大工道具の曼陀羅屋

 大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀
コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話
曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
  大工道具、毛引コーナー

TOPページ >毛引コーナー

毛引コーナー

建具氏、指物氏はいくつもの毛引きを使い分けます、正確な作業を行う方は必要に応じて数を揃えます。

筋毛引は材料に平行に浅い溝を引き、鋸の線や鑿を入れる線を正確に引きます。竿は反対側を加工して鉛筆を取り付ける事もできます。

二本竿毛引は、刃先が前後にありますので、平行に同じ長さに筋を引く時は傾けを前後に変え二度引きます
鎌毛引は筋毛引きと同じように筋を引け、筋毛引きより深い溝を付ける事ができます。 また、刃が二本収納されていて平行に線を付ける事ができます

その他、割り毛引もあります。割り毛引きの刃の販売も行っていますので、お問い合わせ下さい。

毛引も刃物ですので、刃先は砥ぎます。鉋と同じく台があり台は反りますので台面はスクレイパーや立ち鉋で平面を調整します。定規面を直していない面は定規を当てると凹んでいることが分かります。
 表示価格は税込です。


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
注文からお届けが早い!
メール注文はこちらから   cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
詳しいご購入案内   
大工道具の問い合わせ窓口

松井精密二丁鎌毛引マグネット入
黒檀張、小100ミリ 13000円 在庫有
黒檀張、大150ミリ 13600円 入荷待
黒檀張、大150ミリ 巾広 16000円 在庫有

マグネットの効果で二本の刃の位置を決めやすくなっています。なしや製作の台は竿を繰り出してもがたつきがありません。黒檀張で金四郎に代わる精度があります。

松井精密ダブルロック式鎌毛引
150ミリ     16000円 在庫有
150ミリ(巾広) 17000円 入荷待

松井精密二丁鎌毛引は金四郎と同じく高精度な高級品、竿は精密研磨されたステンレス製で、竿を止めるネジはシンチュウ削り出しです。
先端は対磨耗性の優れたハイス系の鋼で出来ています。
台は白樫で、竿のコグチがなく台直しがしやすい。
刃と刃の間を固定したまま、台からの距離が自由に変えられる優れた性能。マグネット入りより更に使いやすい。なしや製作の台は竿を繰り出してもがたつきがありません。

松井精密副尺付鎌毛引 (ふくしゃくつき、かまけひ)
100ミリ   14500円  入荷待
150ミリ   14500円  入荷待
寸目5寸  14500円  在庫有

竿長さ100ミリ、寸目3寸、5寸は取り寄せです、同価格
松井精密製のノギスの竿を埋め込み、先端に青紙スーパー鋼の刃を付けた鎌毛引

図面などから数値が決まっている場合など、副尺が付いているため、ノギスの精度でその数値を正確に毛引きをかける事ができる ゼロ調整機能付 なしや台、黒檀埋め込み

大工道具、一本竿毛引 梅心子付き一本竿毛引
白樫製  2100円 在庫有
白樫製左 2360円 在庫有
黒檀張  3300円 入荷未定

白樫製、毛引刃1本 焼きの入った炭素鋼で本刃付き(梅心子作) 

基本的な毛引きです、数本ご用意頂き使い分ける事をお勧めします。

木工作業では、同じ数値で罫書く事も多く、何度も竿を動かすとその誤差が広がっていきます。基本となるような筋は毛引きを最初に決めて、その数値をキープして置きましょう、そのためにも数本あると便利、最低1本は揃えましょう。

全体が白樫と、白樫に黒檀を埋め込んだ二種類をご用意、黒檀張りは磨耗が多い部分に埋め込んでありますので、その部分の減りを少なくしてくれます。

他の大工道具としての便利な使い方としてベニヤ板も切り離せます。
2.5ミリのベニヤ板ぐらいでしたら、両側から筋を入れるとそれだけで切る事ができます。4ミリのベニヤ板でもだいたい切り離す事もできます
切れない場合は、鋸を入れるか、カッターを入れても直ぐに切り離す事が出来るでしょう。

