TOP >マキタGB801とGB602用、大工道具用研磨治具

マキタGB801とGB602用、大工道具用研磨治具

グラインダーで大工道具の刃先角度を変更する際に使う角度固定用の研磨治具。

大工道具の角度を直したいが上手く角度が決まらない、そんな経験はありませんか??

マキタGB801とGB602に、この研磨治具を取り付ければ更に使い勝手が格段に良くなります。

この研磨治具は広めの台を有しています。鉋の耳の左右の削り、丸くなった鎬面の透き取り、裏金の浅い角度での研ぎなど、多くの用途に使用できます。

マキタGB801とGB602専用に作ってありますので、他の機種には使えません。

大工道具用研磨治具、GB602用 の販売価格

取り付けはグラインダーと研磨治具が乗る広さの台を用意し、602は防振ゴムを外さずにそのまま台に取り付けてください。治具は同じ台に固定してください。マキタGB602は左右兼用に作っています。

大工道具用研磨治具、GB801用の販売価格

これに研磨治具を取り付ける際は、下に厚めの台を用意し、グラインダーの防振ゴムを外して、ボルトで台に固定します。 研磨治具はビス締めでグラインダーを取り付けた厚みの台に同じように取り付けます。注意GB-801は左側専用です、801の右の青い砥石を使う時は砥石を左右付け替えてください。

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

角度変更

GB601、GB801とも角度を水平から手前に倒すことができます。研磨作業に合わせて治具を傾けてお使い下さい。作業が終わったら、治具の丸い部分にその時の大工道具の削る角度を印をつけておくと、後で同じ作業をする時に角度のセットが楽です。

研磨治具の使い方

左右のミミを落とす


鎬面の透き取り


裏金の研ぎ


GB801で鉋の耳を削った画像

マキタGB801とGB602について

ダイヤブリックは必需品

関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

ダイヤブリック砥石

ダイヤブリック

グラインダー修正専用 長さ150×巾50×厚み25mm

プレゼントコーナー

大工道具プレゼント

店主作の鉋仕込DVDなど1万円以上ご購入時に選択

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