TOPページ柄の仕込

上の画像が柄の未加工の状態で、ここで玄能柄の全体バランスを決めます
まず青い線の部分ですが、柄を玄能の頭と直角に入れる場合は、赤いラインのままで良いですが
少し柄尻を下げたい場合は、青い線の部分を削ります
鉋で削る量を多くすると曲がりは強くなります、良く見ながら削る量は決めましょう
又、削りすぎると穴より低くなる場合がありますので、注意しましょう

長さは少し長めで良いと思います、後で緩んだ時に叩き入れて緩みを直します。
玄能柄の全体バランス


側面と直角になりようにスコヤで確認しながら鉋で削って下さい
倒れないように木工万力などで固定する事をお勧めします、グラグラしないので思ったように削れます。
ちなみに玄能の柄はテーパーになっていますので、万力と柄の間の当て木もテーパーの付いた物をマグネットシートを使い
固定しています、当て木は使う時で条件が違いますので、幾つか用意しています
大工道具の調整にはとても重宝する工具です