楽しいことわざ教室



楽しいことわざ教室 第147回(25-11-27)
楽しいことわざ教室 第146回(25-10-16)
楽しいことわざ教室 第145回(25-9-27)
楽しいことわざ教室 第144回(25-8-21)
楽しいことわざ教室 第143回(25-7-24)
楽しいことわざ教室 第142回(25-6-26)
楽しいことわざ教室 第141回(25-5-22)
楽しいことわざ教室 第140回(25-4-17)
楽しいことわざ教室 第139回(25-3-27)
楽しいことわざ教室 第138回(25-2-20)
楽しいことわざ教室 第137回(25-1-25)
楽しいことわざ教室 第136回(24-12-12)
楽しいことわざ教室 第135回(24-11-14)
楽しいことわざ教室 第134回(24-10-17)
楽しいことわざ教室 第133回(24-9-26)
楽しいことわざ教室 第132回(24-8-22)
楽しいことわざ教室 第131回(24-7-18)
楽しいことわざ教室 第130回(24-6-20)
楽しいことわざ教室 第129回(24-5-16)
楽しいことわざ教室 第128回(24-4-18)
楽しいことわざ教室 第127回(24-3-14)
楽しいことわざ教室 第126回(24-2-15)
楽しいことわざ教室 第125回(24-1-20)
楽しいことわざ教室 第124回(23-12-14)
楽しいことわざ教室 第123回(23-11-16)
楽しいことわざ教室 第122回(23-10-19)
楽しいことわざ教室 第121回(23-9-14)
楽しいことわざ教室 第120回(23-8-17)
楽しいことわざ教室 第119回(23-7-20)
楽しいことわざ教室 第118回(23-6-15)
楽しいことわざ教室 第117回(23-5-18)
楽しいことわざ教室 第116回(23-4-20)
楽しいことわざ教室 第115回(23-3-23)
楽しいことわざ教室 第114回(23-2-9)
楽しいことわざ教室 第113回(23-1-21)
楽しいことわざ教室 第112回(22-12-15)
楽しいことわざ教室 第111回(22-11-17)
楽しいことわざ教室 第110回(22-10-27)
楽しいことわざ教室 第109回(22-9-24)
楽しいことわざ教室 第108回(22-8-11)
楽しいことわざ教室 第107回(22-7-14)
楽しいことわざ教室 第106回(22-6-9)
楽しいことわざ教室 第105回(22-5-12)
楽しいことわざ教室 第104回(22-4-21)
楽しいことわざ教室 第103回(22-3-27)
楽しいことわざ教室 第102回(22-2-17)
楽しいことわざ教室 第101回(22-1-29)
楽しいことわざ教室 第100回(21-12-16)
楽しいことわざ教室 第99回(2009-11-11)
楽しいことわざ教室 第98回(2009-10-14)
楽しいことわざ教室 第97回(2009-9-9)
楽しいことわざ教室 第96回(2009-8-19)
楽しいことわざ教室 第95回(2009-7-22)
楽しいことわざ教室 第94回(2009-6-10)
楽しいことわざ教室 第93回(2009-5-16
楽しいことわざ教室 第92回(2009-4-15)
楽しいことわざ教室 第91回(2009-3-14)
楽しいことわざ教室 第90回(2009-2-18)
楽しいことわざ教室 第89回(2009-1-10)
楽しいことわざ教室 第88回(2008-12-10)
楽しいことわざ教室 第87回(2008-11-19)
楽しいことわざ教室 第86回(2008-10-22)
楽しいことわざ教室 第85回(2008-9-24)
楽しいことわざ教室 第84回(2008-8-27)
楽しいことわざ教室 第83回(2008-7-23)
楽しいことわざ教室 第82回(2008-6-18)
楽しいことわざ教室 第81回(2008-5-14)
しいことわざ教室 第80回(2008-4-23
楽しいことわざ教室 第79回(2008-3-19
楽しいことわざ教室 第78回(2008-2-20)
楽しいことわざ教室 第77回(2008-1-16
楽しいことわざ教室 第76回(2007-12-12)
楽しいことわざ教室 第75回(2007-11-21)
楽しいことわざ教室 第74回(2007-10-24)
楽しいことわざ教室 第73回(2007-9-22)
楽しいことわざ教室 第72回(2007-8-22)
楽しいことわざ教室 第71回(2007-7-18)
楽しいことわざ教室 第70回(2007-6-27)
楽しいことわざ教室第69回(2007-5-30)
楽しいことわざ教室第68回(2007-4-18)
楽しいことわざ教室第67回(2007-3-28)
楽しいことわざ教室第66回(2007-2-21)
「楽しいことわざ教室」(第65回)(2007-1-12)
故事成語と中国の歴史(第64回)(2006-12-22)
「臥薪嘗胆」(第63回)2006-11-22
鼎の軽重を問う」(第62回)2006-10-25
璧を完うする(第61回)2006-9-25
「刎頚の交わり」(第60回)2006-8-23
「管鮑の交わり」(第59回)2006-7-19
衣食足りて礼節を知る(第58回)2006-6-22
握髪吐哺(第57回)2006-5-22
采薇の歌(第56回)(2006-4-20)
覆水盆に返らず(第55回)(2006-3-15)
殷鑑遠からず(第54回)(2006-2-17)
鼓腹撃壌(第53回)(2006-1-20)
木を見て森を見ず(第52回)(2005-12-19)
病膏肓に入る(第51回)(2005-11-25)
鼎の軽重を問う(第50回)(2005-10-12
呉越同舟(第49回)(2005-9-29
臥薪嘗胆(第48回)(2005-8-17
天網恢恢疎にして漏らさず(第47回)(2005-7-20)
杜撰(第46回)(2005-6-22)
水清ければ魚棲まず(第45回)(2005-5-20)
春眠暁を覚えず(第44回)(2005-4-20)
逆鱗に触れる(第43回)(2005-3-16)
国破れて山河あり(第42回)(2005-2-16)
恒産無き者は恒心無し(第41回)(2005-1-20)
「伯楽」(第40回)(2004-12-22)
口は禍の門(第39回)(2004-11-17)
多士済々(第38回)(2004-10-19)
児孫の為に美田を買わず(第37回)(2004-9-15)
朝三暮四(第36回)(2004-8-23)
ミネルバの梟(第35回)(2004-7-21)
惻隠の心は仁の端なり(第34回)(2004-6-16)
先んずれば人を制す(第33回)(2004-5-14)
治に居て乱を忘れず(第32回)(2004-4-14)
驥尾に付す(第31回)(2004-3-10)
義を為すは毀を避け誉れに就くに非ず(第30回)(2004-2-18)
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(第29回その1) (2004-1-21)
戦戦兢兢(第28回その1) (2003-12-10)
多聞を友とするは益なり(第27回その1) (2003-11-12)
傷弓の鳥は虚発に落つ(第26回その1) (2003-10-22)
愚公山を移す(第25回その1) (2003-9-17)
遠水は近火を救わず(第24回その1) (2003-8-11)
才子才に溺る(第23回その1)(2003-7-11)
創業は易く守成は難し(第22回その1) (2003-6-13)
信無くんば立たず(第21回その1) (2003-5-16)
一片の氷心玉壺にあり(第20回その1)(2003-4-16)
杞憂(第19回その1)(2003-3-12)
大行は細謹を顧みず(第18回その2)(2003-2-18)
不惜身命(第18回その1)(2003-2-12)
日日に新たに(第17回その1)(2003-1-22)
画竜点睛(第16回その1)(2002-12-11)

