大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP


大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
TOPページ >鉋裏金の研ぎ

鉋裏金の研ぎ

鉋の裏金は直接材料を削る事はしません。又、裏金は押さえ金や裏座とも呼ばれ、木材を削った時に起こる坂目を止めるための鉋の一部品で、刃先を鈍角に砥ぎ、その部分に刃先で削られた鉋屑を当てて、木材の逆目(逆目=裂け目)を止める機能を持っています

新品の購入した鉋はまだ適切な状態とは言えず、二段研ぎ部分が多すぎたり、適切な角度でなかったりするのが普通です。二段研ぎが多すぎると、コッパ返しと干渉して、鉋を引いたとき、屑がその干渉した部分に詰まり引けなくなります。このページではその適切な砥ぎ方を紹介いたします


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06,odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!

鉋裏金の裏は、1000番程度の砥石で研ぎ上げたぐらいで充分です、裏金は材料を直接削るのではありませんので、仕上げ砥石で研ぎ上げるまでは必要ないと思います。

裏金の二段研ぎ部分は理論的に、鉋屑の厚み分研ぎ減らせば良いと言います。
しかしながら、それでは鉋刃先が鉋屑や節の当たる圧力に負けて、裏金の刃先がまくれてしまいます。

ひどい場合は、裏金と鉋刃の裏の間に入り込み、鉋刃までまくれてしまうことがありますので、裏金が鉋屑の圧力に負けてしまわない程度、二段刃部分を研ぎ減らします。

キング1000番砥石で研ぎ減らす量は往復20回程度で、セラミック系の研磨力の強い砥石なら10回往復させれば充分でしょう。

二段研ぎ部分を付け過ぎますと裏金を締めこんだ時、必要以上に引くのが重くなったり鉋屑が詰まりやすくなってしまいます。新品の鉋の場合、必要以上に二段刃が落としてある事もありますので、一度尖るまで刃を研ぎ減らす必要があります。


下の画像では屑が詰まりやすいです
鉋、裏金の二段部分がきつい画像

裏金の二段研ぎを減らしましょう
鉋裏金二段研ぎの適切画像


新品の鉋では刃口が狭く、裏金を締め込み過ぎると屑が詰まりやすくなります。
二段刃に落とす角度は、1000番砥石を使い裏金を砥石に対して垂直に持ち、目測で1寸(約30ミリ)上がり手前に8分(24ミリ)倒した角度で20回程度往復研ぎます。

この角度は普通勾配(8分勾配)の鉋台に刃と裏金を仕込んだ時、二段刃の角度が垂直になる角度です、思ったよりも角度が付いていると思われると思いますが、このくらいで充分鉋の逆目は止まります

鉋台は台は減ったり動いたりしたら、そのつど台直しをしますので台を直す度に台の刃口はじわじわ広がっていきます、新品の鉋を仕込んだ時、裏金を入れないでスムーズに屑が出る時の刃と台との刃口巾が一番狭い刃口巾と言って良いでしょう。

その丁度良い刃口巾は直ぐに台直しによってじわじわ広がるのです、誰が言った言葉か知りませんが、「金一枚(鉋1枚)、台10丁」、つまり昔の人は鉋1枚使い切るまでに、台を10丁代えていたと言う話です。

刃口が少し広がってきたら、裏金の二段研ぎの角度は少し立てた方が、逆目は止まりやすいようです。

店主お薦めの鉋はこちらから、 → 鉋コーナーご予算に合わせてご用意しております