TOPページ

長台鉋の定規当て画像

長台鉋の販売

長台鉋は台の全長を40センチほどにして、通常の鉋よりも直線を削り出す事に重点を置いた仕様になっています。

長台鉋の使い方は、板接ぎ面の削り、建具の障子の柱付の削り付や、テーブル天板の板接ぎの目違い削りなど、ここぞと言う部分にに重宝し、作業の効率化を進めます。

当店の長台鉋は擦り台仕様です、必要が無い時は注文時、擦り台無と指定下さい。

長台鉋に対応した鉋刃と価格

長台に対応できる鉋刃は鉋コーナーの下記になります。
  • 芳楽作の、黒龍、彩華、火神、健介の、寸4〜寸八
  • 山口房一作の、京乃極、鍛炎、新陰流、その他で、サイズは寸八のみ
販売価格
鉋の表記の値段から 3500円
直ぐ使い価格
鉋の表記の値段から4000円

擦り台仕様

長台鉋は板接ぎに使われる事が多いですが、その際台の下端と側面を直角に作ります。
削り台に触れる部分は摩耗もしますし直角も狂いますので、
修正しなければなりません。

修正のため下記画像の点線の部分を広くした作りを長台鉋の擦り台仕様と言います。

擦り台付は右側が広くなっていて、側面の直角の台直しをしても、青い線より外の部分が狭くならない作りになっています。

尚、擦り台を使うのは、比較的薄い板や短尺、小物類です。
長台の擦り台の特徴

上手く使うための注意点

台の狂い

台の長さが長くなった分台の狂いも大きくなります。また、台直しもデリケートにり、ちょっとした台の動きや摩耗が長台鉋の調子を狂わせます。季節の湿度の影響も受けやすくなります。長台鉋を狂い難くする注意点は、やはり外気に当てり、湿度の変化をできるだけ少なくする事、また本土変化の少ない環境に保管する事です。作業が終わると直ぐに直す事が上手く使うための注意点でもあります。

長台の台直し

台の下端の直しは、長台鉋では4点付と言われ、台尻と刃口は普通の鉋と同じで、台頭は、台尻と刃口のラインに下端定規を当ててその延長線上の台頭も当たる様にします。包みの部分は下端定規にわずかに触れない程度にします。
ただ、この作業を台直し鉋で作業するのは難しく、ある程度の長台鉋の下端直しが出来た時点でガラスにサンドペーパーを貼り付けた上で軽く擦るだけで、理想の下端になります。
ガラスとサンドペーパーは鉋の調整関連品 のコーナーの中にあります。

その点を頭に置いて使用すれば、その性能を発揮して、必要としている作業を効率ようく行えます。

長台鉋の削り台

擦り台付で板接ぎのコバ面を削る場合、削り台の側面に一段下がった部分に長台鉋を乗せるための角材を取り付けます。


角材を取り付けるためには、削り台の厚みが55ミリから60ミリほどは必要になります。

画像では角材部分は薄いですが、厚い方が望ましいです。

この角材は長台鉋が擦って行くため、長期的には修正も必要になったり交換したりするために
ネジ止めとしています。

また、材料を止めるストッパー(羽虫)から後ろは赤の点線のように長めに作るのが望ましいです。
当方では作業台と通路の関係で赤の点線よりも短くしてます。
慣れてくれば短くても問題なく使えるでしょう。

ご自分に合った削り台の使い方を考え、作業しやすい環境を作ってください。



長台鉋の削り台


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
注文からお届けが早い!
メール注文はこちらから   cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
詳しいご購入案内   
大工道具の問い合わせ窓口

店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