「格言・故事成語」講座(2

 四字熟語以外の『論語』由来の成語



(その12) 吾十有五にして学に志す

『論語』為政にある次のことばが出典です。

子曰、
吾十有五而志于学。
三十而立。
四十而不惑。
五十而知天命。
六十而耳順。
七十而従心所欲、不踰矩」。


子曰、
「吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑はず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(したが)ふ。
七十にして心の欲する所に従へども、矩(のり)を踰(こ)えず」。


[要旨]
孔子が一生を回顧して、その人間形成の過程を述べたもの。


[口語訳]
子曰く、、
「私は十五歳のとき学問に志を立てた。
三十歳になって、その基礎ができて自立できるようになった。
四十歳になると、心に迷うことがなくなった。
五十歳になって、天が自分に与えた使命が自覚できた。
六十歳になると、人の言うことがなんでもすなおに理解できるようになった。
七十歳になると、自分のしたいと思うことをそのままやっても、
人の道を踏みはずすことがなくなった」と。
(『論語』・旺文社)



し‐がく【志学
1:学問に志すこと。
2:[論語為政「吾十有五而志於学」]15歳の称。

じ‐りつ【而立
[論語為政「三十而立」]30歳の称

ふ‐わく【不惑
1:[論語子罕]まどわないこと。
2:[論語為政「四十而不惑」]年齢40歳をいう。

ち‐めい【知命
1:天命を知ること。
2:[論語為政「五十而知天命」]50歳の称。

じ‐じゅん【耳順
[論語為政「六十而耳順」]
(修養ますます進み、聞く所、理にかなえば何らの障害なく理解しうる意)
60歳の異称。

(『広辞苑』)



戻る→