大工道具、毛引コーナー 二本竿毛引 梅心子付き二本竿毛引
2860円   在庫有

白樫製 特注刃は焼きの入った炭素鋼 本刃付(梅心子作) 毛引刃2本

この毛引きは、前後にずれて竿が差し込んでありますので、一度に平行に毛引きをかけると、ずれて筋が引かれます。
前に傾けて、先の竿の刃を使い筋を引き、後に傾けて、手前の竿の毛引き刃を使い筋を引きます。

この二本の竿を使い分けると能率的に罫書く事のできる大工道具です。
台手前のネジを少し緩め、竿の先を小さい玄能で叩き微調整します、手前のネジを締めて竿を完全に固定します。
罫書く前にテストの材料を使い筋を引いてみて、罫書寸法が間違いなければ実際に使う材料に筋を罫書きます。


優美堂、割り毛引 (わりけひき)
4800円  在庫有

筋を入れる言もできますが、名前の通り板を割る事ができます。毛引きの中で一番大きなタイプになり以前は建具職の方が組子を割って巾の揃った組子作りなどに使用しました。刃の幅は15ミリで筋を一番深く入れる事ができる毛引きです。



鎌毛引用、真鋳ネジ (かまけひきようしんちゅうねじ)
300円   在庫有

これより下の鎌毛引きのオプションの品、ネジのみの価格です。
ネジを付け替えると高級感がアップします。
柔らかい真鋳なので、ネジの先が毛引刃に密着しやすく、締め込んだ時の刃の動きが減ります。

大工道具の優美堂二丁鎌毛引 優美堂二丁鎌毛引
小 竿長100ミリ 2650円  在庫有
大 竿長150ミリ 2750円  在庫有

刃は焼きの入った炭素鋼 本刃付き(梅心子作) 白樫製 毛引刃2本

筋毛引きよりも深い筋を付ける事が出来るのが鎌毛引きです、刃が二本付いており平行に罫書く事ができる機能がある大工道具です。

刃は先端が直角に曲がった部分に付いていますので、入り隅などの部分に罫書き筋を入れるのにも適しています。上部の蝶ネジを緩め、二本の竿刃を出し入れして刃を蝶ネジで固定して使用します。

刃には裏透きも入っていますので、砥石で軽く裏押しして、研ぎ上げて下さい。もちろん刃は一本でも使う事が出来ます、刃は二本とも完全に台の部分に収納する事が可能です。

二本同時に使うには、刃の先端の高さを揃えなければなりませんので、刃を研いで、どちらか刃の高さが高い方を研ぎ減らして、高さを揃えましょう、そうしないと罫書いた時に筋の太さが変わったり、高さの違いが大きいと。定規面と刃が密着しなくなり、使いにくくなってしまいます。

優美堂 赤樫張二丁鎌毛引
右小  3900円  在庫有
右大  4000円  在庫有

左小  4300円  在庫有
左大  4400円  入荷待

サイズ大 竿長150ミリ(全体)、台高57ミリ、台長110ミリ
サイズ小 竿長100ミリ(全体)、台高57ミリ、台長 90ミリ
磨耗しやすい部分に赤樫を埋めてあります

一本さ毛引きの黒檀張りと同じように磨耗に強い赤樫を埋め込んだタイプです。機能的には白樫製と同じ使い方が出来ます。

こちらの方は、大小のサイズと共に左勝手仕様をご用意しています。
使われる方によっては左勝手があった方が良い方もおられます。
それと左利きの方にはやはり、左勝手のほうが使い易いそうです。

確かに竿の長い大の方が使い勝手が良いですが、建具職の方が現場で使用する時など小が大工道具箱の中でもかさばらず良いようです。

優美堂 幅広赤樫張 二丁鎌毛引
ゆうびどうはばひろあかがしばりにちょうかまけひき

右小  5500円  在庫有
右大  5700円  在庫有

左小  6000円  在庫有
左大  6200円  在庫有

サイズ大 竿長150ミリ(全体)、台高78ミリ、台長110ミリ
サイズ小 竿長100ミリ(全体)、台高78ミリ、台長 90ミリ
磨耗しやすい部分に赤樫を埋めてあります

