大工道具の曼陀羅屋

 大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀
コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話
曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp

TOPページ >鑿コーナー

鑿コーナー

鑿(のみ)は大工道具を代表する一つです。種類も多いですが、それだけ使用頻度も高い必要な道具です。外れない切れ味の鑿(のみ)を種類ごとに各サイズ常時在庫、リーズナブルな組のみセットから銘工の品まで豊富に取りそろえています。

店主の私も実際大工道具を使い無垢材を使って家具を作りますが、その時に色々な鑿(のみ)を使います。そんな店主が取り揃えた品々です。

 表示価格は税込です。
  通販の詳しい説明→ 大工道具、ご購入案内 

急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903  出ない時 080-5247-6198

簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文記載→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、銀行振込、カード)

追い入れ鑿

基本的な鑿で、大工の造作から木工作業まで、長さが22〜23センチ。

助丸追入ノミ (すけまる おいいれ)

1分〜6分、8分、1寸の単品での販売でセットでの販売はありません。
詳細ページで価格表示しています。価格を押さえた木工愛好家向きの品。通常常時在庫品

善正 白紙鋼追入組鑿(のみ)セット (ぜんしょう
白紙鋼10本組 55200円  在庫有

新潟の鑿、善正作で薄めの作り。 安価品は不安、このくらいの価格帯は必要と思います。紙箱入 安来鋼白紙 黒裏赤樫柄 。

善正 青紙鋼追入鑿(のみ)セット
  • 10本組 64600円 在庫有
  • 各サイズ単品在庫有
新潟の鑿で善正(ぜんしょう)作、少し薄めの作り。 桐箱入 安来鋼青紙 黒裏白樫柄一段上の品より粘りのある鋼です。  

正繁 追入鑿
  • 3mm(1分) 赤樫柄 5900円 在庫有
  • 12mm(4分) グミ柄 6500円 在庫有
(まさしげ)播州型仕上の正繁(まさしげ)追入鑿で同関東型の正繁鑿と同じ鍛え方、店主も安心して推薦できます。

風雪田斎追入組鑿
  • 白樫柄10本入 在庫有
(ふうせつたさい)三条の田斎のみ製作所製、青紙二号鋼使用
黒裏、白樫柄、槌目カツラ付き、品質の高い高級専用桐箱

カネタケ追入鑿 高橋作、追入組鑿(のみ)セット
  • 黒裏 10本組 在庫無
  • 黒裏 1.5mm(5厘) 8500円 入荷待
  • 黒裏 3mm(1分) 7850円 在庫有
  • 黒裏 9mm(3分) 8250円 在庫有
  • 黒裏 12mm(4分) 8540円 在庫有
  • 黒裏 15mm(5分) 8960円 在庫有
  • 黒裏 21mm(7分) 10650円 在庫有
  • 黒裏 24mm(8分) 11650円 入荷待
  • 黒裏 36mm(1寸2分) 14500円 在庫有
  • 黒裏 42mm(1寸4分) 16480円 在庫有
(たかはしさく)当店お勧めの品が高橋作の追入鑿(のみ)の組のみセット。 黒打鑢仕上 桐箱入り 炭焼入 同業の鍛冶も認める確かな切れ味

高橋作、埋木追入鑿10本組 (うめきおいいれのみ)
入荷未定

当店お勧めの高橋作の追入10本組の断面が三角タイプ、  黒打鑢仕上桐箱入り 炭焼入。緻密な作業、内部造作などの作業に。

刀守墨流追入鑿 (たちもりさく)
  • 10本組     125500円 在庫有
  • 大工向6本組  78100円 在庫有
  • 木工向6本組  68200円 在庫有
  • 単品有
黒と銀のコントラストが強い木目模様。黒檀柄、銀色手落ちハカマ、黒槌目カツラ付き 青紙鋼のタフな切れ味

本銘田斎、追入鑿10本組 
  • 磨仕上 黒裏透 在庫有
  • 黒仕上 磨裏透 在庫有
(ほんめいたさいさく、おいいれのみ) 三条の田斎のみ製作所製、甲の部分は銑がけし、全体をヤスリ仕上げが施された品で風雪より価格は上です。赤樫柄、槌目カツラ、槌目ハカマ付、桐箱付

