TOPページ大工道具、鋸コーナー細工鋸 五本組>ご覧のこのページ

細工木釘挽き鋸

木釘挽き鋸は打ち込んだ木釘・竹釘(ダボ)などを根元から切り落すのに使用する鋸です。
板の面に平らに当てるように鋸身を反らして使用するため鋸身は薄く仕上げています。
鋸身を板の仕上げ面にすりつけて使用するので、板面を傷つけないために目立ては無アサリです。

細心の注意を払うなら、無アサリと言えども、下に厚紙などを敷き込み、この鋸を使うべきです、
なぜなら、切った跡がそのまま仕上げではないからです。

私なら、紙一枚分ダボの出を残し、鑿で一突きする分残します。紙一枚残しと聞くと、難しそうですが、
ハガキにダボの直径より少し大きい穴を開け、打ち込んだダボに通し、押さえて挽けば良いのです。

アサリがある鋸では切り口も粗く、通し込んだハガキもアサリのせいで削れてしまいますが
このアサリなしの鋸なら、切り口も綺麗で、通し込んだハガキも取り替えなくて済みます。
その方がより綺麗に仕上がります。

ダボ、木釘を打ち込む時は、接着剤を使いますが、打ち込んで直ぐに水を付けたブラシで、はみ出した接着剤を取ってから
この鋸で、切り落としてください。
接着材が刃の隙間に詰まって、乾くと取れません。鋸の屑掃けが悪くなり、挽く事が重くなります。
通常の木工ボンドは酸性で、鋸の錆びを早めます。
又、使う前に、塗装OKタイプのシリコンスプレー(通常シリコンスプレーは不可)などを吹き付けておけば、トラブルを軽減できます。

この製品は、木釘、ダボのために使い勝手を考えて作られた鋸です、各段に使いやすいと思います。

細工木釘挽き鋸
4450円 在庫有
細工鋸、木釘鋸本体の写真



大工道具、ご購入案内

お急ぎ注文はお電話で 0956-46-0903
夜は携帯へ。080-5247-6198
Eメールはこちらから。

 

「注文 」 「問い合わせ」
件名は上記のようにご入力下さい。


お気に入り内では、こんな風に表示されます。
↓ ↓ ↓
 ■■大工道具販売、曼陀羅屋
鉋仕込DVDなど、曼陀羅屋店主が作ったオリジナルDVDは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。



細工鋸、木釘鋸の刃の部分画像
細工鋸、木釘挽き鋸、刃の部分

細工鋸、木釘鋸、刃の拡大画像
細工鋸、木釘挽き鋸刃先拡大