TOPページ > 鉋の刃口仕上げ

鉋の刃口仕上げ

鉋台の刃口は木の逆目を止める上で非常に大事な部分です、狭ければ狭いほど逆目は止まりますが、限界を超えたり、木っ端返しの仕上げが粗いと鉋屑が詰まって削れなくなります。

鉋裏金との兼ね合いもあり、鉋台の刃口角からコッパ返しにつながる角度とその面はできるだけ丁寧に仕上げます。

裏金をギリギリまで締めこんだ場合は口の部分をスムーズに鉋屑が抜けきらず、鉋台が新しいうちは屑が詰まる原因の一つになります 。

ここでは専用の口切鑿を使った鉋の刃口の切り方や、その部分のスムーズなサンドペーパーを使ったスムーズな刃口仕上げ方を書いてみます。

口切鑿で鉋の刃口を仕上げる

鉋台の刃口部分

治具を作る


鑿の使い方


刃口の仕上がりの画像

鉋刃口の拡大

サンドペーパーで仕上げ

更に綺麗に仕上げたい場合や、薄い口切鑿が7ない場合、又、一枚台の木っ端返しの仕上げには、サンドペーパーによる仕上げが効果的です。

1枚台


ベニヤ板を鉋屑溜まりの幅に

鉋台、屑溜まりの幅にサンドペーパー

鉋刃口用にサンドペーパー擦る

鉋台、口を擦る


大工道具の曼陀羅屋について

店主は建具職人歴12年修行し独立して 無垢の家具製作と大工道具の販売の 二足のワラジを履いて25年以上になります。 長崎県佐世保市に実店舗を構え、ご来店の際には商品を手に取ってお買い求めできるようにしております。

詳しい案内
大工道具、ご購入案内

お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198

簡単メール注文
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)