本銘田斎、追入鑿10本組 
  • 磨仕上 黒裏透 在庫有
  • 黒仕上 磨裏透 在庫有
(ほんめいたさいさく、おいいれのみ) 三条の田斎のみ製作所製、甲の部分は銑がけし、全体をヤスリ仕上げが施された品で風雪より価格は上です。赤樫柄、槌目カツラ、槌目ハカマ付、桐箱付

明田斎、松樹千年(しょうじゅせんねん) 
  • 首長追入10本組鑿 在庫有
  • 価格問い合わせください
田斎鑿のご主人、明夫氏の名前の「明」の刻印が入る積層の地金を使った木目が入る鑿で、通常の追い入れ鑿より5分首長の仕様。

あると便利な鑿

普通の鑿では加工しにくい部分に下記のような便利な鑿があると、正確に加工ができ作業がはかどります。
木成平待鑿 木成平待鑿
  • 在庫少、入荷未定
(きなりひらまちのみ)高橋和己作(平成29年にお亡くなり現在は後継ぎの典三氏が製作されています)、裏面の平面精度の高い鑿。叩、く突く、木工作業の正確な作業に。応用性があり色々な作業に役に立ち、私も多用する頼りになる鑿。全長28センチ

埋め木鑿 埋め木鑿
  • 2分  入荷未定
  • 3分  9300円 在庫有
  • 4分  入荷未定
(うめきのみ)高橋典三作、安来鋼白紙2号炭焼き入れ。埋木、蟻、ダブテール。90度より小さい角度の角処理に使う鑿。この鑿を使うと穴の角処理が容易。直線部分は普通ののみで良い。

底さらいのみ 底さらいのみ
カネタケ 5700円 入荷待
赤樫柄  3850円 在庫有

高橋和己作(平成29年にお亡くなり現在は後継ぎの典三氏が製作されています)、安来鋼白紙2号炭焼入。深いホゾ穴の角は屑が溜まり易く取り除き難いところでその部分の底のかき出しと仕上げに使う道具。

叩鑿

叩き鑿(厚)は大工職の方が使う鑿で、家の構造材を加工する時に使う時に使う。全体の長さは約30センチ、穂9センチ、軸6センチ。組ノミセットは、5分、8分、1寸、1寸2分、1寸4分、1寸6分

叩鑿 高橋特殊鑿製作所、叩ノミ
  • 5分〜寸六、単品有ります
  • 6本組桐箱入入荷未定
カネタケ印、他の大工道具産地の鍛冶も認める確かな仕事で当店でも25年以上のお付き合いです。日立金属安来鋼白紙2号、炭焼入当店お勧めの品。

風雪田斎作叩鑿 (ふうせつたさいさく、たたきのみ))
5分〜寸六、他サイズは製作
6本組桐箱入 入荷待

三条の鑿鍛冶田斎作、ずっしりとした肉厚な作りで頑丈さが伺えます。日立金属安来鋼青紙2号 在庫無き場合はご注文下さい。

本銘田斎作磨仕上叩鑿 (ほんめいたさいみがきしあげたたきのみ)
←在庫は画像をクリックしてください

三条の鍛冶、田斎作の叩鑿、黒仕上げに手間をかけてヤスリ銑仕上げの磨き仕上げでグミ柄、槌目の口金とカツラ付

國慶、叩鑿 (くにけい)
5分〜寸六、他サイズは製作
6本組 入荷未定

新潟県三条の池田慶郎氏が作る鑿で軸、穂共に厚い作り。炭焼き入れ、黒裏作り

中叩鑿

追入と叩の中間の長さがあり、半叩きとも呼ばれます。長さ、26.5センチほど 穂2寸5分、軸1寸5分、柄4寸5分。

助丸、ハイス中叩鑿
  • 5分 8900円 在庫有
  • 8分 9950円 在庫有
  • 1寸 11000円 在庫有
(すけまるはいすちゅうたたきのみ)鋼に強靭なハイス鋼を使った中叩鑿
リフォームの埃っぽい部分の加工に適し、誤って釘を叩いた時にグラインダーが使え元の状態に早く戻せます。又、硬い材料にも適してて、その特性を知り、研ぎ方のコツを覚えれば研ぐことも苦にならない鑿です。

