B文面は全く同じものを3部(1部 相手方 1部 郵便局保管用 1部 差出人控え)作ります。封筒は、相手方の住所・氏名、差出人の住所・氏名を書いて、封をしないで(郵便局で手続のあと封をすることになります。)郵便局の窓口を訪ねます。


3)郵便局で受付
@郵便局では、文面の中味3部及び封筒を出すと一緒に「書留・特定郵便物等差出票」に必要事項を記入して局員に提出します。
A局員は中味をチェックした後、3通の文面にスタンプを押してそのうちの1通と封筒を渡してくれますので、この1通を封筒に入れて封をします。
A最後に差出人の控え1通と「書留・特定郵便物等受領証」が交付されます。


3)配達証明
@必ず、配達証明付きにします。これで相手方に届いた日時等が確定できます。
「差出人控えの文面」「書留・特定郵便物等受領証」と後日郵便局から送られてくる配達したことを証明する「郵便物配達証明書」の3点を保管しておくことが大切です。


(4)内容証明郵便の料金

@文書1通あたり  430円(1通増すことに260円)
A郵送料      82円
B書留料      430円
C配達証明料    310円

(5)内容証明郵便の利用される場面

@クーリング・オフ
A債権放棄
B催告書
等に利用されています。



内容証明郵便

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で内容証明郵便

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用