楽しいことわざ教室  第18回(その2)

大行は細謹を顧みず



このたびの小泉首相の「大したことない」発言は、
一国の首相の言動について、さまざまな物議を醸しました。

熊日の記事によると、小泉首相は、
首相としては、もっと大きなことを考えなければならない。
大きな問題を処理するにはこの程度の約束を守れなかったのは大したことではない

と堂々と開き直った、とあります。

ことの善し悪しは抜きにして、この記事を見て、
大行は細謹を顧みず、大礼は小譲を辞せず
ということばを連想しました。

また、この発言し関しての、
一度言ってしまったものは、撤回してもしょうがない
という首相のことばからは、
綸言汗の如しを思い浮かべました。



福岡攻玉木鶏クラブ(26年3月例会)へ

ことわざ教室第19回(その1)へ

楽しいことわざ教室(まとめ)へ