今年、紙マルチによる栽培に初めて挑戦しました。
 
 その後の稲の生育については、ページ上でお知らせしていきます。

                               
                              2002年5月3日撮影
 紙マルチによる 無農薬栽培
三菱農機紙マルチ田植え機  
 三菱農機の紙マルチ田植え機

 この田植え機は、紙をひきながら

 苗を植えていきます。紙の大きさ

 は幅2メートル、長さは100メート

 ルのロールになっています。
紙を田植え機にセット  
 三菱農機のメーカーさんが紙を

 セットしています。

 紙をセットし田植えの始まりです。
紙マルチ田植えの始まり
 5月3日 紙マルチ田植えの

 始まりです。
田植え機の後ろから見たところ
 田植え機の後ろから見ると

 こんな感じです。紙が水分を

 吸うと少し茶色く見えます
 
 紙がずれない様にまっすぐ植

 えるのに神経を使いました。
田植えの終わった水田   
 水田全面に紙をひき
 
 田植えの終わった水田全景
左が紙マルチ水田  
 畦を挟んで右側が普通の水田

 左側が紙マルチの水田
 
 稲作りにおいて無農薬栽培をするのは、除草の問題が最大のネックになっています。    
 
 除草剤を使わないで栽培する方法はいくつか有りますが、労力的に大変で三菱農機さんが   

 紙をひきながら苗を植える田植え機を開発しました。その田植え機をお借りして、今年試みて見ました。