事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP>産業廃棄物処理業
産業廃棄物処理

[1]産業廃棄物とは

(1)産業廃棄物

1)産業廃棄物
@産業廃棄物とは、廃棄物処理法により定められている事業活動によって生じた廃棄物をいいます。
A業種に関係なく産業廃棄物に該当するものと。特定の業種の場合にのみ産業廃棄物に該当するものに分かれています。
B固形と液状の廃棄物に限られ、気体は産業廃棄物にはなりません。
C処理業を営むには都道府県知事による許可をとらなければなりません。

2)特別管理産業廃棄物
産業廃棄物のうち、人の健康・環境を害する恐れがあって、特別な管理を要する産業廃物を特別管理産業廃棄物として区分しています。


(2)一般廃棄物

一般廃棄物
@一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。
A一般廃棄物には、家庭から出る廃棄物(家庭系一般廃棄物)とオフィスや飲食店などから排出される廃棄物(事業系一般廃棄物)の他に特別管理一般廃棄物があります。
B一般廃棄物は、市町村が収集・運搬し、処分しています。



[2]産業廃棄物処理業の種類

産業廃棄物収集・運搬@産業廃棄物収集運搬業
処  分A産業廃棄物処分業
特別管理産業廃棄物収集・運搬B特別管理産業廃棄物収集運搬業
処  分C特別管理産業廃棄物処分業

1)排出業者から出た産業廃棄物は、(1)収集運搬、(2)中間処理、(3)最終処分という工程を経て、処分されます。
排出業者⇒@収集運搬⇒A中間処理⇒@収集運搬⇒B最終処分の流れになります。


2)産業廃棄物処理業を行う場合は、業の種類ごとに都道府県知事の許可を受けなければなりません。


(1)収集運搬業

収集・運搬を業として行う場合には,積み卸しを行う区域管轄する都道府県知事の許可を受ければよく,途中通過する都道府県知事の許可を受ける必要はありません。


(2)処分業とは

産業廃棄物処分業とは、中間処理と最終処分の工程を事業として行うことをいいます。


1)中間処理
産業廃棄物に対して物理的、あるいは化学的なエネルギーを加え、産業廃棄物の状態を変化させることを「中間処理」といいます。


2)最終処分
「最終処分」とは、産業廃棄物を適切に処理したうえで、土の中に埋め立てたり、海に投棄して、その場所で産業廃棄物を保管し続ける処理方法のことをいいます。



産業廃棄物処理

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で産業廃棄物収集運搬業許可

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用