大工道具の曼陀羅屋

 大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀
コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話
曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp


飛鳥時代から使われた槍鉋
TOPページ >槍鉋

槍鉋

槍鉋(ヤリかんな)は飛鳥時代より使われてきた大工道具の一つで、現代の台鉋と違い、表面はさざ波模様に仕上がる特性があります。

当店で販売している槍鉋は下記に掲載しております。

現代では大工、木工家、工芸家が、削り上がった木肌の風合いを表現に取り入れていて、槍鉋で削る材料は軟質中硬質の材料までで、楢ケヤキなどは不向きな場合があります。

台鉋と違い、性質上裏の叩き出しや台の調整が必要ない単純な構造で、その形状から作者は鉋鍛冶よりも鑿鍛冶が作る事が多く、形状や製作工程からも慣れている事が伺えます。

槍鉋(やりかんな)の研ぎは、台鉋のよう裏出しの時の叩き出し、台が無いので台直しなどは不要です。

柔らかめの砥石を使い鎬面に合わせて研ぐ様にします。

 表示価格は税込です。

お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!

槍鉋の製品紹介

下記に鍛冶屋別に製品を紹介しています。柄付きの場合と柄無の場合があります。
清玄作槍鉋 清玄作槍鉋 (きよげんさく)
38900円  在庫有

清玄作槍鉋は安価な作品ですが、良く切れる品ですので納得して使えます。朴、籐巻きの柄付きで刃長、145ミリ。
供給力はありますので、在庫が無い場合でも短時間で納品できます。
清介作槍鉋 清介作槍鉋 (せいすけさくやりがんな) 価格お問い合わせ下さい。
青紙1号槍   販売済
青紙1号積層 販売済

清介作の槍鉋は先端が尖り気味の槍鉋です。地金は柔らかい錬鉄を使った品で、地金の錬鉄部分の縞模様も美しい。青紙、高クロム炭素鋼、スウェーデン鋼など三種の鋼の槍鉋がある。
田斎作槍鉋 (たさいさくやりがんな)
入荷待  価格お問い合わせ下さい。

あらゆる形の品を叩いて作り出す田斎さんの槍鉋で、形は王道と言える形状で使い易そう。柄付、皮の鞘付、桐箱付でお届けします。
重房作槍鉋   (しげふささく)
入荷待 価格お問い合わせください。

鍛え地で有名な重房作、その優雅な形状と刀匠の流れを汲む砥ぎはどの作品よりも美しい 。研ぎ上がりの地金と鋼の艶は格別。スウェーデン鋼を使用
元寿舟弘作槍鉋 (げんじゅふなひろさく)
在庫有 価格お問い合わせください。

舟津氏は自作の元寿舟弘作槍鉋を削ろう会でも使う姿は有名。使い勝手を自分で感じながら改良された形は完成度が高く研ぎやすい。
カネタケ作槍鉋
62000円 在庫有
店主製作、籐巻柄 7000円プラス

播州(兵庫県三木市)の高橋和巳作の槍鉋で形は高橋さんのオリジナルの形です。鎬面は刃先まで砥石の乗りやすいように研磨してあります。裏透きも糸裏に近いダレない裏が付いています。
内橋圭介作槍鉋 (うちはしけいすけさく)
入荷未定

三木の若手の鉋鍛冶内橋圭介作槍鉋で幅は広めの仕上がり。
その他鉋、白柿、小刀など作る作品の種類は多い。


槍鉋の使い方 槍鉋の使い方
  • 基本的に槍鉋は引いて使います。部分的には押しても使えます。坂目が起きそうな時に持ち方を変えて左右入れ替えて削る事もできます。
  • 手だけではなく、足、腰を使い引きます。
  • 画像の場合、左手ひじから手首を材料に当てながら引いていますが、その方が角度や食い込み加減が安定して使いやすいでしょう。
  • 左手の押さえ加減、返し加減で深さは決まります。
  • 右手はほとんど力はいりません。
  • 右手の上下で刃の先、刃の元など、刃が材料を削る部分を変えられます。

↓ ↓ 購入時プレゼント ↓ ↓
大工道具プレゼント

 下記は購入時プレゼントの中にある槍鉋の柄を作る工程を紹介しています
槍鉋柄作り動画CD-ROM槍鉋柄作り動画CD-ROM
このディスクは、単に槍鉋の柄の製作とだけお考えにならずに、木工の映像としてご覧になっても面白いのではと思います。MPGファイル 収録時間約30分
  • 墨付け
  • コミ部分の溝彫りと貼り合わせ
  • 帯鋸粗整形、楕円整形、仕上げ
  • 籐巻きと先端成形
  • 柄からの抜き方
槍鉋柄作りのカット集槍鉋柄作りのカット集  
  • 籐を巻く様子>>濡らした籐を接着剤を付けながら巻いて行きます、この工程が一番難しい所です。最後は表面の接着材をふきあげます。
  • 楕円の作り方>>バンドソーの角度を段階的に変えながら楕円に変えて行きます、槍鉋は楕円が持ちやすく、大工さんなら持っている帯鋸盤を使って楕円にしていきます。
  • コミの溝の開け方>>中心線を出して、一定の深さをトリマで荒彫りしていきます、このコミの部分の摩擦を使い、槍鉋を削った時でも抜けにくくします。
  • 柄の貼りあわせ方>>比較的巾の無い材料を使いますので、曲がらないように当て木をしてから固定します。
  • 抜き方などです>>槍鉋の肩の部分に当て木をして玄翁、木槌で叩いて抜きます。コミの利いている部分が緩めば直ぐに抜けます。

販売済みの品 山弘作、槍鉋 高橋和己作槍鉋旧作