事務所は愛宕橋のすぐ近くです。皆様からのお問合わせ・ご相談をお待ちしております。

TOP>遺産分割協議
遺産分割協議

遺産分割協議書とは

1)遺産分割協議書とは
 遺産について遺言がない場合は、法定相続により相続人が遺産を相続することになります。
 遺産の相続人が複数の 場合、全員の共同相続財産となりますが、この共同で相続した遺産を相続人がどのように分けるかを具体的 を話し合うのが「遺産分割協議」であり、これによって作成した書類が、「遺産分割協議書」です。

2)相続人全員参加が必須
 遺産分割協議には、相続人全員が参加しなければなりません。相続人のうち一人でも欠けた協議は無効になり、遺産分割協議書も無効になりますので注意が必要です。

3)協議書の作成と保管
 協議が成立したら、その協議内容をベースに「遺産分割協議書」を作成します。相続人の数だけ作成し全員の署名・押印をして各自1通づつ保管することになります。
 


遺産分割協議書の必要性

1)絶対に必要なものではない
 遺産分割協議書は絶対に作らなければならないものではありませんが、次のような場合は遺産分割協議書が必要となります。

2)不動産の所有権移転登記
 相続による不動産などの所有権の移転登記をする際には、添付書類として遺産分割協議書が必要になります。


遺産分割協議書作成の流れ

【1】相続人の確定
 遺産分割協議書を作成するにあたり、まず最初にすべきことは相続人を確定することです。
 そのために、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの除籍謄本、改製原戸籍等を請求し、その戸籍謄本等から追うことにより相続人を確定させます。
 遺産分割協議書は、相続人全員が参加し作成することが条件ですから、後から相続人が出てくると遺産分割協議を最初からやり直さなければなりません。
 従って、最初に相続人を確定させ、全ての相続人が遺産分割協議に参加できるよう、戸籍謄本等で相続人を確定させるわけです。

【2】相続財産の確定
 次に相続財産の調査を行い、相続財産を確定します。  相続財産の調査については、不動産であれば登記簿謄本、銀行などの預貯金等は通帳や残高証明書など、必要に応じ関係機関へ書類を請求し、それらの書類をもとに相続財産を確定します。

【3】遺産分割協議開始
 相続人全員参加による遺産分割協議を行います。

【4】遺産分割協議書作成
 相続人全員参加による遺産分割協議の結果をもとに遺産分割協議書を作成し、全員が署名、押印することで、遺産分割協議書は完成します。
 この 遺産分割協議書を法務局など関係機関に提出することで、所有権の名義変更等ができるようになります。



相続

他の取扱い業務

ビジネスに関する業務
◆会社設立 ◆建設業
◆宅建免許 ◆産廃処理業許可
◆食品営業許可 ◆道路使用許可
◆古物商許可 ◆契約書作成

くらしに関する業務
◆遺言書 ◆相続
◆車庫証明 ◆自動車登録
◆農地転用 ◆内容証明郵便
◆交通事故処理 ◆金銭消費貸借契約書

リンク

仙台で相続・遺言

関係の行政書士をお探しの方は
携帯 090−6682−1947
電話 022−267−4558
へお気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
かみおか行政書士事務所




TOP はじめての方へ 事務所のご案内 報酬額 お問合せ・相談 プロフィール リンク 個人情報保護方針 コーヒーブレイク
会社設立 建設業 宅建業 許認可申請 飲食店営業 車庫証明 内容証明郵便 遺言書 遺産分割協議書 契約書 示談書 農地転用