TOPページ色々な大工道具



    カネタケ印 白柿、右  5800円 在庫有
    カネタケ印 白柿、左  5800円 在庫有
大工道具、ご購入案内

お急ぎの方は TEL0956-46-0903 注文は簡単です。品名、お届け先など伝えれば迅速発送
夜のお電話ご注文は、080-5247-6198 店主の携帯へつながります
 
白柿(白引)は、精密な加工をする場合の罫書きに使用する大工道具で木工作業の胴付き部分のケガキに必需品。

重過ぎず持ちやすい、実用本位のシンプルな形状で鑿と同じように、切れ味はとても良いです

鉛筆より細く腺が引く事が可能な大工道具で正確に鑿を入れるための位置決めができ主に指物関係の方が使う道具です
又、鈍角気味に研いで使い、胴付き鋸の正確な鋸挽きのガイド溝に使います

白柿は右だけでもよいですが左右二本あると便利で剣先などの刃物でも左右使えますが、独立して左右ある方が断然使いやすいです

巻金と一緒に使うと正確に直角に罫書ができますので、その後鑿や、鋸など大工道具で加工して正確な導付き部分を作ります。
白柿は白引とも言う
日立金属、安来鋼 白紙 炭焼入れ
大工道具、白柿(白引)



大工道具、白柿(白引)の各部寸法


 白引の研ぎ方

刃先の角度は鉋刃よりも浅い程度で、研ぎの工程は一般的な大工道具の研ぎ方と同じ工程です。

留めにケガキを入れ、胴付き鋸を入れる時は、専用に鋸刃の入る程度の溝になるように、厚めに研いでおく

刃は、鉋鑿と同じように研ぎ刃をつける

裏の研ぎは、鑿と同じように平面

裏は材料に刺さりこむ部分(緑の丸の部分)を除いて、画像のように裏を少しつぶしておく(青の点線程度、裏を立ててつぶす) 

 白引裏の研ぎ上がり

裏の刃は、刃だけ残し、あとの部分は中砥石でつぶします

下の画像は白引(白柿)裏を見た所、先を除いてつぶしてあり、白く見えている
 白引、横から見たところ

切れる刃先は、材料を切ってケガキ印しを付ける
刃先以外の切れない部分は、ステン定規に沿って擦って行く
 定規に乗り上げ注意

もし全体が切れるなら、焼きが入った硬い刃先は、
けがいている途中、定規の側面に食い込んで、定規の上面に乗り上げてきます

特に薄い定規、木製定規ならなおさらです

乗り上げた場合、指先を切る場合があります

又、定規の一番大事な、側面を傷つける恐れがある

白引、引き方

白引(白柿)は、片刃ですので、定規側に寄って行こうとする性質があります
一度に強く引くと、左に寄る白引に押されて定規の位置が下に行くほど左にずれてしまいます

試しに定規を使わず木に直角に白引を当てて、目を閉じて、白引を引いてください、
真っ直ぐ引いているようでも、引くに従い、左に曲がって線が引かれていくと思います

引く時は、一度に引かず、2回に分けます
最初は軽く引きます(赤い矢印の線
二度目は、最初の白引で出来た溝に沿って行きますので、強めに引いても大丈夫です(青の矢印
緑の矢印は、白引を二度目に止めたところ
けがく場所によって、強さは加減してください

一度引かれた白引の腺は、意外と深く、鉋で削って取っても、なかなか取れません、注意してください
精密な作業を行うには無くてなならない大工道具、一本揃えて下さい。