TOPページダイヤモンド砥石>エビ印焼結ダイヤ砥石

エビ印焼結ダイヤモンド砥石


ダイヤモンド粒子を樹脂で焼き固めた砥石が、焼結ダイヤモンド角砥石です。色々使いましたが、ダイヤモンド砥石に求められる条件を満たしたナニワの商品が一番良いと思います。

この砥石は主に大工道具の裏押しになどに使います。裏押しは焼きが入った鋼部分を下ろすため、高い研磨力、狂い難い平面精度が必要で、その条件を一番満たしている物と思います。

実際私も大工道具の裏押しに金盤や色々な砥石、研磨剤など使ってみましたが、この砥石は早く正確に裏押しするため私には手放せません。平面修正は一番下にあります

特徴、選び方、注意点、修正の方法は商品一覧の下にあります。

特徴
  • 電着系のダイヤモンド砥石のように研磨力が落ちず、使い終わるまで最初の研磨力を維持。
  • 原料が高いのでコストがかかる商品ですが、結果的に長寿命で経済的な商品です。
  • 硬いハイス鋼の裏押しにはもこれが良く鋼を下ろします。
  • 裏押して砥石の当った部分が明瞭に分かる。
  • #6000番以上なら天然仕上げ砥石に負けない仕上がり。



このDVDでは、焼結ダイヤモンド砥石を使い、ピンポイントで叩くと、
早く綺麗に割らずに裏押しできる事が分かります。

 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ


裏押しのスタートに

研磨力が落ちたら、同じ粒度ぐらいの砥石で擦ってください。

エビ印焼結ダイヤ砥石#800
16000円 

まず一本買うなら#800番 、素早くスパッと決まる平面、そのまま仕上げ研ぎができます。このシリーズの良さが分かる1本。

エビ印焼結ダイヤ砥石#1000 
16000円 

裏押し、中研ぎとしての基本となる粒度。完全に傷を消すならこの粒度。裏押しの作業始めは#1000か、800です。


研ぎ下ろしに

研磨力が落ちたら、同じ粒度ぐらいの砥石で擦ってください。

エビ印焼結ダイヤ砥石#400
16000円 

平面の崩れた裏や、鎬の研ぎ下ろし専用にいかがでしょう。研磨力重視で早く研ぎ下ろしたい方。研ぎの感触は銀色の電着タイプに似てきます。

エビ印焼結ダイヤ砥石#600
16000円 

裏押しにも使えます。#800よりも更に早く、またザックリ平面を出したいならこの#600研ぎ下ろしにも良い


仕上げ研ぎに

研磨力が落ちたら、名倉で擦ってください。

目詰まりしやすい時は、WA8000や10000を微量使うと良い

筋が残るような平面修正は仕上がりに影響が出ます、下にの平面修正法をご覧ください。

エビ印焼結ダイヤ砥石#3000 
17200円 

#1000の霞面から鏡面に変わります、#1000の乗りの悪い部分は鏡面に変わりません、研削から研磨に変わる#3000は、研削の段階の確認もできる手放せない番手。この#3000で終わらせた裏で、杉のシラタも切れるほどです。

エビ印焼結ダイヤ砥石#6000 
17200円 

#6000は仕上げ砥石と同レベルの粒度。このままでも優れた切れ味が出る。天然砥石の良い物になかなか当たらない、そんな方はこの#6000を使ってみてはと思います。天然を一本買う思いをすれば、外れずに安いのではと思います。



更なる仕上げ研ぎに

研磨力が落ちたら、名倉で擦ってください。

目詰まりしやすい時は、WA8000や10000を微量使うと良い

筋が残るような平面修正は仕上がりに影響が出ます、下にの平面修正法をご覧ください。


エビ印焼結ダイヤ砥石#8000 
プレミアム#8000  20000円  数量限定生産品

#6000番でも天然の仕上砥石に負けないほどの仕上がりになるのですが、6000は傷が残ります。この#8000を使えば更に傷が減って鏡面度が上がります。使用前に一度少し粗めの砥石で平面を馴らしてください。そのあと、名倉などで擦って表面を整えてください。

