TOPページ鉋の調整など関連品 >現在のページ

グリンテックK2

グリンテックK2は鉋刃研ぎ用の研摩研削のための角度固定治具です。代引きのご注文なら即日発送で販売できます。最強の研磨治具、下記の方にとても便利でお勧め!!
  • 鉋の研ぎが難しく上手く研げない方
  • 丸っ刃になった鎬面の研ぎ面を平面に戻したい方
  • 刃先角度が浅くなった時、角度を立てて戻したい時。
他の大工道具用の研磨治具はシンプルな研ぎの鉋補助治具もありますが、微調整が無いため最適な位置にセットする事が難しいですが、この治具は面倒なセットも楽に行えます。
グリンテックK2

グリンテックK2交換ローラー

旧製品片ネジ
片ネジ
旧製品両ネジ
両ネジ
現行品ネジとナット
片ネジと六角ナット

グリンテックK2の価格

  • 上記画像セット 12600円   在庫有
交換ローラー
  • 旧製品片ネジ   1300円 在庫有
  • 旧製品両ネジ   1300円 在庫有
  • 現行品ネジとナット 1300円 在庫有
  通販の詳しい説明→ 大工道具、ご購入案内 

急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903  出ない時 080-5247-6198

簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文記載→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、銀行振込、カード)

K2交換ローラーはローラーとシャフトのセットパーツです。
商品は矢印の部分の交換品です、荒い砥石や、長期間使用して磨耗した時の交換品
交換ローラー

使えるサイズと更なる説明

  • 新品の鉋刃の各サイズ
  • 研ぎ減った物
  • 小さいサイズ
大工道具の中でも一番刃を研ぐのが難しいいのが鉋です、この品物は名前や見た目で複雑に見えますが、鉋刃のセットはいたって簡単です。

適当に固定させた後に微調整できるつまみがあり、砥石と簡単に密着できるからです。その機能を使い微妙に角度を変化させ、最適な角度に徐々に戻せます。

コンパクトな設計の中にも多機能なつまみ類がありますので、新品でも短い物でもセットできます。この製品は鉋専用です、他の大工道具の研磨治具としては使用できません。

グリンテックK2の使い方

これより下では便利な使い方や特徴を記載しています、お手元に届いてから使い方などをご覧ください。

鉋の刃角度を測る定規

グリンテックK2の製品内容で本体と鉋の刃角度を測る定規と取り扱い説明書が付属されています。 本体はユニクロムメッキでさび難くできています、定規はステンレス製。 角度は簡易的に測るもので、鉋によって若干の角度の差があります。 私が数年前から使用しているものは、さびていません。
鉋の刃角度を測る定規

密着性を高める微調整つまみ

下記画像の刃先だけ当たりピッタリセットできなくても、つまみを回せば砥石とピッタリ密着させることができます。
回せば密着するポイントが必ずあります。丸刃の場合は密着するポイントを決めて研げばその部分から平面が広がり密着します。
鉋刃が密着しない画像

微調整つまみ

このグリンテックの良いところは、このつまみによる鉋刃の角度の微調整ができることです。 下記画像のように鉋をセットして前後に動かし研ぎます。 ローラーが重量を持ちますので、研ぎの後半では力を抜き、浮いた感じで研ぐと刃返りも少なく、傷も浅くなり仕上げ砥石で砥ぐ時楽になります。 角度を上げたい時はつまみを回して少しずつ角度を上げます。
大工道具の鉋刃先を密着させる

同じ角度に簡単に設定する治具

再研磨する際同じ角度に設定する方法です。鉋の刃先の角度はだいたい決まっており、節なども切らすためには28度以上が理想です。

簡単にセットするには28度になる治具を作ります、角度治具が付属していますがベニヤ板で自作するのが簡単です。180°-28°=152°です。 ベニヤ板でこの角度の治具を作り適当な平面の上で、グリンテックK2の上でセットすれば良いのです。特に刃先の角度だけ修正する時は、研ぐ面積が狭く、付属の治具では前回と同じ角度にはセットし難いのです。この治具を作っておけば研ぎ面が少なくても簡単です。
グリンテックK2の刃先角度治具

店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