TOPページ鑿コーナー>埋め木鑿

埋め木鑿
2分  8350円 在庫有
3分  8600円 在庫有
4分  8900円 入荷待
  • このノミはコバの部分がほとんど尖っており、三角の角など90度より狭い角度の穴の中を加工する時の角の処理に適しています。浅い角度になると無理が出てきます。
  • 用途的には、蟻組や埋め木をするときに使う鑿です。一般的な鑿では角を尖らせて掘る事ができませんが、これなら可能です。
  • 三木、高橋和己作 安来鋼白紙2号 炭焼き入れ 無塗装白樫柄 巾12ミリ、9ミリ、6ミリ  長さは一般的な長さ
  • 時々「もっと広いサイズはありませんか」とお問い合わせがありますが、広いノミはそれなりに強い力で叩きますので、角に負担がかかり欠け易くなります。広い部分を欠き取る時には追い入れノミを使い、角の処理だけこのノミを使います。
  • あるととても便利なノミです。


画像は各サイズです 上から4分(12mm) 3分(9mm) 2分(6ミリ)の三種
刃の長さ6cm、軸4.5cm、柄12cmでカメラのレンズの加減で少しずれて見えます。

お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!




蟻組の加工
画像は埋め木鑿を使い蟻組の隅を差している画像です。端材を当ててクランプで締め付け、定規として使います。
済の部分を尖らせて突くことが出来、加工ラインも真っ直ぐです。
埋め木鑿は隅を残さず突ける

埋め木鑿の断面 埋め木鑿の特徴

左の図は一般的な埋め木ノミです。
コバの部分が少し残してあります
尖らせると焼き入れ時の温度変化が起こりやすく
硬度に影響が出やすいためです。

そこで、このノミは尖らせずに90度に近い角度にコバの部分を残して焼入れします。
焼入れ後に少し残しておいたコバの部分を削って尖らせていますので、尖らせた後焼き入れするより角が欠けにくくなっています。 (実際には糸一本ほど残す

焼き入れ後にコバの切削をしますので、コバの部分が光っていますが、見た目よりも切れ味を重視した品です。

焼入れ後の研削になりますが、焼きが戻るような鋼に負担のかかる切削はしておりません。

埋め木鑿の刃先 埋め木鑿の七
コバを尖らせた埋め木ノミと、追入ノミの比較です。

追入ノミではコバの垂直の面がありますが、この埋め木ノミではコバの部分は尖っています

この埋め木鑿は、追入鑿として作られた物を削ったのではなく、
埋め木鑿として最初から作った物を、焼入れ後、
さらに尖らせたものです

店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓
大工道具プレゼント