推敲(第15回その1)(2002-11-12)
璧を完うする( 第14回その1) (2002-10-11)
株を守る(第13回その1)(2002-9-28)
捲土重来(第12回その1)(2002・8・16)
禅譲放伐(第11回その1)(2002・7・19)
合従連衡・鶏口牛後
(第10回その1)(2002・6・24)

不倶戴天と不退転(第9回その2)(2002・6・10)
他山の石(第9回その1)(2002・5・27)
呉越同舟(第8回その3)(2002・5・15)
五十歩百歩(第8回その2)(2002・5・9)
朝三暮四・温故知新(第8回その1) (2002・4・26)

乾坤一擲(第7回その5)
意味深長・興味津々(第7回その4)
順風満帆(第7回その3)
小泉語(第7回その2)
断腸(第7回その1) 
四書五経(第6回その2)
先ず隗より始めよ
(第6回その1)

三顧の礼・伯仲
(第5回その2)

四面楚歌(第5回 その1)
三方一両損
(第4回 その2)

漁父の利
(第4回 その1)

塞翁が馬(第3回 その2)
拙速(第3回 その1) 
故事成語(第2回 その2)
空山人を見ず(第2回 その1)
やさしいことわざ教室  第1回




やさしいことわざ教室のご案内


継続は力なり

              ことわざ、格言、四字熟語、故事成語と呼ばれるものの中には、
猿も木から落ちる』や『窮鼠猫を噛む』或いは『虎の威を借る狐』などのように、
ことば自体が意味の説明になっているもの
(いわゆる読んで字の如く)もあれば、
漁夫の利』や『隗より始めよ』或いは『四面楚歌』などのように意味は分かっていても、
どうしてそういう意味になるかは分からないものも多い。

例えば、『漁夫の利』とは、
と訊かれれば誰でも「第三者が利益を得ること」と答えるでしょう。
では、第三者が利益を得ることをどうして
『漁夫の利』というのかと訊かれたらどうでしょう。

 最近の新聞をざっと見ただけでも、
禅譲』『合従連衡』『四面楚歌』『呉越同舟』『乾坤一擲』『ルビコンを渡る
などの活字が躍っています。
以前、ロッキード事件のとき、小佐野賢治氏が田中角栄首相との関係を訊かれ、
刎頚の友』と答えて話題になりました。
また、最近では外務省の疑惑で、田中真紀子外相が、
「『泣いて馬謖を斬る』こともありうる」と言っていました。
 
同じ、テレビでニュースを観るにしても、新聞を読むにしても、
これらのことが分かっているか、いないかで、随分ちがいます。
よく「漢文は難しいから」ということばを聞きます。
実は、私もそう思っていました。
これではいけないと思い立って、勉強を始めたのが45歳のときです。

 やってみて感じたのは、世の中がパーッと開けたということです。
そこで、この教室では、今までの自分の経験を生かして、分かりやすく、ゆっくりと、
そして『
継続は力なり』をモットーに、みなさんと一緒に勉強していきたいと思います。

平成13年9月26日

やさしいことわざ教室  第1回へ



トップページへ

楽しいことわざ教室 第135回(平成24年11月14日)へ