「格言・故事成語」講座(2

 四字熟語以外の『論語』由来の成語



(その32) 直きこと其の中に在り

『論語』子路にある、次のことばが出典です。

葉公語孔子曰、
「吾党有直躬者。其父攘羊、而子証之」。
孔子曰、
「吾党之直者、異於是。父為子隠、子為父隠。直在其中矣」。


葉公(しょうこう)孔子に語(つ)げて曰く、
「吾が党に直躬(ちょっきゅう)といふ者有り。
其の父羊を攘(ぬす)みて、子之(これ)を証せり
」。
孔子曰く、
「吾党の直(なほ)き者は、是に異なり。父は子の為に隠し、
子は父の為に隠す。直きこと其の中に在り」と。。


[要旨]
父子の間では、道理よりも情愛が大切である。


[口語訳]
葉公が孔子に(自慢そうに)話しかけて言った、
「わたしの村に正直者の躬という男がいます。
その(男の)父親がよそから迷いこんで来た羊を自分のものにしたのを、
子でありながら、父が盗んだと証言したあのです」と。
孔子が言った、
「わたしの村の正直者はいまの話の正直者とはちがっています。
父は子のために(その罪を)隠し、子は父のために(その罪を)隠すのです。
(隠すということは、一見不正直のようですが、
これが父子の情愛の自然であって)正直ということは、
その互いに隠しあうことの中にそなわっているのです」と。


[語句]
「党」;村
直躬」:正直者の躬。




(参考)

現在、わが国の刑事訴訟法では、自己の配偶者、三親等内の血族、
二親等の姻族などについては、その人が刑事訴追を受け、
または有罪判決を受けるおそれのある証言はこばむことができることになっている。

(『論語』・旺文社)



「福岡攻玉木鶏クラブ」(23年8月例会)へ

戻る→