最近問題になっているブレンドについて 
 私は、ブレンド(種類の違う米を混ぜる事)が悪いとは思いません。ブレンドするのは、お米屋さんや中間の業者
 さんが、だいぶ前からやっていた事だしブレンドそのものは、悪いとは思いません。

 JAS法に定められている表示を偽って問題になっているのです。 例えば、ブレンドしてあるのにコシヒカリ100%
 などと表示され、消費者の人達が知らないで購入させられている事が問題になっています。

                        農薬について
 無登録の農薬が一部の農家で使われ、私の住む茨城県でも梨やメロンが報道機関で大きく取り上げられ問題に
 なりました。口の中に入る食べ物を生産した生産者は、
自分の作った作物に責任を持つ必要があると思います。

 農薬の使用を減らしていくことは、農家にとっては安全な農作業につながる一方、消費者にとっては農薬の残留の
 少ない安全な食品を入手できる事になり二重の意味で重要です。

                   我が家のお米について
 安全には最大の気をつかい責任をもって栽培しています。「安全なお米は土作り」から・・・・
 私の「基本理念」です。
                                       
                          農薬使用の証人                                
 農薬の大部分は、ゆうまでもなく皆さんの食卓に並び口の中に入れる食品を生産するために使われるわけです。
 一般に売られている果実や野菜の産地では、大規模かつ連作によって生産されるためかなりの農薬を使用さ
 れることになります。このような大量の農薬は、どのように使用されているのでしょうか?その生き証人といえる
 のが「防除暦」です。

 防除暦ということばは、農家以外の人には耳慣れない言葉だと思います。簡単に説明すると、いつ、どんな農薬を
 どのように散布するか、といったことを作物ごとにまとめた、いわば農薬散布のマニュアルです。

 なぜこんなにも多くの農薬を使うのか?それは果実や野菜など外見だけが価格を決めている冷酷な市場の原理が
 農業を支配しているからです。子供の成績ではありませんが、優秀、秀、良と作物の外見によって非常に厳密な
 選別が行われています。

 この選別の結果、優秀は良の倍以上の値段になります。味は全く変わらないのにこれが現実の市場価格の原理
 です。産地の農家の人の 「今の農家は収穫の当たり外れが命取りになるからね」 というつぶやきが真実を伝え
 ています。

 皆さんが生産者だとしたらどうしますか? 所得を少しでも増やすために高い値のつく外見の整った作物を収穫
 しようと農薬を撒く誘惑にかられるに人も多いのではないでしょうか。
                              残留農薬について
  ”残留農薬” いつ聞いてもいやな言葉です化学肥料、農薬の施肥技術等が土壌問題や生産技術の中心とな
 ってしまった近年、その代償として、アトピー性皮膚炎、小児喘息、花粉症といったアレルギー体
をつくり大きな
 社会問題となっています。

 農水省は農薬の残留基準をフェニトロチオン0.2ppm、マラチオン0.1ppm、など80余種の農薬についてだけ決めて
 います。 これは、穀類、野菜、果実に農薬が残留したことを暗に認めていることであり、また残留した農薬が体に
 蓄積していく事を考えると非常に恐ろしいことです。

                        柴山農園のお米について
 柴山農園では、口の中に入れる食品は安全でなければいけない・・・私自身の基本理念があります。出来るだけ
 農薬の使用を減らし、又は使用せず安全なお米を生産しています。生産農家の協力により・農薬削減等の栽培により
 栽培を委託しているお米もあります。農家直送のお米を一人でも多くの皆様に食べていただける事を希望します。 
                                                          柴山農園 柴山 誠
このページは農薬について私なりの考えを書いてみました、このページを公開するにあたり私自身
迷いました。真実は公開いし消費者の皆さんに判断していただくしかないと思います。

最後までぜひ読んで下さい。

農家のお米と農薬について