大工道具の曼陀羅屋

 大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀
コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話
曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
大工道具、木工用Fクランプ

TOPページ >Fクランプコーナー

Fクランプコーナー

大工、家具製作など作業等に用途の広いFクランプ、大工道具のFクランプはハタガネより、深い部分の締め付けに有効です。 
直線に何本も締め付ける板剥ぎなどはハタガネが適しています。

本体は硬鋼、遊桿・主桿はダクタイル、自由顎は鍛造製です。
Fクランプは多機能高級品よりも、本数を重視して、基本性能の備え、精度の高い国産品がよいと思います。安価な外国製は、竿が曲がっている品もあり、竿が鉄に塗装を施しただけで錆びて動かない粗悪な品もあります。この製品は当工房でも20年間使用していますが、破損はありません。

アゴのクッション部分には若干劣化はあります、クッションの脱落防止に接着剤で購入後固定された方がよいです。

Fクランプは、木工作業時の加工、組み立てに必要で、外科手術のカンシのような物で幾つあっても邪魔にはなりません。

このFクランプは大工道具の曼陀羅屋店主の家具工房で使用しているFクランプで、色々なメーカーのFクランプを使用し比べてみましたが、このFクランプがお奨めです。

クリック ↓  大工道具、曼陀羅屋店主のクランプ類の収納ラック
大工道具、のクランプ収納ラック

 表示価格は税込です。

お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!

脱着レバーの付いた高機能の物も有りますが、常にバーに摩擦していますので、スムーズな動きを妨げています。このFクランプは意外とハンドルを軽く回すだけで脱着できますので脱着レバーは不要です。

#10#12は、アゴが深く、奥まった部分の締め付けに適していますこの製品は充分なグリップの太さがあり、締め付けも十分な力が出ます。

大工道具のFクランプ使用例

目違い止めにFクランプ
短尺物の板剥ぎで枚数が少ない場合は、サネ溝は切りません
溝を切らないとその分、目違いが起こりやすくなるため、
両端のみ、大工道具のFクランプで目違いを止め、中間部分は指でお互いの板の
段差が起こらないように合わせます

サネを入れる場合に比べ、作業時間は短縮されます

板厚が20ミリ以下の、板剥ぎの場合、サネ溝を入れない方が強度は落ちません目違い止めに、大工道具のFクランプ
簡易定盤の固定にFクランプ
画像は、ボール盤で部材のコグチにテノンカッターを使って、丸ホゾを作っています

画像のように、決められた位置に固定するには、
そのままのボール盤では無理なので、簡易的に定盤を取り付け
尚且つ、横のフェンスになる木片の固定、下の深さを決める木片の固定、
部材を固定するためにも、いくつもFクランプが必要になります

Fクランプは、強い締め付けを発揮し、
ハタガネに比べ、アゴが深く、板の内部に木片を固定する場合非常に便利です

ビスでも固定できますが、Fクランプの方が、短時間で脱着できます

Fクランプのサイズは、アゴの深い、#10、#12などです
大工道具として、いくつかピックアップして揃えると良いでしょう
大工道具のFクランプ、簡易定盤の固定
切り欠きにFクランプ
画像は、扉の丁盤部分の切り欠き風景です

慣れていれば、目で見て垂直に鑿を落とせますが
慣れないうち、持ち出し丁盤など、幅の広い丁盤は、正確な切り欠きをしないと
扉を取り付けた場合、跳ね出しの原因になります

垂直に鑿を落としたい場合は、直角断面の木片をFクランプで固定して、
鑿を沿わせれば、正確な切り欠き加工が可能です
尚、仕上げ線より一旦、紙一枚外側に鑿を入れ、
その後、ケガキ線に合わせて、仕上げの鑿を落とします

大工道具のFクランプのサイズは、作業台ごと締めますが小さいサイズでも可
大工道具のFクランプ、切り欠きに
Fクランプで剥ぎ合わせ
棒状の部材を剥ぎ合わせる場合は、ハタガネより、Fクランプの方が適しています
画像は、大工道具の槍鉋、柄の製作風景です
ハタガネでは両側から、挟まなければならず、本数も画像より更に必要

画像ではFクランプで、横方向のズレも防いでいます黄色い矢印のFクランプ

剥ぎ合わせの材料が薄い場合は、太いまっすぐな、台木が必要です

Fクランプのサイズは締め付ける材料の厚みで異なります、厚い場合は、#8以上
大工道具のFクランプで剥ぎ合わせ
 Fクランプで自立
 深い締込みにFクランプ
 バイス代わりにFクランプ
 曲面縁の固定にFクランプ
 Fクランプでずれ止め
 Fクランプで反り止め

 
Fクランプ #6 廃番

全長       230ミリ
締め付け寸法 150ミリ
顎深さ      80ミリ
Fクランプ #8  廃番
全長        280ミリ
締め付け寸法  200ミリ
顎深さ       80ミリ
#8は#6と顎の深さは同じで全長を長くしたものです。
Fクランプ #10 廃番

全長       340ミリ
締め付け寸法 250ミリ
顎深さ      100ミリ
Fクランプ #12  廃番

全長       395ミリ
締め付け寸法 300ミリ
顎深さ      120ミリ
Fクランプ #24  廃番
全長       700ミリ
締め付け寸法 600ミリ
顎深さ      120ミリ
Fクランプ
#50
廃番
締付寸法1250ミリ
顎深さ    140ミリ
Fクランプ#40
廃番
締付寸法
1010ミリ
顎深さ
140ミリ