「格言・故事成語」講座(2

 四字熟語以外の『論語』由来の成語



(その55) 詩に興り、礼に立ち、楽に成る

『論語』泰伯にある、次のことばが出典です。

子曰、「興於詩、立於礼、成於楽」。


子曰く、「詩に興(おこ)り、礼に立ち、楽(がく)に成る」と。

[要旨]
詩と礼と音楽の三つが大切な教養である。


[口語訳]
子曰く、「詩を学んで人としての心をふるい起こし、
礼を学んで人としての行いを確立し、
音楽を学んで人間を完成させるのである」と。


[語句]
「詩」:『詩経』に収められている古代の詩。
(『論語』・旺文社)



「福岡攻玉木鶏クラブ・平成22年6月例会」へ戻る

戻る→