高橋特殊鑿製作所、中(半)叩鑿 (たかはしとくしゅのみ)
5分〜寸4 通常在庫品

カネタケ印の刻印が入る高橋特殊鑿製作所製の中叩鑿、当店で一番お勧めの品、通常在庫していますので直ぐにお届けできます。ヤスリが全体にかかった手仕上げ黒裏仕上げの品です。白樫無塗装の槌目のカツラは半分入れてあります。ご要望のサイズご注文できます。

田斎風雪、中(半)叩鑿
  • 6分 在庫有
  • 8分 在庫有
  • 1寸 在庫有
  • 寸2 在庫有
(たさいふうせつ)新潟県のノミ鍛冶、田斎さんが作る、風雪銘の中叩きの品です。最近は入荷に時間がかかる品です。白樫無塗装の槌目のカツラは半分入れてあります。

國慶、中(半)叩鑿 國慶、中(半)叩鑿(くにけいちゅうたたき)
入荷未定

追い入れ鑿と叩鑿(厚)の中間の長さです。左右の狂いの無く、めりはりのある直線と面の作りは見事です。黒仕上、磨き、槌目仕上げ。

穴屋鑿

まだホゾ穴を鑿を使い掘っていた時代、厚い桁、梁を加工するために使った鑿で、専門の穴屋大工が使っていた鑿が現在でも和風の建築を行う大工さんたちは使っています。長さ、49センチほど、穂4寸、軸6寸、柄6寸

高橋作穴屋鑿 (たかはしさくあなやのみ)
4分5厘、 19300円 〜 1寸6分

各サイズ在庫ございますその他サイズ制作できます。
高橋和巳作高橋和己作で白紙2号を使っています 柄は6寸丈

風雪田斎作穴屋鑿 風雪田斎作穴屋鑿 (ふうせつたさいさくあなやのみ)
4分5厘、1寸、寸二、寸四  価格問合下さい

黒裏、軸部分が長いですが、曲がらないようにしっかり、真っ直ぐできています。他サイズ制作できます。

突鑿

突鑿は、本突(ほんつき)ノミ、差し(さし)ノミとも言う。家の構造材の継ぎ手、ホゾ穴の加工、仕上げに使う。8分は蟻の仕上げに使えるように穂の断面が三角の鎬のタイプと通常の面取りタイプがある。

高橋作本突鑿  (たかはしさく、ほんつきのみ)
黒檀柄桐箱入二本組 110500円 在庫有

安来鋼白紙2号炭焼き入れ、柄は白樫、、紫檀、黒檀、などの柄をお好みで入れられます。他サイズも製作できますのでお問い合わせ下さい。

元寿舟弘作本突鑿二本組
  • 白樫柄 在庫有  価格お問い合わせください
(げんじゅふなひろさく、つきのみ)オリジナル鋼の新和鋼を使って使われた8分と一寸六分、二本組。
穂(刃)4寸、軸5寸、柄1尺3寸の柄付、桐箱付です。

鏝(コテ)鑿

蟻溝の中の仕上げや、溝の止める部分の仕上げなどへこんだ部分を削るのに便利。裏の部分を平面の材料部分に密着できますので、その特性を活かした色々な加工ができます。

高橋作鏝鑿
  • 1分 11250円 播州柄で在庫有
  • 4分 11800円 在庫有
  • 5分 12450円 在庫有
  • 8分 13350円 在庫有
(たかはしさく、こてのみ)全体長さ34センチ、握りやすい長めの柄がついています。断面が三角の鎬仕上になっています。特注のサイズも作れます、ご相談下さい。