エビ印焼結ダイヤ砥石#10000 エビ印焼結ダイヤ砥石#10000

プレミアム#10000 21000円  数量限定生産品

好評だった#8000の上は無いかとの市場のご要望にお応えして、ナニワ砥石が作った焼結ダイヤ砥石最高番手の10000番です。これも数量を限定して生産したモデルです。研ぎの限界を極めたい方にお勧め、これ以上の焼結は無いと思います。

上手に使うために
  • 研磨力が落ちたと感じたら
    • 400〜800なら付属のドレッサーで擦る。
    • 1000番以上なら、同程度か、それ以上の砥石です擦るか研磨剤を振って使う。
    • 上記、使い過ぎは寿命を通常より縮めます。
  • 3000番以上の傷
    • 極細い傷が見えますが、切れ味にはまったく問題ない極浅い傷です。
    • 同程度以上の研磨剤を振って使ってください、傷が格段に減ります。
  • 高価な焼結ダイヤモンド砥石です、研ぎ面全体をできるだけ均等に使いましょう。
注意点
  • 他の砥石の面直しに使用
  • この焼結タイプの面直しを電着タイプで行うと、電着ダイヤモンド砥石の寿命はその時点で終わります、この二つを擦り合わせてはいけません 。
  • 粒度を上げて研ぐ時は、1段階づつ上げて研いでください、傷が消えない事があります。
平面修正について
  • 他の砥石よりも減り方はかなり少ないので頻繁な修正は必要ありませんが、研磨剤の併用などでは幾分早くなります
  • 電着ダイヤモンド砥石で面直すと電着ダイヤが擦れて使えなくなりますので使用しないで下さい。
  • #3000以上の品になると、修正した後の表面の荒れは良い仕上げ研ぎになりません、 残った筋は名倉や#1000番ぐらいのコッパ砥石である程度擦ってある程度均して平面修正を完了してください。

荒砥石で修正する場合
  • 3000番以上はこの方法では、砥石面に研ぎに影響する傷が残ります、使用しないでください。
  • 修正はGCの粗砥石の普通の長さの物で直ります、直りが悪い時はGCの面が狂っている場合があります。
  • 同じぐらいの粒度のGCより硬い刃の黒幕#320、#220で修正も大丈夫です。
  • 周辺に高い部分がある時は、一度付属の小さい砥石でその部分を先にある程度減らし、GCで直してください。
  • どうしても両端の高く残った部分が直せない場合は、ガラスに糊付サンドペーパーを貼った上で軽く擦ると高い部分は簡単に落とせます

ガラスとサンドペーパーを使う場合
  • 修正に使用するガラスはこちらをご使用下さい。 → 鉋下端調整ガラス
  • 10ミリ厚の硝子はたわみに強く、焼結ダイヤモンド砥石の修正に向いています。サンドペーパーと併用し効率的に平面修正が可能です。
  • 800番以下なら#180などのサンドペーパーをご使用下さい ペーパーもここにあります。→ 鉋下端調整ガラス  #180サンドペーパーは耐水性ではありませんが、修正に使うぐらいなら水で溶けたりしません。又、乾いてから何度でも使えます。
  • #1000以上は、耐水ペーパー#320などをご使用下さい。修正面にきずが残り難いです。 水分でガラスに張り付きます。
  • 擦った後は粒度の高い名倉で荒れてざらついた表面を整えると良いでしょう。

シャプトン なおる修正器
  • ほとんどの砥石がこのなおる修正器で直ります、焼結ダイヤモンド砥石もスピーディーに直します。
  • 少しコストはかかりますが、素早く直すならお勧めです。
  • 修正器をかぶせて直す方法なら、研磨剤も少ない量で済みます。
  • #3000以上は別売りのパウダー細目も必要ですが、同等品をサービスで付属しています。


#3000番の平面を直しています、青い砥石の表面が削れて、青い砥汁が出ていますので、高いところが削れているのが分かります。ガラスは硬く平面精度が高いので、高いところだけ効率的に下ろして行きます。
焼結ダイヤモンド砥石3000番での砥石面修正


鉋仕込DVDなど、曼陀羅屋店主が作ったオリジナルDVDは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。