TOPページダイヤモンド砥石>エビ印焼結ダイヤ砥石

エビ印焼結ダイヤ砥石

ダイヤモンド粒子を樹脂で焼き固めた砥石が、焼結ダイヤモンド角砥石です。
色々種類を使って見ましたが、ダイヤモンド砥石に求められる条件を満たし、ナニワの商品が一番性能は良いと思います。

この砥石は主に大工道具の裏押しになどに使います。裏押しは裏の焼きが入った鋼部分を下ろさなくてはならず、砥石には高い研磨力、狂い難い平面制度が求められ、その条件を一番満たしている物と思います。
また、電着系のダイヤモンド砥石のように次第に研磨力が落ちる事はなく、使い終わるまで最初の研磨力を維持でします。

その分原料が高い品物ですのでコストがかかる商品でもありますが、長い目で見れば長寿命でコストパフォーマンスに優れた商品です。

実際私も大工道具の裏押しの方法を、金盤や色々な砥石、研磨剤などで行ってきましたが、早く正確に裏押しするために現在はこの商品を粒度毎に使い分けており、研ぎの仕事をする私には無くてはならない砥石です。

そして、硬いハイス鋼の裏押しにはもこれが良く鋼を下ろします。裏押し用に頻繁に電着ダイヤモンド砥石を買い換える方にも特にお勧めです。

最初の研ぎの始めや目詰まり気味の時は、名倉で擦ると研磨力が高くなるし目詰まりも少なくなります。
粒度ごとの違いは画像の部分の説明をお読み下さい。

砥石の面直しに使用

注意点として、焼結タイプの面直しを電着タイプで行うと、電着ダイヤモンド砥石の寿命はその時点で終わります、この二つを擦り合わせてはいけません。

平面修正についてついては一番下をご覧ください。 ←こちらをクリックすれば一番下にページ内ジャンプします。




お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!

エビ印焼結ダイヤ砥石#600
16000円 

#800よりも更に早く、またザックリ平面を出したいならこの#600
頻繁にこのダイヤモンド角砥石を使われる方で他の番手をお持ちの方には#600は重宝するし経済的です。

エビ印焼結ダイヤ砥石#800
16000円 

これは大工道具の裏押しのスピードを上げるため最初に使用するのに適しています。
かなり早いスピードで下ろしますので、手のブレや、シャクリによる刃の裏の平面精度が落ち難いです。使ってみると、#1000で押した時よりもスカッと裏の先端まで平面が保てるでしょう。

エビ印焼結ダイヤ砥石#1000 
16000円 

これより下の番手を使ったらまずは#1000を通って上の段階に上がるのが基本
#600→#3000、#800→#3000に上がっても傷が残るため、研ぎの道筋でこの#1000を通る。
そして一本だけとか、まずは一本と言うならこの#1000です。



#3000、#6000、#8000のご使用上の注意

使用前に一度少し粗めの砥石で砥石面を馴らして、そのあと名倉などで擦って表面を整えから使用ください。
新品の時は完全に平面が出ていない場合があちます。砥石面が凹んでいると刃物の乗りが悪くなり傷が消えにくくなります。


エビ印焼結ダイヤ砥石#3000 
17200円 

#1000の霞がかった面から鏡面に変わります、#1000の乗りの悪い部分は鏡面に変わりません、研削から研磨に変わる#3000は、研削の段階の確認もできる手放せない番手。この#3000で終わらせた裏で、杉のシラタも切れるほどです。


これより高い番手は目詰まりしやすい時は、WA(ホワイトアランダム)の#8000、#10000を微量使うと良いです。

エビ印焼結ダイヤ砥石#6000 
17200円 入荷待

#6000は仕上げ砥石と同レベルの粒度。このままでも優れた切れ味が出る。天然砥石の良い物になかなか当たらない、そんな方はこの#6000を使ってみてはと思います。天然を一本買う思いをすれば、外れずに安いのではと思います。

エビ印焼結ダイヤ砥石#8000 
プレミアム#8000  20000円  数量限定生産品

#6000番でも天然の仕上砥石に負けないほどの仕上がりになるのですが、6000は傷が残ります。この#8000を使えば更に傷が減って鏡面度が上がります。使用前に一度少し粗めの砥石で平面を馴らしてください。そのあと、名倉などで擦って表面を整えてください。

エビ印焼結ダイヤ砥石#10000 エビ印焼結ダイヤ砥石#10000

プレミアム#10000 21000円  数量限定生産品

好評だった#8000の上は無いかとの市場のご要望にお応えして、ナニワ砥石が作った焼結ダイヤ砥石最高番手の10000番です。これも数量を限定して生産したモデルです。研ぎの限界を極めたい方にお勧め、これ以上の焼結は無いと思います。


平面修正について
  • 他の砥石よりも減り方はかなり少ないので頻繁な修正は必要ありませんが、研磨剤の併用などでは幾分早くなります
  • 修正はGCの粗砥石の普通の長さの物で直ります、直りが悪い時はGCの面が狂っている場合があります。
  • 同じぐらいの粒度のGCより硬い刃の黒幕#320、#220で修正も大丈夫です。
  • 周辺に高い部分がある時は、一度付属の小さい砥石でその部分を先にある程度減らし、GCで直してください。
  • どうしても両端の高く残った部分が直せない場合は、ガラスに糊付サンドペーパーを貼った上で軽く擦ると高い部分は簡単に落とせます、擦った後は粒度の高い名倉で荒れてざらついた表面を整えると良いでしょう。 粒度は1000番ぐらいまでは#240番、#3000以上は#320や、それ以上の番手をご使用ください。
  • 電着ダイヤモンド砥石で面直すと電着ダイヤが擦れて使えなくなりますので使用しないで下さい。
  • #3000以上の品になると、修正した後の表面の荒れは良い仕上げ研ぎになりません、 残った筋は名倉や#1000番ぐらいのコッパ砥石で擦ってある程度均して平面修正を完了してください。
#3000番の平面を直しています、青い砥石の表面が削れて、青い砥汁が出ていますので、高いところが削れているのが分かります。
ガラスは硬く平面精度が高いので、高いところだけ効率的に下ろして行きます。



シャプトン なおる修正器

少しコストはかかりますが、素早く直すならお勧めです。
#3000以上は別売りのパウダー細目も必要ですが、同等品をサービスで付属しています。



鉋仕込DVDなど、曼陀羅屋店主が作ったオリジナルDVDは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。