特注、二段コテ鑿 二段コテ鑿  (にだんこてのみ)
右 19800円 入荷未定 4月20日入荷分より値上
左 19800円 在庫有

無理しない程度に叩くため、カツラが付いています。右、左製作できます
高橋特殊鑿製作所製 全長28センチほど、白樫柄、蝋引柄

逆コテ鑿  (逆こてのみ)
  • カネタケ  入荷未定  4月20日入荷分より値上
高橋特殊鑿製作所製、家の床張りの時に柱を鑿で叩いて欠き取る時に使用する鑿。叩きやすいように少し長めの柄が付いています。全長26センチほど、白樫柄、蝋引柄 *追入鑿と同じ柄の長さです。

田斎作鏝鑿
  • 3分 在庫有
  • 5分 在庫有
  • 7分 在庫有
  • 8分 在庫有
  • 9分 在庫有
(たさいさくこてのみ)鍛造で曲がりを作り出した田斎作のコテ鑿で各サイズ製作あります。白樫柄

向待鑿

  • この鑿はホゾ穴掘りや深い穴開けに使うノミで、どれも太めの柄が付いています。
  • 刃先から口金まで上から見ると同じ幅で深い穴掘が可能。
  • 主に指物師、建具職人が建具、家具作りに使います。
  • 基本的に幅の狭いサイズが主です、当店では4分まで在庫しています。
  • 下記↓に専用のページが有ります。 正繁、善正、カネタケの三種
善正作、向待鑿 向待鑿、販売ページ (むこうまちのみ)

高橋和巳、正繁、善正の三種を在庫。
コーナー内に価格と、在庫などを記載します。

薄鑿

柄尻を元能で叩いて使う鑿ではなく、手の力で突いて使い、木成(きなり)鑿とも言います。薄鑿の刃先尾角度は叩いて使うものと比べ、浅い角度で研ぎ、手で差した時の切削抵抗を低減します。

主に仕上げ工程で使う鑿です。角度を浅くしすぎると刃の切れ止みが早くなります。柄は滑らないように無塗装か蝋引きが良いでしょう。このコーナーの品は蝋引きの柄付きです。

善正作薄鑿 善正作薄鑿 (ぜんしょうさくうすのみ)
1分〜8分と、1寸、1寸2分、1寸4分を通常在庫   

粘りの青紙2号で製作しており刃の側面は面取り仕上げ、赤樫の柄をつけています。


高橋作薄鑿 (たかはしさくうすのみ)
1分〜8分、1寸、1寸2分を通常在庫

刃長9センチ、軸6センチ、柄19.5センチ。その他サイズ制作できます。刃の側面は面取り仕上げ、断面が三角の鎬(しのぎ)の形でも制作できます。

田斎風雪作薄鑿
  • 1分、4分、1寸 在庫有
  • 入荷待ちの場合は時間がかかります。
(たさいふうせつさくうすのみ)刃長9センチ、軸7.5センチ、柄はサイズにより約18〜20センチ。白樫の無塗装柄。面取り仕上げで、刃〈穂)の部分は少し厚めにく出来ています。柄は反り気味でに差し込んであり、

元寿舟弘作薄鑿 元寿舟弘作薄鑿 (げんじゅふなひろさく、うすのみ)

鎬  8分  赤樫柄 販売済
鎬  1寸  赤樫柄 販売済

面取り、鎬製作できます。柄は白樫なども入れられます。鋼はオリジナルブレンド鋼の新和鋼。

国慶作薄鑿 国慶作薄鑿 (くにけいさく、うすのみ)
単品 在庫有

10本組 入荷未定
組み合わせは 1分、2分、3分、4分、5分、6分、8分、1寸、1寸2分、1寸4分

外丸と内丸鑿

局面の大きさには色々あります、ここでは一般的なRの大きさを掲載しています。ご自分の思う曲線に完全に合わせたい方には、R表をお送りすることもできます。高橋和己作で製作します、納期は3週間ほどでお届けできます。

カネタケ印、外丸鑿(裏丸)
  • 単品あります。
  • 10本組桐箱入 入荷未定
高橋和己作(平成29年にお亡くなり現在は後継ぎの典三氏が製作されています)で外丸鑿は裏の部分が出丸になった鑿で、裏丸とも言います。鎬面側は 砥石は平面砥石で研ぎます。