こちらの製品は、定規となる面が下に伸びていますので、普通の鎌毛引きよりも、使用時にぐらつかず安定感の高い所が他の製品と違う所で利点です、材料の幅が広い分価格が高くなっていますが使い勝手が良くこちらの幅広の方が店主のお勧めです。

金四郎鎌毛引
平成25年現在廃業なさいましたので入荷できません。高精度の鎌毛引をお買い求めの場合は、松井精密ダブルロック式鎌毛引をお勧めいたします、ダブルロックの方がお安くもなっています。
  • 国内で毛引き作りでは一番手丁寧な仕事をするのが金四郎です。
  • 金四郎はその他の大工道具も作る職人でもあります。
  • 刃の研ぎ、裏押しなども終わらせて、直ぐに使える状態になっています。その分手間がかかっており価格が高くなっています。
  • ネジの部分は削り出しの真鍮製で高級感があります。
  • 白樫の本体に減りやすい部分は赤樫を使用、毛引刃は2本
  • 下記の左画像は一本竿毛引きで比較のため置いてみました。



大工道具の金四郎作 二丁鎌毛引 大 金四郎作 二丁鎌毛引 大
販売済

台長さ約112×高52×厚25mm 竿を含む巾145mm

金四郎作 巾広台 二丁鎌毛引 小
販売済

台長さ約 95×高65×厚25mm 竿を含む巾 90mm

大工道具の金四郎作 巾広台 二丁鎌毛引 大 金四郎作 巾広台 二丁鎌毛引 大
販売済

台長さ約112×高65×厚25mm 竿を含む巾145mm

大工道具の金四郎作 二丁鎌毛引 小 金四郎作 二丁鎌毛引 小
販売済

台長さ約 95×高52×厚25mm 竿を含む巾 90mm

鎌毛引刃の研ぎ方

鎌毛引は刃の部分が長く、そして曲がっているために研ぎにくいと思います。
その部分を上手く研ぎあげるには、できるだけ一定に角度を保つかと、金属製の竿の振れをなくすことだと思います。上記の事を完全になくす事は難しいですが、何度も研ぎを重ねると鎌毛引きの研ぎも上手くなると思います。

砥石が硬く研磨力があり、ガタガタと突っ張らない砥石が良いでしょう。
突っ張るようなら、同じ粒度の研磨剤をまいて滑りを良くします。

角度を保つ
画像は外刃を研いでいるところです。
角度を保つには砥石と、したの台の部分を平衡ににして、角度が決まったところに毛引きの竿があたるようにして角度を保ちます。
砥石面の刃が当たる部分が一定の位置なら面が綺麗にあたるはずです。

左手はこの状態で適当な位置に乗せて研ぎます。
一番下の台の角が上手く滑らないと竿が引っかかって上手く研げませんので、金属製の台や、台に紙製のガムテープなどを貼って滑りを良くします。

慣れれば指で角度を保ち研ぎます。

同じ位置で研ぎますので、砥石が一か所だけ凹むことになりますので注意してください。
 鎌毛引きの刃を角度を保つ

竿の振れをなくす
私の場合鎌毛引の内刃は画像のようにして研いでいます。
角度を完全に決めるのは難しく正直に言って少し丸刃になっています、まあ使うには支障はなく刃先の角度が決まれば切れますのでそれで良いと思います。

竿が高く立っていますので、この振れをなくして研ぐ事は難しいと思います。
振れをなくすには押し研ぎだけの一方通行の研ぎが良いでしょう。
ただ、研ぎの時間はかかりますね。研ぎの時間を少なくするには、焼結ダイヤモンド砥石#800などを使います。

竿の振れをなくす為に一方通行の研ぎ



↓ ↓ 購入時プレゼント ↓ ↓
大工道具プレゼント