国際空手道連盟 極真会館について

 連盟概要

国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真の理念を礎とし、
極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかり、社会貢献を遂行するものである。さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、
宗教、性別、年齢などによる偏見や差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。


 連盟規約

名称
当連盟の名称は"国際空手道連盟"とする。"国際空手道連盟"と"極真会館"は、極真空手道を推進、普及させる目的において表裏一体である。
創始者及び代表者
1.創始者:国際空手道連盟極真会館及び極真空手道の創始者は、大山倍達(1923〜1994)である。
2.代表:当連盟の代表者は極真会館の館長を兼ねる。
3.代表者名:当連盟の代表者は松井章圭である。
総本部
当連盟の総本部の所在地は日本国東京都とし現住所は、
〒171-0021東京都豊島区西池袋2-38-1
TEL:03-5992-9200/FAX:03-5992-9600
目的
極真空手道を通じての武道教育をもって、社会貢献を実現する。
国際交流を持って、全世界の平和友好を推進する。
連盟規模
<国内>
総支部数:101ヵ所(含む、本部直轄道場)
総道場数:900道場(含む、同好会)
実働会員数:50,000人
累計会員数:600,000人
  ※2010年現在
<海外>
総支部数:170ヵ所
総道場数:6,500道場
実動会員数:800,000人
累計会員数:12,500,000人
  ※2010年現在

道場訓



大山倍達総裁 座右の銘十一箇条




 極真の歴史(国際空手道連盟極真会館公式サイト)