TOPページ天然砥石、コーナー「奥殿」巣板 >角物筋なし奥殿巣板

角物筋なし奥殿巣板
販売済

この天然砥石は、角のカケが無い、大き目のサイズ角物で、筋も全くない筋なしの奥殿の巣板です。
締まり気味でしので砥汁を早く出すには、アトマなどで擦って出た砥汁を共名倉として使うか、名倉で擦って砥汁を出し、研磨剤として使えば早く研ぐ事ができます

まれに地を引く事があります、カリっと来たら、直ぐに止め、隅の方で円を描くように研げば、刺さった石英は抜けますので抜けたら元の場所で研げば良いです
また、地を引く場合は、名倉の砥汁を良く出して研ぐ、アトまで擦って砥汁を共名倉として使う、長時間水に漬ける事も効果があります
名倉を充分に使い力を抜いて研ぎましょう
水に漬ける時は、先に側面をカシュウで巻いて漬けてください

滑らかさ、きめの細かさはありますので、艶のある刃に仕上がり硬いので面が崩れず裏の仕上げにも良いでしょう
三番目画像は名倉使わずに研いだ画像です 

京都産の天然砥石で今はなかなかお目にかかれない奥殿山の巣板砥石です。
オクドと呼びます。オクデンとかオクトノとか言う方がおられますが、オクドです。
奥殿の合わせ砥石と、問い合わせがありますが、合わせ砥石の方は、色が悪く、人気はありません
明るい色の奥殿の合わせ砥石は注意を。
奥殿の巣板は巣板の王様とも言われ、人気があります。
奥殿の山は後継者がいなかった事もあり、今ではなかなかない砥石になりました。
大工道具、ご購入案内
砥石層 名倉の必要性
巣板  名倉で研磨力を補う (硬い時名倉を使うと良く下りる)
合砥  (戸前、並砥などを含む) 名倉は要らない程度の硬さ
カラス 名倉はあってもなくても良い程度の硬さ、研ぐ方の好み
その他 名倉を使った方が早く刃が付く硬さ、
色合い 名倉がなければ砥汁がでない硬さ 名倉は必ず必要
薄い黄色にグレー混じり 研磨力について
寸法 cm 名倉を使うと砥石自体の強い研磨力が引き出せる
21.7 長さ 充分な研磨力がある
7.6 強い研磨力がある
8 上巾 非常に強い研磨力がある
中間巾 砥泥について
7.5 下巾 出るので黒く下りた分が濁って見えない
2.5 厚み 少し出ている
最大厚み ほとんど出ない
最小厚み 出ないので濁らない
詳細画像に記載 硬さ
初めて買う方は1〜3ぐらいの硬さがお勧め
4〜5は刃を丸く研いでしまう方には難しい
裏面について 1.人造仕上げ砥石と同じぐらい
面が付けてある 2.誰でも研ぎやすい硬さ 
粗く擦って皮は取ってある 3.程よい硬口
層から剥離 4.締り気味、使い終わった後は名倉で擦った方が良い
ハツリ目入り 5.締まっている硬口、名倉が無いと刃物が下りない
皮付き
風化などによる層割れ
層割れは見た限りない 研ぎ心地について
コグチに若干あるが閉じている 極まれに地を引く (名倉などで回避)
見た目で少し開いている 突っ張り気味で滑りやすい、研げる程度(名倉などで回避)
表面筋について サクサクした研ぎ心地、充分な研ぎ上がり
筋はない 若干砥石面を感じるような研ぎ心地、ぎ上がりは良好
当たらない毛筋がある 滑らかな研ぎ心地
当たらない筋がある ぬるっとするような滑らかな研ぎ心地
触る程度で、研ぎはできる 砥汁の画像 (3番目画像)
滑るような筋があり違和感が強い 名倉を使っていない画像
触る筋が周辺にあるが影響少ない 名倉を使った画像