舟に刻んで剣を求む

「時勢の変化に気がつかず、
いつまでも古いしきたりを墨守する愚かさを喩える成語で、
『呂氏春秋』に出てくる寓話です。



楚人有渉江者。
其剣自舟中墜於水。
遽刻其舟曰、
是吾剣所従墜。
舟止。
従其所刻者入水求之。
舟已行矣、而剣不行。
求剣若此。不亦惑乎。


楚人(そひと)に江(こう)を渉(わた)る者(もの)(あ)り。
(そ)の剣(つるぎ)舟中(しゅうちゅう)(よ)り水(みず)に墜(お)つ。
(にわ)かに其(そ)の舟(ふね)に刻(きざ)みて曰(いは)く、
「是(これ)(わ)が剣(つるぎ)の従(よ)りて墜(お)ちし所(ところ)なり」と。
(ふね)(と)まる。
(そ)の刻(きざ)みし所(ところ)の者(もの)(よ)り水(みず)に入(い)りて之(これ)を求(もと)む。
(ふね)は已(すで)に行(い)けり、而(しか)も剣(つるぎ)は行(い)かず。
(つるぎ)を求(もと)むること此(かく)の若(ごと)し。亦(ま)た惑(まど)いならずや。


口語訳

楚の人で、長江を渡った者がいた。
その剣が舟の中から水に落ちた。
すると、あわてて舟に目印を刻んで、
「わしの剣が落ちたのはここだぞ」と言った。
やがて、舟が岸に着いて止まった。
すると、彼は舟に刻んだ目印のところから水に入って剣を探した。
舟は動いてしまっている。しかし、剣は動いていない。
だのにこのようにして剣を探すとは、なんとたわけたことではないか



『中国の故事と名言五〇〇選』(平凡社版)による。



刻舟(こくしゅう)舟に刻む
刻舟求剣(こくしゅうきゅうけん)舟に刻んで剣を求む

株を守るとの比較)

守株(しゅしゅ)株を守る
守株待兎(しゅしゅたいと)株を守って兎を待つ


戻る→