TOPページ鑿コーナー>ご覧のこのページ

高橋和巳、典三作、追入鑿

この追入鑿は三木の打ち刃物伝統工芸氏、高橋特殊鑿製作所の高橋和己氏(平成29年にお亡くなりになられました)に依頼し製作頂いている品です。鑿を基本とし彫刻用特殊刃物の製作を得意としておられ、息子の典三氏と二人で日々製作しておられます。他の大工道具産地の鑿鍛冶も認める技術の高さ。

基本的な形の追入鑿も正確な形と寸法で仕上げられており、手に取ると仕上がりと形に満足頂けると思います。一本一本鑢(ヤスリ)にて仕上げてあり、機械任せに量産された品ではなく、鑿鍛冶が一本一本手間暇かけて作っています。この鑿は鑿大全の冒頭でも紹介されています。
高橋特殊鑿製作所の製品
有名な銘で価格が高くても切れない場合もあり、どの程度のものを購入すれば良いか迷う場合もあります。高橋作の追入鑿の切れ味は間違いのないもので、少し刃が減ってから切れ出すとか言う事はなく使ったその場から威力を発揮します。

裏の平面も正確で裏押しする時楽に平面が出ます。高橋特殊鑿製作所製の品はすべて本刃付き、軽く研げば直ぐ使えます。

  通販の詳しい説明→ 大工道具、ご購入案内 

急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903  出ない時 080-5247-6198

簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文記載→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、銀行振込、カード)

この鑿の一本単価はこちら追入鑿の単品価格表

組鑿 サイズ組み合わせ
    1分 2分 3分 4分 5分 6分 8分 1寸 寸2 寸4
    3ミリ 6ミリ   9ミリ 12ミリ  15ミリ   18ミリ 24ミリ 30ミリ 36ミリ 42ミリ
6本組大工職向        ○
6本組木工向
10本組   ○   ○  ○  ○  ○  ○
 

カネタケ追入鑿10本組播州柄
播州柄磨裏  98000円  入荷待
播州柄黒裏  105000円  お取り寄せできます 
日立金属安来鋼白紙2号鋼  黒ヤスリ仕上げ、 桐箱入

播州柄は、関東柄よりも太めです、蝋引は使うまでの汚れ止めで、使用し始めれば蝋は剥がれてし無塗装に戻り、見た目の使用感は関東柄と同じになります。
柄は、播州の安平柄が入っており、書籍の鑿大全にも紹介された柄屋さんです。
磨裏の場合



黒裏の場合の画像
薬品で黒く染めている黒裏でなく焼き入れによる黒色。


カネタケ追入鑿10本組関東柄
磨裏  98000円  入荷待
黒裏  105000円  入荷待
日立金属安来鋼白紙2号鋼  黒ヤスリ仕上げ 白樫無塗装関東柄、 桐箱入 白樫は関東方面の白樫を入れています。
磨裏の場合
カネタケ鑿10本組-2014-0711

黒裏の場合の画像
薬品で黒く染めている黒裏でなく焼き入れによる黒色。


カネタケ追入鑿6本組
6本組磨裏、大工職向 桐箱付 62160円 入荷待
6本組磨裏、木工向 桐箱付  51100円 入荷待

6本組黒裏、大工職向 桐箱付 67780円 在庫有
6本組黒裏、木工向 桐箱付  55500円 入荷待

お好みで組み合わせますのでお問い合わせください。
日立金属安来鋼白紙2号鋼 黒ヤスリ仕上げ 白樫無塗装関東柄、 桐箱入



黒裏の場合の画像
薬品で黒く染めている黒裏でなく焼き入れによる黒色。
準備中

高橋和己特殊鑿製作所での製作風景、製作中の製品、鑿のヤスリがけの最中で右側が息子さんの典三さん、
二人並んでの鑿作りの技術はこうして代々受け継がれています。高橋特殊鑿製作所

高橋特殊鑿製作所製の各部
  • 全体は黒皮付きのヤスリ仕上げ。柄は白樫柄
  • 三木製のノミは口金周りがベルトサンダーが多いですがこの製品はヤスリによる擦り合わせで、左市弘、舟弘などと同じ、高品質の仕上げが施されています。
  • 正確な裏透き、裏押し時の砥石、金板への乗りもよく、正確な裏が形成されています。
  • 穂から口金まで、正確なヤスリ仕上げを見ることが出来ます。
  • 穂(刃)周りの、めりはりの利いた面の仕上げ。正確な手仕事で、熟練の技が推察されます。
  • 下の画像、カメラレンズの加減で柄が長めに見えます、柄の長さ一般的な4寸(12cm柄)です。


鉋仕込DVDなど、曼陀羅屋店主が作ったオリジナルDVDは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。