事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP内容証明郵便>遺留分減殺請求
遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは

(1)侵害された遺留分の請求

 遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している者に対してその侵害額を請求することができます。これを 遺留分減殺請求 といいます。この請求は、証拠を残すために内容証明郵便が多く使われます。
 遺留分が侵害されている者は、減殺請求してはじめて遺留分を取り戻すことができのであって、請求しなければ遺留分を取り戻すことはできません。


(2)遺留分減殺請求制度

★遺留分とは
  相続財産は被相続人のものですから、本来、被相続人は自己の財産を自由に処分できます。しかし、赤の他人に全財産を与えるなどという遺言がなされると、残されたた家族はまったく財産を相続できません。
 そこで、相続財産の一定割合について、一定の相続人に確保するために設けられたのが、「遺留分」の制度です。

★遺留分権者
  遺留分権利者は、@配偶者、A子(または代襲相続人)、B直系尊属です。
 兄弟姉妹には遺留分は認められません。
 なお、遺留分はあくまで相続人に認められる権利であり、相続欠格・廃除・相続放棄があれば、遺留分も認められません。

★遺留分減殺請求
  遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している者に対してその侵害額を請求することができます。これを 遺留分減殺請求 といいます。
 遺留分が侵害されている者は、減殺請求してはじめて遺留分を取り戻すことができのであって、請求しなければ遺留分を取り戻すことはできません。  



内容証明郵便

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で内容証明郵便

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用