鹿柴   王維


空山不見人
但聞人語響
返景入深林
復照青苔上


鹿柴
(ろくさい)   王維

空山(くうざん)(ひと)を見(み)
(た)だ人語(じんご)の響(ひび)きを聞(き)くのみ  
 返景
(へんけい)深林(しんりん)に入(い)
(ま)た青苔(せいたい)の上(うえ)を照(て)らす


口語訳

木の葉が落ちつくしてひっそりと静まりかえった
山の中に人かげは見あたらない。
しかしどこからか、わずかに人の声が聞こえてくる。
夕日の照り返しが奥深い林の中へとさしこんで、
みどりの苔を照らし出している。

王維(701-761)

盛唐の大詩人。
南画の祖として山水画をよくした、
書家としても知られ、音楽にもすぐれていた。
熱心な仏教信者で「詩仏」と称せられた。
陶淵明の流れを受け継いで「自然詩」を完成した。
蘇軾は王維の詩と画とを評して
詩中に画有り、画中に詩有り」と述べている。



古典解釈シリーズ 『漢詩』 旺文社 による

本文へ→