S田さんは「衣食足りて礼節を知る」の出典となった管子牧民篇を発表しました。


管子牧民篇

(およ)そ地を有(たも)ち民を牧(ぼく)する者は、
(つと)め四時に在り、守り倉廩(そうりん)に在り。
国、財多ければ則ち遠き者来(きた)り、
地、僻挙(へききょ)すれば則ち民留処(りゅうしょ)し、
倉廩実(み)つれば則ち礼節を知り、
衣食足れば則ち栄辱を知り

(かみ)、度を服すれば則ち六親(りくしん)固く、
四維(しい)張れば則ち君の令行なわる。
故に刑を省くの要は、文巧(ぶんこう)を禁ずるに在り、
国を守るの度は、四維を飾(ただ)すに在り、
民を順(おし)うるの経(けい)は、鬼神を明らかにし、
山川(さんせん)を祗(つつし)み、宗廟(そうびょう)を敬(うやま)い、
祖旧(そきゅう)を恭(うやうや)しくするに在り。
天の時を務(つと)めざれば則ち財生ぜず、
地の利を務めざれば則ち倉廩盈(み)たず。
(や)、蕪曠(ぶこう)なれば則ち民乃(すなは)ち菅(いとな)む。
上に量無ければ則ち民乃ち妄(ぼう)に、
文巧(ぶんこう)禁ぜざれば則ち民乃ち淫に、
両原(りょうげん)を障ふさが)がざれば則ち刑乃ち繁(しげ)し。
鬼神を明らかにせざれば則ち陋民(ろうみん)(あらた)めず、
山川を祗まざれば則ち威令聞こえず、
宗廟を敬わざれば則ち民乃ち上校(じょうこう)し、
祖旧を恭しくせざれば則ち孝悌(こうてい)(そな)わらず。
四維張らざれば、国乃ち滅亡す。




戻る