事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP>飲食店営業許可
飲食店営業許可

飲食店営業許可とは

@飲食店営業許可とは、管轄する保健所の審査を受けて得られる許認可権で、これは食品の安全性を確保するために衛生について規定した「食品衛生法」で定められています。
A食品衛生法では、飲食店は調理業に分類され、営業内容や形態によって「飲食店営業」と「喫茶店営業」の2つに区分されます。 B一般の飲食店や喫茶店だけでなく、風俗営業店、漫画喫茶等々、飲食物を提供する店を営業するには、すべてにおいて、食品営業許可をとらなければなりません。


飲食店の区分

内容
飲食店営業一般食堂主として食事を提供(和食・洋食・中華料理等)
すし屋主としてすしを提供
軽飲食喫茶やアルコール提供が主で、軽易な料理屋や食事を提供
酒場 種類とこれに伴う食事を提供
バー又は簡易酒場種類とおでん、焼き鳥程度を提供
仕出し客の注文に応じ弁当、そうざい等を調理し、注文者に提供
弁当屋あらかじめ調理しておいた弁当、おにぎり、調理パンを提供
喫茶店営業純喫茶飲み物(酒類以外)と菓子、トースト程度を提供

深夜酒類提供飲食店

(1)深夜酒類提供飲食店とは

深夜酒類提供飲食店とは、深夜(午前0時から日の出時まで)において、お客に酒類を提供して営業する飲食店のことをいい、もっぱらアルコール類をお客に提供するようなお店をいいます(深夜バーなど)。


(2)深夜酒類提供飲食店に該当しない店

深夜に酒類を提供する飲食店でも、レストラン、ラーメン店等のように、食事が主で、補助的にお酒を提供しているようなお店は、該当しません。


(3)深夜酒類提供飲食店営業の規制

深夜酒類提供飲食店は、「住居地域」などに指定されている場所では、営業ができません。
従って、深夜酒類提供飲食店営業を営もうとする場合は、事前に、営業しようとしている場所が深夜酒類飲食店営業ができる場所かどうかを市役所、区役所等の都市計画課等で確認することが必要です。


(4)警察署への届出

 管轄の警察署に事前に、「深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出」を提出しなければなりません。
この届出に、手数料はかかりません。


(5)風俗営業と深夜酒類提供飲食店との違い

@風俗営業店は許可制であるが、深夜酒類提供飲食店は届出制である。
A風俗営業は原則午前0時以降は営業できないが、深夜酒類提供飲食店は、午前0時以降の深夜も営業ができる。
B風俗営業店(接待飲食店等営業)は、「接待」できるが、深夜酒類提供飲食店は、「接客」ができるが、「接待」はできない。
C風俗営業1号営業(スナック、バーなど)を営む場合、深夜酒類提供飲食店の営業はできません。逆もまたできません。
 従って、スナック等を営業する場合、深夜には営業できません。


事前相談先及び申請先

1)仙台市内で営む場合の相談先
仙台市内で飲食店営業を営なむ場合、飲食店営業許可の部分については、仙台市のページへに相談します。


2)仙台市を除く市町村で営む場合の相談先
宮城県内で仙台市を除く市町村で飲食店営業を営む場合、飲食店営業許可の部分については、宮城県(仙台市を除く)のページへへ相談します。


3)風俗営業許可・深夜酒類提供飲食店の届出は、管轄の警察署の生活安全課となります。



食品営業許可

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で飲食店営業許可

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用