黒仕上無印内丸鑿
  • 3分 5200円 在庫有
  • 4分 5400円 在庫有
  • 5分 5600円 在庫有
  • 6分 5900円 在庫有
  • 8分 6500円 在庫有
  • 1寸 7400円 在庫有
価格をおさえた内丸鑿で無印としています。単品での販売です。内丸鑿は木の表面をすくうように削る鑿です。器の内側を掘ったりできます。刃のRに合わせた専用の砥石を必要とします。内丸鑿の中砥石はキング#1000などがお勧め。

カネタケ印、内丸鑿
各サイズあります、画像をクリックしてください
高橋和己作(平成29年にお亡くなり現在は後継ぎの典三氏が製作されています)内丸鑿は木の表面をすくうように削る鑿です。器の内側を掘ったりできます。刃のRに合わせた専用の砥石を必要とします。内丸鑿の中砥石はキング#1000などがお勧め。

山蟻鑿

構造材の蟻掛けの刻みに威力を発揮する作りでコバが尖っています。裏押しで刃先の巾が狭くならないように、刃先の方が若干広くなっています。厚みのある材料にも使えるように長く作ってあります。

風雪田斎山蟻鑿
  • 8分 在庫有
(ふうせつたさいやまありのみ)、三条の田斎のみ制作所製、白樫の無塗装柄付き。

色々な鑿

首切鑿 (くびきりのみ)
  • 五百蔵作
    • 3分 7900円 在庫有
    • 4分 9000円 在庫有
  • 大内作
    • 3分 13000円 在庫有
    • 4分 14000円 在庫有
床張り鑿とも呼ばれ、柱をこの鑿で欠き取、床板を差し込むための品です。本体に余分な出っ張りがなく真っ直ぐ柱の左右からこれ一本で使えます。

バチ鑿(バチノミ)
  • 風雪田斎作、1寸 入荷待
梁、桁の蟻掛けなどの加工に使います、普通の鑿では蟻の奥まで入らない隅まで入ります。下がり輪は付いていますが強く叩かないで下さい。

脇差し鑿 脇差し鑿 (わきざしのみ)
槌目、磨き仕上げ、木目があり、サイズは8分と9分

鑿鍛冶田斎作、大工作業で使用頻度の高い8分、9分で作られている。脇差は侍が常に携行する短い刀の方をさしの携帯用皮ケース付の鑿、各部の仕上げはグレードの高い仕上げとなっている。

竪て鑿 (たてのみ)
3寸 在庫有 価格お問い合わせください

新潟三条の田斎作、大工職の刻みに使う鑿で名前の通り縦方向に使いホゾ穴側面の鑿立てなど三寸幅を一発で叩けます。 表面は槌目仕上げ二枚裏。鑿柄は白樫や赤樫で槌目口金とカツラ付  皮製サック付。

鑿関連品

鑿を使う時に便利な商品です、どれも通常在庫をしています。長期に鑿を保存する時には、自作で木箱をお作り頂くことをお勧めいたします。

アルミ鑿ケース
  • 4900円 在庫有
以前のアルミ製鑿ケースの改良形です。追い入れ鑿の10本組が入ります。

皮鑿巻 皮鑿巻
各種
追入用、叩用、フタ付フタ無あります

破れにくい皮鑿巻をご用意。叩き用は厚ノミ、中薄ノミ、中叩き、木成平待ノミなど長めが入ります。フタ付きのフタは、帆布でできていますので、強くかさばりません。大工道具箱の中に散らばりません

下り輪打 (さがりわうち)
1400円     在庫有

(鍛造品)  一個あれば一生物、全サイズのノミに使えます。下り輪打は、ぜひお買い上げ下さい、楽に下り輪を打ち下げる事ができます。

ベアリングプーラー
4200円  在庫有

一個あれば全サイズの鑿の下がり輪(カツラ)が傷を付けずに外せます。

曼陀羅屋特製鑿箱
現在多忙で製作未定
木工歴30年以上の曼陀羅屋店主が作る追入鑿10本組の木製の箱。組手を作り組み上げた指物的な作りで落としても壊れないほどです。
桐箱違い現場仕様に耐える作りです。

