TOPページ鉋の調整など関連品> ご覧のこのページ

鉋台仕込みコテ鑿
  • 鉋台の包み部分の削りに威力を発揮する作りです。包みの底とと平行に差せますので、真っ直ぐ削りやすい作りです。
  • 柄の立ち上がりから曲がっている部分にかけては厚みがないと、加工中に柄の弾力でびりつきが起きますので強度を持たせ、横から見てバランスを崩さない程度太めに作ってあります。横方向の強度はいりませんので、上から見ると細身に仕上がっています。
  • 柄の立ち上がり部分が高く、深い部分の底を取りやすくなっていますので、大工仕事、木工作業などの、ホゾ穴の底の仕上げ、へこんだ部分の作業にコテ鑿とても役立ちます。
  • 柄が短めですが鉋台の包みは真っ直ぐに差せます、長いと研ぐ時に柄がフラフラして角度をきっちり決めにくいのです。研ぎ易さも考慮しています。
鉋台仕込みコテ鑿

側面から見た鉋台仕込コテ鑿は、包みの部分が取りやすい様に短い刃先になっています。

鉋台を仕込む時の包みの削りはとてもデリケートです、特に鉋の刃先が28度になってくると包みと刃の鎬面が当たるぐらい透き間が無いし、だからと言ってけこの鑿で削り過ぎると、薄い部分が益々薄くなるのです、そんな慎重な仕込みに威力を発揮できる商品です。


鉋台仕込みコテ鑿
 (かんなだいしこみこてのみ)
カネタケ印 11800円 8月末〜9月
大内作 12500円 在庫有

製品によって若干の寸法の差がございます。

カネタケ印
  • 三木、高橋特殊鑿製作所製 安来鋼白紙2号  無塗装白樫柄(蝋引き)
  • 巾(三分)9ミリ 全長22センチ 
鉋台仕込みコテ鑿の側面

大内
  • 兵庫県三木、大内鑿製作所 白樫柄
  • 巾(三分)9ミリ 全長23センチ
  • 鏝の立ち上がりなどカネタケと差はさほどありません。
大内の鉋台コテ鑿の画像


 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  商品の問い合わせ  メールからの注文



鉋台の包み部分の際です。
際を突いた時、鉋刃の押さえ溝上端に当たらないようにコバの角度を浅くして
甲の高さを低くしてあります。赤い丸の部分、隙間があります。

台上端と、柄の余裕です。このくらいないと、巾の広い大鉋の包みが取れません。
十分な余裕が生まれるように、柄の軸線は元の方があがっています。
 
鉋だけにとどまらず、その他に木工作業や建築の加工などでも凹みの底を仕上げるのに適していて、
使用頻度は仕込みだけに限定されません。

短い刃先は狭い部分に入れやすく、小回りの利仕込くコテ鑿です。
上記画像はタモの板に大入れするためにトリマーで四角く掘り、残った角の丸い部分を取、仕上げにこの鑿を使っています。


店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓
大工道具プレゼント