曼陀羅屋TOP鉋の調整道具 >このページ

鉋刃口用口切り鑿

この鑿は鉋の仕込み時や台打ち時に使用します、コッパ返しや、刃口を切りそろえるのには一般的な厚さでは刃口の中に入り込めないので、このような特殊な形の口切鑿が威力を発揮します。

台屋さんや一般的には短くなったノミなどを使っていらしたり、平待ちノミの甲の部分を更に減らしたり、白柿を使ったりと工夫されているようです。

このページでご紹介する口切りノミは私が使っている物を更に使いやすく改良した物です。一枚台の鉋のコッパ返しにも対応できるように刃先は薄くしています。(包みのかぶりが深いとこの鑿でも入らなくなります)刃先は薄く逆に強度を増した部分もあり、口金近くになるほど厚めになっています。

この鑿は、当曼陀羅屋で形を起こして改良してきました。これが鑿大全でも紹介されています。製品によって若干の寸法の差がございます。

カネタケ印鉋刃口用口切り鑿の価格

 

巾30ミリ、柄の長さ15センチ、全長24.5センチ、刃先厚み2ミリ、黒打ち、ヤスリ仕上げ

大内作鉋刃口用口切り鑿の価格

 

巾30ミリ、柄の長さ14.5センチの太めの柄、全長24.5センチ、刃先厚み2ミリ強、黒打ち、ヤスリ仕上げ

 大工道具、ご購入案内 
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

鉋台口切鑿の使い方

一番この方法が使いやすい口切鑿の使い方です、スライド丸鋸などでコッパ返しの勾配治具を作り、クランプで固定して加工する方法です。
見てのように口切鑿の角付近だけを使って削っています、後の部分は治具に沿わせています。コグチの部分でも簡単に削れます。そのためには裏はダレのない平面に仕上げておきます。

刃口を真っ直ぐにそろえる

1枚台のコッパ返し

凸凹の包みの厚みをならす

表馴染みのカーブに合わせる

関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

金床 鉋刃の叩き出し用

金床

鉋刃の裏の叩き出しに使用 や、裏金の耳の曲げ、大工道具全体の調整に使用。安価ですので早めに備えましょう。
鉋ウラ研器

ウラ研器

金盤での裏押しの時刃を固定す。木の棒よりも安定して固定しますので、裏押しに集中できます。
ヒッター 鉋刃の叩きだし機

ヒッター

鉋裏切れ時の叩き出し専用の工具、乱れやすい玄翁での叩きだしを直線的にサポート、刃を割り難くなります。
 プレゼントコーナー 
大工道具プレゼント

店主作の鉋仕込DVDなど1万円以上ご購入時に選択

大工道具の曼陀羅屋について

 大工道具、ご購入案内