元寿舟弘作

新潟県与板の舟津雄二作、碓氷健吾氏との交流も深く技術が継承されている。 代々鑿鍛冶ではあるが、鉋の切れ味も抜群で現在の最高ランクの品を作っていると言える。
國慶作 (くにけいさく)
三代池田慶郎作、4代竹村徳和作 白紙2号炭焼入 三代から4代に受け継がれる鑿の技は変わらぬ切れ味が受け継がれています。三代が間違いない後継者として認めた竹村氏の品。

清久作鑿

特価鑿

高芝追入鑿 5分  販売終了
正繁作、叩ノミ 販売終了

組鑿(のみセット)の話

組ノミは、のみセットとも言い色んな言い方をしますが、大工さんなら、予算が無い場合、まずは6本組でも良いと思いますが、将来的には、10本セットの組鑿、16本セットと言う様に銘がらは変わっても良いので、すべてのサイズを揃えられる事をお勧めしまうs、それはどんな仕事が依頼されても、すべての作業に対応できると言う、仕事に対する構でもあります。技術的、精神的、そして道具的に鑿(のみ)を用意し、その時が来ても良い様にしておきましょう。

鑿のサイズの選び方

組鑿でなくても、必要なサイズをご注文をお受けできます。追入ノミの揃えるサイズについては、大工さんならば、一揃いいると思います。

アマチュアの方ならば、予算によっては必要なサイズを揃えられるのもよいでしょう。まず揃えるサイズは24〜36ミリの巾の広い追入鑿のいずれか1サイズ、巾の狭い6〜15ミリの間のサイズを2本ほど、最低3本で、お勧めは9ミリ、15ミリ、30ミリ。

次に買い足すならば、18〜42ミリの買わなかったサイズを追加、それと3〜15ミリの間で必要なサイズを追加後は必要に応じて増やして行きます。巾が広いノミより、狭い巾のノミがサイズ的に揃えなければなりません。

自分の設計によって、効率の良いサイズを選ぶ事も重要です。又、機械、電動工具を使う場合、隅々まで加工できない事があります、そんな時のため電動工具の加工サイズに合わせて揃えることもあります。試し使いして掲載のノミは選んでいます高いノミを買ったが切れなかった、刃が欠けるなどのお話をお客様から時々お聞きしますがこの鑿なら切れます!!!
5厘(1.5ミリ)は曲がりやすいので、力の入れ過ぎにご注意ください

三つ裏についての質問と回答

手柴さま、みんさんこんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。裏についてお尋ねしたのですが、鑿には、1枚裏や3枚裏などありますが、見た目以外に何が違うのでしょうか?3枚裏を使った事がないのでわかりません。見た目以外に何か、良いところ・悪いところってあるのでしょうか?

回答

こんにちはTさん、御返事おそくなりました。良いところは裏透きが分けてあるので、鑿の巾より狭いところを縦に突く場合裏透きが縦に残っているので安定して突けることでしょうか、、、ただ、材料に合った巾の鑿を使えばその場合問題はないのです。難点は、裏押しを重ねるうちに、一枚裏よりも、砥石に乗る面積が広くなり裏押しに時間がかかります。

カッコ良い鑿が欲しい方は、意匠的に見た目が良い三つ裏をご注文なさる方もおられます。

鑿の使い方、調整法などの話

これより下は鑿の調整法などの話です。このページ外の各ページに移動します。
店主の鑿を使う風景
大工道具店を営みながら家具を作る工房主催者です。
裏押し
正確な加工や硬い木を使う時、その大事さを痛感します。
研ぎ方
基本的な研ぎ方や応用編など、それぞれ上手くなる方法を説明
カツラ(下がり輪)の調整
最適な道具で確実に外す方法など、柄に傷がつきにくい。
鑿の口金
口金部分の調整について
質問と回答、Q&A
持ち方や研ぎ方のアドバイスなどを掲載しています。
特注鑿
お客様のご要望で製作した、楽器用、特注寸法などの品々
↓ ↓ 購入時プレゼント ↓ ↓
大工道具プレゼント